楽創楽夢へ戻る

消費電力を減らす-6 ★★★★★★★7/10点 2009-07-04

消費電力を減らす障害になる病。

トイレに入るときに昼も夜も点灯していたが昼は窓の明かりで充分だから点灯しないと決めた。ところが癖のついた手が勝手にスイッチを触る。夕刻になると無意識に外灯のスイッチに足が向く。これも癖。この癖という病を治すのがたいへん。

「冷蔵庫→必要」で終わってしまう先入観。冷蔵室に温度計を入れて測りもせずに冷えすぎが適温と思っている先入観。スイカは山水に漬ける程度で口当たりは素晴らしいのに冷えすぎが多いのも先入観という病。

三つ目の病はは先行拒否。「熊本の夏は暑いから冷房は欠かせない」というのは問答に先行して冷房を見直すことを拒否しているのです。私は全国を旅しますが 熊本が特別暑いわけではない。京都盆地のほうが暑い。でも、私は夏に冷房を入れない。もう十年以上冷房したことがない。やせ我慢でなく冷房なしで汗を楽し んでいます。家も事務所も。

「床机に蚊取り線香で夕涼み」とか忘れたでしょう。水を打った夕風がとても心地よいのを忘れたでしょう。問答無用で先行拒否すると忘れます。冷房をやめろとは云いませんが、ちょっと見直してください。

へ戻る