楽創楽夢へ戻る

自転車旅の安全 荷台 ★★★★★★★7/10点 2008-07-03

短距離なら背中に荷を担いでも良いが50km以上を10kg以上の荷を共に運ぶなら、しっかりと車軸やフレームに固定できる荷台が安全で楽。

軽くしたいがためにシートポスト固定の荷台もあるが不安定だから立ち漕ぎも出来ないし、重心が上がるので安全面でも良くない。

重心というのはとても重要で、ハンドルバッグに重い物、後部荷台の上にテントと寝袋。などを積むと重心を上げます。ちなみに後輪バッグ底に同じ重量になる重い岩を入れて走ってみてください。とても安定することがすぐに分かります。立ち漕ぎも両手離しての走行も可能。

へ戻る