楽創楽夢へ戻る

この記事は通信簿に質問を投げかけたときのお二人からの返答です。

[加藤建三]
下りでペダリングなしで高速になるときの体の姿勢を教えて下さい。路面の凹凸に乗ってもハンドルが暴れないように、カーブでも直線でも安定して走る方法なのですが。

[札幌 佐々木さん]
たまには、口火を切って返信してみましょう!

1、目線(顔)は必ず進行方向
2、カーブならカーブの先を見る
3、近い地面(メーターや足下)は見ない
4、サドルに座らない

高速で目線が近くなると上半身に余分な力が加わり、その結果路面の反動を 身体が吸収しきれなくなります。 ハンドルがぶれたり自転車がふれる感じがするのは身体と自転車が一体化していない状態です。

「サドルに座る」状態で体重をかけてしまうと、下半身のバネがきかず・・・、高速での路面の変化に対応できません。フレームによっても若干違いますが。あとは、体重!?に見合った太めのタイヤが効果が・・・

[大分 メェくん]
人によって好みや向きはあるが後輪荷重が基本かな?

体重はサドルではなくペダルを通してBB(ボトムブラケット)に100 %掛ける感じで。直線ではペダル(クランク)は水平。で、前方に見えるカーブでアウト側になる方を前に突き出す。コーナーに差し掛かったら前に突き出したほうの足をそのまま90度漕ぎ下ろして外足荷重。コーナーを抜けたらまたクランクを正転させて、次のコーナーに備えて水平に戻す、の繰り返し。コーナリング中は、イン側の膝(のみ)を外に開いて突き出すと安定感は増す。空気抵抗による失速がイヤなら膝を閉じたまま高速旋回。楽しいゾォ♪(笑)

腰は出来るだけ後ろに引いて、クランクが水平状態の時は腿でサドルを挟むくらいの感じ。路面の凹凸が激しい時は、トップチューブを膝で挟むと格段に安定感が増す。

ま、要点はざっとこんな感じ?
登りのヘタレを下りでカバーするメェくんでした。

へ戻る