楽創楽夢へ戻る

読者の方から悲しいメール。涙が出ます。ぜひ読んでください。

[宇都宮 齋藤さん]
加藤さんの「
自転車旅の安全」を読んでいましたが、そんな中、日曜日、時々森林公園で朝練を一緒にする渡邊君が森林公園の朝練中に自動車と正面衝突してしまい残念ながら事故死してしまいました。本当に残念でなりません。

事故現場となった森林公園の奥の古賀志林道は、本来一般自動車の通行禁止区域なのですが、近年の中高年の登山ブームやキノコ狩りなどで進入してくる車が後を絶たないのが実情です。

事故には色々原因がありますが、ほんの数秒でもずれていればと思うと残念です。運悪く事故で車の運転席かフロントガラスで頚動脈を切ってしまい出血多量による失血死が死亡原因のようです。

彼 も何年も何百回となく下っていたコースでしたがそんな日常の中でも危険はいつやってくるのかわからないものです。今年は雨も多く道路わきにはコケも多く中 央よりに走ったのか?道路脇にジャパンカップ直前まで放置されている道にはみ出している雑草が上ってくる車をセンターラインを越えさせたのか?色々理由が あるとは思いますが本当に残念です。

御通夜に行ったところお父さんは私の中学校の先生でした。直前に家を建て二人のお子さんと奥さんを残しこの世を去った彼!真面目だけがとりえの公務員の唯一の楽しみの朝7時までの自転車の時間!それが命取りになってしまうとは、悲しいことでした!


[加藤建三]
言葉がありません。読み進むうち「死なないでくれ」と思う間もなく無惨にも「死」の文字.........。

彼は自分が死んでいく姿をどう捕らえたのだろう。頚動脈を切ったらもう助からない。こんな事で死んでしまう自分がとても悲しかっただろう。怖かっただろう。噴出す自分の血を見て「まさか自分が」と思ったにちがいない。

子供二人と奥さんを残しての死。きっとお子さんや奥さんを思い続けたろう。「ごめん、ごめん」と云い続けたろう。意識がなくなるまで。

齋藤さんのメールを読んでから二時間以上考え込みました。昨日の朝もこのことばかり考える自分。目を閉じて手を合わせ冥福を祈りました。
亡くなられた方の死を無駄にしないためにも書きます。そして、自転車に乗る方の役に立つことだけを願って書きます。

あの事故の現場を想像で書きますが誤っていたら齋藤さんご指摘ください。

下りのブラインドカーブを時速六十キロ以上で下っていて、突然避けようのない位置に車が来た。ノーブレーキに近い状態で正面衝突。フロントガラスを突き破る速度で衝突し運転席まで突っ込んだ。運悪く頚動脈が何かで切れた。何百回も走られた道での出来事です。

彼はレーサーですから高速で下るのも練習のひとつでしょうが重大事故の大半は高速の下りです。レースの練習とはいえ命を落とすような行為はしてはいけない。亡くなった方を責める気は毛頭ありませんが、そうあって欲しかった。

日本で高速の下りを限界速度で練習できる場所はない。あっても一部のレーサーが使える施設でしょう。即ち、死をかけて練習することになるのが現状。亡くなった方も、高速で下りの練習を続ける方も、まさか、自分が死ぬとは思っていない。だけど死ぬのです。

ツーリンググループのレポートに今日の最高速度を書いておられる身近なサイトがあります。最高速度は下りで出るもの。高速の下りを助長するような記述はやめてもらいたい。

そのグループでは事故が何回か起きています。事故者にたいしての慰めは何方もしますが、その慰めで終わっているところが私は気にかかる。経験者の事故ですが、走り方に問題があるから事故が起きるのであって、他人が全ての原因でないはず。

初心者も参加されるのだから事故を起こさないために初心に帰って安全講習など開いてほしい。そういう機運になぜならないのでしょう。慰めあいで事故はなくなりませんよ。

私が書いた「自転車旅の安全」を読まれた方の中には「何を神経質な」と思われる方もいるでしょう。「自転車旅の安全」を読んでいない方もいるでしょう。それで結構ですが自転車で死なないでください。身近な人が死ぬのは嫌です。
死亡事故について読者の方からメールです。今日で区切ります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[宇都宮 斎藤さん]
一緒に走っていたわけではないので本当のことはわかりません。生死を分けそうな大きな自転車事故を自分でも経験しているので自分なりにこの一週間、現場を足で歩いたりしながら解析してみました。

まずはスピードは手前に大きな右ヘアピンがあり大きく減速し、そこからS字左、そして複合の右(事故コーナー)そしてすぐ左ヘアピンとなるので出ていても40キロくらいかと思われます。


でも逆を言えば40キロ程度でも死んでしまうのだなと思わされました。

想像の域を出ませんが自分なりに考えた事故の要因は以下の通りです

自転車側
1コントロール領域を超えたスピードの出しすぎ
2対向車がないと思いセンターラインに近づいたもしくは超えた
3登りを全開に走ったことによる下りの気の緩みによる注意力散漫
4門限時間による余裕がないことによる焦った下り
5レースを想定した下りの全開走行

自動車側
1進入禁止区域への進入
2手前のコーナーが斜度が急なためアクセル全開で入りそのままの勢いで事故のコーナーに進入そしてアウトに膨らむ。
3誰も走っていないと思われる静かな林道への注意力の緩み

環境的要因
1道路脇コケの増加によるアウト側を走りたくない状況
2道路脇の雑草の増加による道幅の現象
3近くに沢があるため対向車の音が消されてしまった。

色々な要因が重なって起きるのが事故だと思いますが家族、親族そして職場関係者、自転車仲間に大きく暗い影を落としてしまうのを強く感じました。

自転車は楽しい反面、危険であるのも事実かと思われます。 自転車側で気をつければ危険を減らすことができるわけですので彼の死を無駄にしないためにも考えながら走りたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


事故について三日連続の話題になりました。私自身、落ち込んでいます。朝夕の徒歩通勤で英会話の練習に身が入りません。つい、事故の当人のことや原因やどうすれば良いかを考え込んでしまうのです。

区切りをつけます。投稿があっても預かります。これから自分にできる最大限の安全啓蒙をすることで、亡くなられた渡邊さんへの弔いにします。
自転車ツーリングや自転車旅をするときの安全対策について書きました。レースに出る人もブルベに出る人もツーリングや旅に無関係ではないと思いますから読んで下さい。長年乗っていて事故に会ったことがなくても一度読んでみてください。私が安全に対してどのように取り組んでいるか、面白いですよ。自転車に乗り始めて2年以内の方は必読。これで事故が防げたら儲けものですから。
自転車の飲酒運転をする人がいますがやめてください。飲む量が少なくとも走る距離が短くともやめてください。

車の飲酒運転と自転車の飲酒運転を比較してみましょう。車は飲酒でも倒れませんが自転車は平衡感覚の鈍りで倒れやすくなります。車も自転車も速度感覚が鈍り速度超過やブレーキの遅れで曲がりきれないことも同じ、重要なサインを見落として子供との衝突もある。

もうひとつ違うのは車の罰金は近年すごく厳しくなった。自転車は最近になって小額の罰金が科せられるようになったがそれまでは見過ごしだった。だから自転車で飲酒運転をするという人がいたら最低ですね。

喫煙をことごとく嫌っても喫煙事態は場所を守れば法規違反ではない。飲酒運転はれっきとした違反行為。

飲酒運転を止めてください。もしくは自転車から降りてください。
ずっと前に私が皆さんに対して安全な自転車の乗り方をお尋ねしたことがあります。カーブの曲がり方、重心の移動、視線、などなど。

その時に京都の森さんが言われたことが「危険を感じたら、とにかく足を着く」です。これは「ずしん」と来ました。そして実践しています。

トンネルで足を着く。強風のハワイ島の下りを歩く。交差点でも混雑道でも危険を感じる前に怪しいと感じたら足を着きます。

これでどれほどの遅れが出るか調べる気もしません。そんなことを捨てて、安全を捨ててまで早く走りたくないから。

足を着けば気持ちも落ち着くのですよ。
旅の計画は楽しい作業。間違いの一番は計画の立て方の心構えから誤っていることが多々ある。例えば京都から秋田を仮定して、真っ先に総距離をはじき出して日数を決めてかかるとしたら、それは国鉄の時刻表を作る作業だから間違い。

目的地に一刻も速く到達したいレースをしているのか、制限時刻が決められたブルベをやっってるのか。それとも旅を楽しむ自転車旅なのか、はっきり決めること。

自転車旅の計画なら車が少なく景観が抜群で由緒ある所や名所を調べる。どこで昼時を迎えどんなものが食いたいか調べる。その日の宿を決める前に旅の楽しみを組み立てる作業があってこそ楽しい自転車旅。

なにか勘違いしてはいませんか。レースとブルベとツーリングと自転車旅を同じ尺度と同じ感覚で組み立てていませんか。
長期の自転車旅で自転車休養日はとても大事。距離にもよるが長期間自転車ばっかり毎日漕ぐと、特定の筋肉だけが疲労してきます。疲労が蓄積すると柔軟性もなくなるし気持ちに倦怠感など悪い影響を及ぼす。

世界的有名ロードレースでも休養日がある。まして彼らはレースが終わったらありとあらゆる手段で筋肉や内臓のリフレッシュを行う。素人の我々がろくなリフレッシュもせず、一週間以上走り続けるのは危険を自ら生み出していること。

自転車休養日は名所探索や都会の街歩き、山登りや写真撮影も楽しみます。
私の毎日の始まりは全身のストレッチと筋肉トレーニング。特に自転車旅先でストレッチは最重要。

体の筋肉や筋は硬直化します。加齢と共にその度合いは増して硬くなる。一日が始まるときに徹底して25分伸ばしてやる。

体か硬い状態で自転車に乗ると、とっさの行動を必要とするときにその差が現れる。体が柔らかいと何かを避けるときも行動開始が早く動作も速いから硬い体よりも大きく避けられる。

寝ぼけ眼で硬直化した体で走るのは危ないから嫌。
適度の休憩が結局は長距離でも登りでも楽に走れる。一日の走行でどれほどの休憩をとるか。個人差があるが私は積極的に休憩する。そうですね平坦路が長く続く時で一時間から一時間半毎。登りにもよるがきつくない登りで45分。きついと30分か高度100mごと。長時間休むと逆に走り出すのが辛くなる。だいたい10分以内の休憩です。
20歳を過ぎると目は老化を始める。老眼と気がつくのが老化の始まりではない。水晶体が硬化して遠近のレンズ調節が出来なくなったときに気がつくが硬化は20歳から始まっている。水晶体も硝子体もどんどん濁ってくる。網膜の機能も低下する。即ち、加齢と共に視力は落ちる。やせ我慢しても落ちる。

落ちる視力を自覚して見えるようにライトや眼鏡の工夫が安全走行に繋がる。やせ我慢すると事故に繋がる。
車の運転で急いでいたり焦っていたり考え事をしていると事故を起こしやすい。自転車も全く同じ。ゆったりとした気持ちで運転に集中して走行を楽しむこと。不愉快な物思いにふけらないこと。これ、簡単なようでなかなか難しいのですよ。
私は自転車旅に限らず、今日のことは今日片付ける。例えばサイトのアップも早朝にアップしますが投稿寸前の状態まで前日に仕上げておく。旅先からもそれは崩さない。仕事でもその日にやるべきことは明日に持ち越さない。これは要らぬ心配事を明日に引きずらないから新鮮な気持ちで朝が来る。

自転車旅や連日ツーリングで大切なことは疲れをその日の睡眠完了時点で残さないこと。無理な日程はその妨げ。過度の頑張りも疲れを残す原因。疲れを溜めると事故の原因を確実に増やします。

もうひとつ。自転車自身の調子が悪い部分を明日に残さない。どうしても直らない時もあるが、極力その日に整備しておく。

自転車ツーリングや自転車旅の初日の一歩の体調と自転車の調子を毎朝再現するのです。
車にはドアミラー二個、ルームミラー一個が最低付いている。これがない車に乗ることを想像すれば走れないですよ私は。

では自転車に必要のないものでしょうか。否、車より必要性は高い。追い越される数が車の何十倍もある。後ろから追い越す車がまったく見えない車を運転してみてください。ぞっとしますね。

自転車はもっとバックミラーを強制的に付けるべきです。アメリカでグラスミラーを買ったきっかけは、街や街道で自転車を楽しんでいるローディーが沢山付けていたから。日本では見かけませんが。

ロードレースで付けないのは車に追い越されるようなコースでないからでしょ。
自転車用の前哨灯として1.5Vの電池を使うものに明るい物はありません。それを覚悟で無理をして使っている人が大半。

私は六万くらいするがむちゃくちゃ明るいのを使っている。札幌のさとこちゃんのサポートを受けながらトンネルを走ったとき、出口で待つさとこちゃんが「かとけんさんのライト、単車みたい」と言ったのは嘘ではない。

佐々木さんがPBPで電池駆動で明るいとされるライト二灯で走ったが暗闇で歯が立たず、たぶんHIDライトの方に助けられたと読んだ。

そうですベンツと同じ「メタル ハライド HID ライト」です。このライトでトンネルもやむをえない暗闇走行も、何の不安もありません。

安全がお金で買えるなら、その投資は絶対に惜しまない。

http://www.topeak.jp/light/lpf060.html
私は自転車後部に2灯とメット後部に1灯、計3灯を朝から宿まで走行中はずっと点滅させている。

電池はエネループという充電式の電池で、充電器一個を持ち歩いて宿で充電する。予備の電池を持ち歩くより軽いし、常に最高の明るさを保てる。

最近、枯葉マークの老人の運転が増えたが、追い越す車で「ひやっ」とするのが枯葉マーク。自転車が目に入っていないような接近をする。日中常時点滅は少しでもこういう人に気付いて欲しいから。

接触されてからでは遅い。
メットで命が助かったのは我が相方。絶対の自転車必需品。ところが被りかたを誤ったら意味がない。前頭葉すなわちおでこを深く被せて全体をタイトに調節すること。

私はタイトさを保つためにベルトの位置を決めたらベルトを縫い付けています。
サングラスは体裁が良いのですがトンネルや夜間には安全に対する障害。透明のサングラスにするか、面倒だが暗いところは外す。私は普段に使う眼鏡をそのまま使っている。UVもカットするし遠近も両用だし。
短距離なら背中に荷を担いでも良いが50km以上を10kg以上の荷を共に運ぶなら、しっかりと車軸やフレームに固定できる荷台が安全で楽。

軽くしたいがためにシートポスト固定の荷台もあるが不安定だから立ち漕ぎも出来ないし、重心が上がるので安全面でも良くない。

重心というのはとても重要で、ハンドルバッグに重い物、後部荷台の上にテントと寝袋。などを積むと重心を上げます。ちなみに後輪バッグ底に同じ重量になる重い岩を入れて走ってみてください。とても安定することがすぐに分かります。立ち漕ぎも両手離しての走行も可能。
車が多いのは国道番号に逆比例。ひどい国道を走るのは計画段階で極力避けますが、どうしても走らなければならないとき。

歩道を走るのが一番の安全策だけど、GPSで走っていると脇道が見えてより快適に安全に走れる。中山道を例えれば旧街道の宿場を守るために国道はバイパスを作ってそこを通す。旧街道はともすれば狭いが風情も残っていて車は極端に少ない。中山道に限らず集落を通さないが為のバイパスはとても多いから、集落道も快適道。

GPSで細かい道を表示しながら走るとこれが分かるのです。もうひとつ、トンネルが出来る前の道もGPSで見えます。こちらは通行止めやアップダウンや落石など要注意ですが。
トンネルの必需品は後尾灯とバックミラー。それに穴ぼこが見える前哨灯。後尾灯はフレームに二個とメットに一個。トンネルに限らず走行中はずっと点灯する。

バックミラーで後方からの車の集団と前方からの車の集団と自分たちが重なると判断したら相方に合図して停止する。

車は集団化します。それは遅い車がいるとその車が後方に車を貯めるから。集団をやり過ごすのに一分もかからない。その一分でストレスのない安全が手に入る。
重大自転車事故の多くが下りで起きる。高速だから当然。

自転車に乗り始めたころは登った後の下りが気持ちよくて限界まで飛ばしたものです。最近は時速40km以上は出しません。そのほうが安全で気持ちのよい時間が長続きするから。

40kmでの転倒と60kmでの転倒の違いは生死を分けるでしょう。まして下りのカーブの先は誰にも分らない。砂があったり瓶が割れていたり動物が死んでいたり。40kmなら簡単に避けられるが60kmで簡単かどうか。

5kmの下りを時速60kmで下って5分。時速40kmで下って7分。私は二分の違いに生死を賭けません。

仲間でのツーリングレポートにその日の最高時速を書いているサイトにお尋ねします。何故書いておられるのですか。
急な登りになると道幅が狭くなるのは構造上当然。きつい登りで狭く大型が多い道は危険がいっぱい。自転車は急坂を登るときに左右に振れやすい。だから大型と接触しやすい。私はそういう道は躊躇せず降りて押す。
私はヨットを操船するので風は敏感に感じる。危険な風とそうでない風の見分けです。風は台風のような風はどんな状態でも危険ですが、風速15mくらいまでの風も危険な風があります。吹く方向が変る風。今吹いている風の方向性を私は無意識に察知していて危険かどうかを測っています。特に斜め前方から横風で方向が変る風が危険。予測しない風で思いっきり流されるからです。同じ斜め前方から横風でも方向が安定していれば大丈夫。
車が数珠繋ぎに並んでいる路肩の狭い交差点の最後尾に自転車で追いついたとき、昔は車の左をニョロニョロと最先頭まで進んで信号が変るのを待った。今はそれはしない。

まず、自分の安全を考えると接触や溝蓋の隙間、車の間からの飛び出しなど危険度は高い。

もうひとつは車から見ていて、何をガツガツしてるんだと思われるのが嫌。最後尾に並んで信号が変るのを待てば自転車の後ろの車も「みんなと一緒に並んで待っている」んだから仲間はずれにしない。

自転車が交通市民権を得るのは自転車自身の行動によると思う。信号無視を見ている車の運転手も、自転車で来て飲酒される居酒屋の主人も、そういう自転車乗りをどう思うでしょう。

そんなことをしない自転車紳士をもってすれば徐々に自転車に対する意識が変ると確信します。強いては自転車が安全に楽しく走れる環境になる。
この記事は通信簿に質問を投げかけたときのお二人からの返答です。

[加藤建三]
下りでペダリングなしで高速になるときの体の姿勢を教えて下さい。路面の凹凸に乗ってもハンドルが暴れないように、カーブでも直線でも安定して走る方法なのですが。

[札幌 佐々木さん]
たまには、口火を切って返信してみましょう!

1、目線(顔)は必ず進行方向
2、カーブならカーブの先を見る
3、近い地面(メーターや足下)は見ない
4、サドルに座らない

高速で目線が近くなると上半身に余分な力が加わり、その結果路面の反動を 身体が吸収しきれなくなります。 ハンドルがぶれたり自転車がふれる感じがするのは身体と自転車が一体化していない状態です。

「サドルに座る」状態で体重をかけてしまうと、下半身のバネがきかず・・・、高速での路面の変化に対応できません。フレームによっても若干違いますが。あとは、体重!?に見合った太めのタイヤが効果が・・・

[大分 メェくん]
人によって好みや向きはあるが後輪荷重が基本かな?

体重はサドルではなくペダルを通してBB(ボトムブラケット)に100 %掛ける感じで。直線ではペダル(クランク)は水平。で、前方に見えるカーブでアウト側になる方を前に突き出す。コーナーに差し掛かったら前に突き出したほうの足をそのまま90度漕ぎ下ろして外足荷重。コーナーを抜けたらまたクランクを正転させて、次のコーナーに備えて水平に戻す、の繰り返し。コーナリング中は、イン側の膝(のみ)を外に開いて突き出すと安定感は増す。空気抵抗による失速がイヤなら膝を閉じたまま高速旋回。楽しいゾォ♪(笑)

腰は出来るだけ後ろに引いて、クランクが水平状態の時は腿でサドルを挟むくらいの感じ。路面の凹凸が激しい時は、トップチューブを膝で挟むと格段に安定感が増す。

ま、要点はざっとこんな感じ?
登りのヘタレを下りでカバーするメェくんでした。

へ戻る