楽創楽夢へ戻る

昨年の秋、会社の隣のガレージに三匹の子猫が捨てられているのをスタッフが見つけた。ダンボールに毛布を入れて食事を与えるようになった。抵抗力のない子猫達は結膜炎にかかって目が開かなくなった。ほっとけなくて、薬局へ行き抗生物質を売ってもらえないか聞いたが駄目。自宅のワンとニャンが行く病院の先生に訳を言って薬を分けてもらった。食べ物に混ぜて与えると三匹とも三日で治った。

冬の寒さが厳しくなる年末に一匹がいなくなった。正月が明けてもう一匹もいなくなった。探したけれど全く痕跡がない。残った一匹は寂しいのか、箱に入ったまま動こうとしない日が続いた。見るに見かねて事務所の中へ入れてやった。

tasmania.jpg 人の出入りがある度に怖がって事務所の外へ出ようとする。しかたがないから寒いけれどドアを少し開けたままにしている。クロと名付けたその猫はなついた。二度のワクチンを打ち、春になったら不妊手術もする。クロも、家で飼っているグーも、捨て猫だ。 可愛い。   

事務所には飼い猫が一匹います。この猫は野良猫の子供の時に可愛そうになって飼いだしたのです。事務所の周りには野良猫が数匹いて、スタッフのひとりが野良猫にも食事を与えていました。私も動物を見ると情がうつって、情けをかけたくなる性分なので、それはあたりまえのことと思っていました。

半月ほど前にビルの管理人が変わりました。その管理人夫婦が猫嫌いで、野良に食事を与えるなと怒鳴り込んできます。何度も怒鳴られたスタッフはこれ以上問題が大きくなって、会社がビルから追い出されたりしたら困るから、野良に食事を与えないようにすると云います。

初日はいつもの時間に裏のドアの前に二匹が並んで、「ニャーーン」と催促をします。もらえないから窓のガラス越しに「ニャーン、ニャーン」とこちらを見て鳴きます。スタッフの彼女をを見たら泣いている。可愛そうです、両方とも。

二日目も、三日目の今朝も同じように鳴きます。両方とも可愛そうで..............。   

連休が明けていつもの仕事に戻った。連休前には元気な顔を見せていた野良猫の姿が見当たらない。いつも朝夕に事務所の裏の路地で私を待っていて、餌をあげると体を擦り寄せてくる可愛い奴。凍える日も、熱帯夜も、たくましく生き抜いてきた野良。

スタッフに聞くと連休の合間に、六軒先の家の前に「猫」と書かれた段ボール箱が置いてあったと言う。

あいつでなきゃ良いのだが。今までも三日ほど顔を見せずに心配かけた奴。
今度も帰っておいで。死んだかって思うと、ぽっかりと心に穴が開き涙ぐむ。

帰っておいで。
  
我が家の庭です。梅はすでにつぼみを膨らませている。

tasmania.jpg
庭木に柑橘を置いてあるのは野鳥が来て、可愛い姿を楽しませてくれるから。写真の小鳥はメジロです。四種類ほど代わる代わる来てついばんでいきます。

tasmania.jpg
家の猫、グーちゃんは小鳥を捕まえるべく身を潜めて待ちかまえます。垣根のさざんかの蜜をついばむのですが、そこをすかさず捕まえるようです。実際に捕まえて家に持ち帰ったこと数回。家族に見せて自慢しています。グーちゃんの口をそっと開けると、賢く噛んでいるから小鳥は飛んでいきます。

小鳥ならカミサンは何てこと無く対応しますが、ヤモリですね、「ぎゃあ、ぎゃあ」うるさくて、何事かとびっくりするほど騒ぎよる。もうすぐ春、楽しき自然、楽しき家族かな。
  
どうしてあんな所に迷い込んだか不思議だね。六日間飲まず食わずも大変だ。多くの市民が「助けてあげて」と崖を見上げる暖かい眼差し。レスキュー隊が助けた瞬間、拍手と涙。引き取りたいと、何人もの方々が申し出ているという。つまらない事のように思いたくない。日本の人々の心の中に、優しさが生きている証だから。

昨今の醜い利権を取り巻く、金、金、金の役人達に比べて、気持ちを暖かくしてくれる小さな命、でした。
  
名前はラグーがワンで、一段下がってグーがニャン。グーは根っからの悪戯好きでカーテンの裏に隠れる、キッチンの焼き上がった魚をに らむ、生きた雀を捕まえて帰る。こんなの朝飯前で、カミサンが一番嫌がるのがヤモリを尻尾が切れるまで遊んだあとに、くわえて帰って くること。

お婆がある日くわえているのを見過ごしてそのまま家の中へ入れたもんだから、家中天地がひっくり返る大騒ぎ。ほうきで掃き出そうとへっぴり腰で掃く鬼女に、ヤモリは無い尻尾を振って必死で逃げ回る。ラグーもカミサンと一緒になって走り回っておる。

当のご本人グーは遊びつかれて、お決まりの冷蔵庫の上にデンと構えて、事の顛末をなにくわぬ顔で見下ろしておる。グーの悪戯を言い出せば限りないのだが、悪戯のたびにラグーの監視の目にかかって、ワンワン、バタバタ、カシャカシャと警告の追い駆けが始まる。グーの特技はヒョイッと天の方向に逃げること。そうなるとラグーは手におえないから、カミサンを呼んで「わんわんわん、悪いことしとんでー」って云い付ける。と、まあ、ここまでは良くある光景だが、二人の関係が面白い。

どちらが言い出すかはその日によって異なるが、片方が擦り寄ってきて「あそぼかー」って言うのかどうか、お尻を匂いだり目を見たりから始まって、そのうちにラグーが家の中を走り出す。グーは一段高い場所でそれを見ながら、走るラグーの背中めがけて飛び掛かる。上手く背中に体当たりするとラグーは一瞬ヨロッとするが、たいがいはグーが跳ね飛ばされてひっくり返る。ひっくり返って寝転ぶグーを踏みつけてラグーは走る。

一日二回、平均三分、ワンニャン運動会を催すのです。そのあと、並んで休憩されるのであります。 はい。
  
毎晩、酒を飲んで寝床に入っていた時は、私の布団に入ってくることのなかったラグーだが、最近、飲まないで寝るようになると、必ず私の布団に入ってきて、寝る前にじゃれた後に寝る。

正確に言うと布団の上で寝るのだが、厄介なことがある。夜中にジリジリと擦り寄ってきて、少しずつ避ける私がしまいに布団の外に出てしまうのだ。そのたびにラグーを抱えて端へ動かす。一晩に二三回だが、ぐっすりとはいかないのだなぁ。

ご本人、イビキをかくは、寝言を言うは、屁もこく。それでも可愛いもんですがね。
  
考え事や困った事が起ると、近くの小さな宇賀辺神社へ参ります。
tasmania.jpg
ひと月ほど前から綺麗な金鶏が神社近辺にいて、車の往来を行き来したり、マンションの入口にいたり、誰かが放し飼いをしていると思っていたのです。

ある日、参道にいる婆さんの両腕の中に金鶏が抱かれているので聞くと、誰かが捨てていったという。近所の人々が餌を与え、消火用の水を飲んで暮しているらしい。世話をしてくれる人の後をついて歩くのだそうで、とても可愛い。

婆さんが『連れて帰って飼ってやって』というが、ワンとニャンは家の中で飼えるが、金鶏はしつけをしてもお構いなしに糞をするだろうし、かといって狭い庭ではかわいそうでもあるし....。だけど、無責任な奴がいるもんだょ。

tasmania.jpg
近所の宇賀神社にいた野良犬ならぬ野良鶏に昨日会えた。二匹のワンちゃんと鶏をつれて飼い主が散歩に来ていたのだ。聞くと野良鶏の頃から子供が好きで、小さい子を追いかけて遊ぶらしい。その内に子供に踏まれて足を骨折して獣医さんに治してもらったけど、神社に返すと野犬や猫に襲われるだろうから、引き取って家の中で飼っていると云う。なんとも暖かい人だと嬉しくなった。女主人の後について歩く鶏が可愛いい。   
ツバメが帰ってきた。事務所下のガレージの天井に何年か前から巣を作り、毎年卵を孵して南へ巣立っていく。地球のロマンを感じさせる 好きな鳥だ。

二年前、自宅近くの娘の家の軒先にツバメが来て、巣を作って卵を産んだ。娘夫婦は幸せの鳥が来たと、とても喜んだ。卵を 交代で抱いてから一週間後、片親が巣の下で死んでいた。もう一方の親も二日後には来なくなった。

娘の涙を見ていると、幼少の頃にスズ メの卵を孵した事を思い出し、ワインの木箱に脱脂綿を敷き、20wの電球をつけてタオルを掛け、温度計をよく見て30度以上にしないように タオルの掛け方を加減しなさいと云って帰った。

野鳥の会に問合せると、たとえ孵っても餌がとても難しいと云われた。親鳥は活きて飛ん でいる虫を捕えて与えるという。生餌を捕えるのも難しいし、成長に合わせて虫の大きさと種類を変えるのも難しいという。

無理かも分ら ないが、デパートで虫網と虫かごを買って待った。事務所下のツバメが、黄色いくちばしを並べるようになっても、娘の孵化箱の電球は点灯したままだった。

今年も5月になると娘の庭先に綺麗な花が咲く。その傍に親鳥と五つの卵が眠っているのです。

『命』『育む』と言う 事を見つめさせてくれたツバメよ。 ありがとう。
  

農道の登りで後ろからへしゃげた声で俺を呼ぶ奴がいる。

tasmania.jpg
 
「おーい、おまえ建三って奴かー」
「見てくれー、するめにされたわい」
「田んぼの虫探してピョンピョンしとったらなー」
「しもたことに網持った小僧に捕まったんじゃ」

「それから気失のうて目が覚めたらこれじゃ」
「何とかならんかー」

アーメンっちゅうて手合わしてカエル事になりました。 あはは。   

へ戻る