楽創楽夢へ戻る

私の快調を列挙すると快技なる快足で快走すると、快速だから快感を覚え、当然ながら快勝と云う快爽なる快挙を成し遂げる。そういう快活なる快游は快食と快飲から来る。それは快腸だから成り立って快便と快屁を導くのだ。快適なる生活は快眠を誘い、快夢の中では快手と怪快チンコが快楽の快刀となり快気を揚げる。その様をお見せしたいものだ。このような生活のかとけんは快復しないような病気にかからず快気なり。自慢ついでにかとけんは快弁で商談も快談にして見積は快諾しますとの快報ばかり。これだけ快が続けば快意であり怪奇なり。

ここで問題です。31の快単語を9行の文章に取り入れる能力を持つかとけんを快?あるいは怪?と云うか。さあ、答えなさい。


ハイッ!・・・「快亀で怪奇」です。あ、間違えた!・・・・「快人様」。

さあ答えなさいと言われたから答えます。「快」に軍配をあげます。

ちゃんと下ネタを織り交ぜてあったので「買」です☆

失礼ながら、加藤兄、見かけによらず文才です。申し上げる言葉もありません。

正解を申し上げます。「かとけんの怪チンコは快チンコ」...でした。かとけんの怪チンコが快チンコと化す時、十代から四十代まで年齢を問わず、全ての世の不倫相手は快感から快気を騰げ........もぉ、ええっちゅうに。   

へ戻る