楽創楽夢へ戻る

下のピンクの部分はは女性だけが読めます。男性は次の紺色まで読み飛ばしなさいっ。男性諸君、約束ですよ。読んだら誰が読んだか分かる仕組みになってんだぞっ。



四万十川には流れ橋が沢山あるが、この橋下駄は流されたままの残骸だよな。橋がなくて困ったら、かとけんに頼みなさい。かとけんを土手に座らせて、チンコをさすってあげなさい。乱暴にさすっては駄目。できれば軟膏をつけて、ジュルジュルと。

見る見る太くなって長くなる。コツは長く伸ばすには縦方向に両手でジュルジュル。太くしたいときは円周に沿って両手で回してジュルジュル。向こう岸に届く長さと跨いで座れる太さに仕上げなさい。できましたか?ジュル、ジュル、ジュル、ジュル。

あの時にお相手が好みの太さと長さに出来る様になってんだ。たいがいの方は長さは控えめに、太さは思いっきり太く整えられます。

では、かとチンコを橋代わりにして渡りましょう。丸太に跨るように座って、両手を前に出してお尻を滑らしながら渡りなさい。あっ、言い忘れたが下着は全部脱ぐのですよ。渡る途中でお尻を前後左右に動かして自分で楽しむのは勝手。

向 こう岸の手前で大きなピンクのクビレに出会います。ほれ、沢山の女を失神させたあのクビレ。そこを渡るとき、かとけんは呻きますが気にしない。そのクビレ を乗り越えると、滑り台になっていますから滑ります。最後に、滑り台の先端に穴がありますから、その辺りに「チュッ」とお礼の挨拶をしなさい。
どうですか? 白いものが、ドックンドックン飛び出てきましたか? 出たら貴女はかとけんのお気に入り。よかった、よかった。

男性諸君、近々、男性専用記事を書くから辛抱せいっ。
まさか読んではいるまいな。

へ戻る