楽創楽夢へ戻る

tasmania.jpg
梱包編・国内航空機預け
カーボンフレームは突起物が強く当たると割れたり穴が開いて致命傷になる。カーボンでなくとも塗装の傷を嫌う場合はこれ。配管保温材 をDIYで買う。驚くほど安い。太さもいくつかある。斜めに切ったり、ボトルケージの切り込みを入れるのもカッターやハサミで加工は 簡単。

カーボンホイルはホイルバッグに入れて別に預ける。これで万全。欠点は自転車を組立て後に梱包材がかさばること。走行中に持ち 歩かなくてもよい物が梱包材と最後の着替え。

私はどうしているか。同一空港から発着するときは空港のロッカーを使う。発着地が違う場合は帰路空港の近くの郵便局か宅急便の営業所止めで、着いた空港の近くから先回りして送る。郵便局は今のところ土日休みが多いので要注意。ローソンは郵パックを扱います。セブンイレブンはヤマト。事前に持ち込むコンビニや受け取る所は事前に調べて住所などを書いて いく。

あのぉ、かさばるって問題だよな。相撲取り以上に腹がかさばったら、あのときの手って限られるんだって。四十八手が何手に減るんだろ 。俺が腹に座布団をくくり付けてどんな格好でできるか試してみるから誰か手伝ってくれ。云っとくが実際にやるんだぞ。やるんだぞ。

お申し込みメールにすると殺到して体が持たんから、今回は私からメールを送ります。一人につき七手として六人だ。あっ、前回の「新鮮採れ立てポン」がまだ進行中だから、年末ぐらいになるからね。新春特集で写真付リポートにすっか。
  
tasmania.jpg
梱包編・国内航空機預け
フロントフォークは押されて幅が狂うのを防ぐために輸送用のプラスチック製の幅維持用品を自転車屋で分けてもらいます。これを差し込 むだけでは預けたあと運ぶのにちょうど持ちやすい位置にきますからすぐに外れます。穴を開けて針金を通し、ブレーキ付け根から引っ張 るように縛ります。これでも外れている時があります。

縛る.........。 こういう趣はもちあわせません。どうぞご安心してお召し上がりいただき、お楽しみくださいまし。
  
tasmania.jpg
梱包編・国内航空機預け
飛行機に預けてメカの心配はリアエンド。市販自転車用エンド金具にL金具をネジ止めして押し圧力を凌ぐ。このL金具が曲がって帰って くることがしばしば。なかったらエンドが曲がる。プラ段ボールをサドルに渡してエンド金具が前後に動かないないようにし、メカを囲むようにプラ段ボールをマジックテープで止めて保護にも使う。これで国内航空預けで壊れたことなし。欠点はプラ段ボールがかさばること 。というか長いから困ることがあるが解決しなかったことはない。

長くて太くて.........皆様にご好評です。 細くて短いのは.......だぁれ。   
tasmania.jpg
梱包編・国内航空機預け
フロントギヤはプチプチで包んで、シャンプー用のヘアキャップで止めます。粘着テープは後始末が大変。ヘアキャップなら軽くて脱着簡 単。ペダルを毛糸の靴下で包むのは自分が運ぶときに体に当たって痛いから。

あれを包むのはゴム製だね。新婚当時に男ばっかり友人二三人で木屋町へ飲みに行って、大いに笑って楽しんで深夜に酔っぱらって帰宅。 女房は受け取った上着をタンスに入れる前にハンカチなどをポケットから出していて、急にご機嫌斜め。

「何よこれっ」って3cm四方の未使用品が手のひらに。「えっ、俺、知らんんぞ」って云っても信用ゼロのわたくしめ。にゃろめ、やりやがったな。ポケットに入れやがっ たのは栗田。くっそー。実話。
  
tasmania.jpg
梱包編・国内航空機預け
私のコル鉄は全面を配管断熱材で包みません。アルミ車輪をガードにしてフレームを守ります。リアスプロケットが入る部分と車輪を結わ える場所だけ断熱材を使う。リアエンドとフォークの保護、フロントギアのプチプチは同じ。

プチプチの娘がぷりんぷりんの胸を弾ませて俺に迫ってくる...。それぞれ大きさも弾み具合も違うけど、息ができないほど谷間に沈めるの は何故か皆同じことをする。やめろっ、窒息するぅーーー。   
tasmania.jpg

梱包編・国内航空機預け
チェーンが緩んだままだと他のものを汚したり傷つけたりする。長くて大きな輪ゴムの先にS金具を付け、チェーンをリアブレーキに引っ 張る形で固定します。

緩んだのって面白くない.............。







スケベ、勝手に勘違いするなよ、パンツのゴムの話だ。   

tasmania.jpg
梱包編・海外航空機預け
海外では荷を放り投げるのが日常だから国内向け梱包では確実に潰れます。ハワイ等のイベントでJALが協賛している場合は紙の段ボー ル箱で充分ですが、海外では日本の航空会社でも荷を扱うのは現地人ですから梱包は厳重に。
tasmania.jpg
私が初めてベトナムでのツアーに参加したと きに自作した専用カーゴ。骨は中抜きアルミ型材です。六面体全部がボルトナットで組んでいるんで、外せばぺしゃんこで保管できる。自 重が7.5kg。自転車込みで15.5kg。優々無料パス。一回だけロタのコンチネンタルが\3,000-とりましたが。

ぺちゃんこ、といえば








































スクロールご苦労さま。







































。ここまで来た人、みんなスケベ。
  

へ戻る