楽宿楽夢へ戻る

民宿 海山木 ★★★★★★★★8/10点

沖縄県国頭郡国頭村字奥480 電話0980-41-8383 予算\5,500- 二食付  無線LAN無料
国道58が始まる石碑の横の地道を入っていくと宿はあるのだが、初めての私は見つけられず奥の駐車場を過ぎて海岸まで行った。林の中にひっそりと静かに宿はある。決して立派な造りでなく自然の素材を愛する雰囲気が漂っている。泊まった部屋は板間三畳と一段上がる寝床用の板間という質素な部屋。庭は南国特有の植物が造りこむでなく自然に植わっていて小さなベランダには籐のソファで寝られる。囲炉裏のある館で食事をいただくが沖縄の食材をふんだんに使った料理は副菜が七種、赤米と味噌汁とゴーヤの漬物。ご飯はお代わりできる。宿には酒類が置いてないので持ち込んでくださいということだったが、同泊の五組で缶ビールを飲んでおられたのは一組だった。波の音以外聞こえるものはなく静かに夜は更けていく。朝食もゆし豆腐の味噌汁にご飯。野菜サラダに目玉焼きと地の小魚の塩揚げとソーセージ。女将さんがバナナやみかんを出してくれた。とても落ち着く良い宿を見つけたものです。2008-11-02

再訪はあまりに心地よい宿だったからで今回は二泊。この宿に泊まることが旅の目的でもある。前回はご主人はいなかったが今回は夕食時に最初から最後まで話しをして楽しんだ。総勢八人の客はそれぞれに遠くから来ているがやはりこの宿の良さを目的にしているようだ。着いた日が寒くてご主人の開口一番が「薪で風呂を沸かしたから入って暖まりなさい」だった。沖縄のシャワーの宿に慣れているが最高の歓迎だ。今回の部屋は広い和室に大きなテラスが付いていてとてもゆったりできた。浜の流木を拾ってきて囲炉裏に使ってもらったら二人とも喜んでくれた。二晩とも話しが弾んで夜更けまで楽しい時を過ごす。名所旧跡を急ぎ足で回るだけが旅でなく、流れる時を感じ、人と触れ合ってこそ旅なのだと教えてくれる空間。宿のあり方を思いっきり知らしめられる良い宿だ。2010-02-19 二泊

今度の沖縄はこの宿に来ることだけが目的。真夏の沖縄も初めてなら空港からバスを乗り継いでの沖縄旅も初めて。泊まった翌日の早朝に奥さんが皆に大きな声で云っている。「ウミガメの子供が海に還るようです、起きて車に乗ってください」と。トラックで浜へ連れてもらうとまさにコガメが海を目指していた。林道を二三時間歩くとノグチゲラにも出会えた。二泊目の夜にはヤンバルクイナが近くで鳴いた。自然にやっと出会えた沖縄旅はこの宿が最高です。2012-08-08 二泊


へ戻る