楽宿楽夢へ戻る

佐賀県唐津市大名小路5-19 電話0955-73-5673 予算\4,500- 朝食付料金
繁華街にも近く、唐津城も窓から見えている。川岸に面して窓からの眺めの良い。二階の部屋は二部屋続きでそれに小上がりと洗面トイレが付いている。自分で布団は敷きます。到着が早く風呂が六時からなので隣の綿屋旅館の天然温泉五百円に入った。朝食もそつのないもので、これで四千五百円は上出来ですよ。2008-04-02
九州 佐賀県佐賀郡富士町古湯 電話0952-58-2121 予算\10,150- 二食付料金
斎藤茂吉が誉めた宿と宣伝は良いが湯は循環で加温、塩素消毒。露天風呂なし。部屋がダブルベッドだったので和室に変えてもらった。夕食は鴨鍋や川蟹など地方の食材を取り入れて工夫しているのが幸い。食事時に各部屋を女将が廻って挨拶している。誠意を感じます。でもね湯がね。2006-11-25
九州 佐賀県嬉野町大字下宿乙855-2 電話0954-43-0153 予算\13,080- 二食付料金
温泉は沸かしの循環で塩素消毒。大浴場と男女露天がある。はっきり言って駄目な宿。どの温泉集落も同じだがその地に湧出する温泉を分配するからには地域はみな同じと考えるのが妥当。だから嬉野は循環でしょう。部屋で落ち着いてパソコンに向かっていると左の部屋の団体客の大きな声の話し声が耳につく。風呂に入って夕食を食って、いざ寝んとすれば左の部屋のお婆団体客の叫くような声で寝られない。思いあまって電話して部屋を変えるようにさせた。旅館業を私がやるなら防音が不十分と知っていてもどんな客を隣にするかくらい配慮する。結局、家移りした部屋も風呂場前で早朝からうるさくて目が覚めた。館内放送で従業員を指名して「だれだれさん、帳場まで」と呼び出すことが早朝から深夜まで。音が客にどんな影響があるかを全く考えない無能経営者。2006-11-24
九州 佐賀県唐津市東唐津2-4-40 電話0955-72-7181 予算\30,000- 二食付料金
唐津の宿、洋々閣は百二十年の歴史ある宿で、建造物は築90年を経て昔ながらの土壁の館はいまだ堅牢。泊まった部屋は庭園に面していて、部屋から下駄で出られる。夕食にでたオコゼの刺身は、昨年に福岡の久和山で食ったオコゼを凌いでいた。朝食の豆腐を岩塩で食すのは一味違う豆腐の味。朝食にコーヒーが出ないのは何故だろう。風呂は男女別の浴場がそれぞれひとつ。温泉ではないがお湯をやわらかくする麦飯石の風呂。値も張る宿だが、とても落ち着く宿だった。部屋の世話をしてくれるお姐さんが面白い人で、目の輝きが忘れられん。2005-04-16
九州 佐賀県武雄市武雄町大字武雄7399 電話0954-22-3188 予算\30,000- 二食付料金
山本裕輔さんが取り仕切る料理が有名な宿で、鉄人に出演と云うほうが分りやすいか。懐石料理は少し濃い味付けが印象に残ったが、うまい。煮物の海老が少し鮮度が落ちていたのが気にかかった。朝にでた温泉豆腐はとろけるような舌ざわりで、こくのある豆腐だった。風呂は部屋に小さな露天風呂がついていた。浴場は天然温泉かけ流しだが、少し沸かしている。2005-04-15

へ戻る