楽食楽夢へ戻る

長崎県平戸市崎方町873 電話0950-22-2719 予算\680-
井元旅館が出す食堂は昼時といえど地元客で満杯。平戸ちゃんぽん\630-とチキンカツ定食\680-を注文した。チャンポンの麺は太くて丸い。スープがとても美味いから最後まですすった。野菜の種類も魚貝や豚の種類も多く、食い応えがある上出来の一品。定食のカツも美味いソースと絡んで抜群。味噌汁と漬物とやっこが付いています。飛び込みでこういう美味い店に出会うと最高にうれしい。2008-04-01
長崎県佐世保市上京町7-10 電話0956-24-6382 予算\500-
佐世保バーガーの有名店ですが店はこじんまりと小さく控えめ。店内で食べるために十分ほど待ちました。てりやきバーガー\350-とベーコンエッグバーガー\500-を注文。ベーコンエッグバーガーは抜群に美味い。てりやきはタレが少し甘いめです。2008-03-31

長崎県西海市大瀬戸町雪浦下郷7-1 電話 0959-22-0034 予算\800-
日曜の午後一時過ぎに入ったら満席で「ごめんなさい、相当待っていただかないと....」「どれくらいですか」「一時間くらい」。寒くて走れそうにないし待つことにした。待った甲斐ありっ。ロースカツ御膳が八百五十円でサラダ、味噌汁、小鉢、茶碗蒸し、漬物にデザートとコーヒーが付く。ペペロンチーニが七百円でガーリックトースト、スープ、サラダにデザートが付く。両方美味い。ロースカツは上等の肉で香りが良い。ペペロンチーニはアンチョビとトマトのソースでしたがじゃこが乗っていてそれは余分と感じましたが上出来です。西海丼という海鮮丼が人気のようでしたが、どうでしょうか。2008-03-30

長崎県長崎市本石灰町2-22 電話095-826-2132 予算\1,400-
思案橋近く銅座の横丁にある店でカウンターとテーブル一席と座敷がある。土曜の夜に行きましたが席に座ってから満席と断られた客が二組の人気のある店。ビール一本とせせり、鳥皮、豚バラ、三角、きも、牛さがりなどを食べた。少しだけ甘みのあるたれですが、レアな焼き加減に合っています。皮の塩焼きもなにかしら香辛料が少し効いてて美味い。二人で締めて二千七百円も安いでしょう。2008-03-29
九州 長崎県長崎市銅座 電話095-823-7542 予算\500-
朝早くから人が並んでいる。二人で五つは今日の序曲だが、これが噂だけあってジューシーで美味い。2005-05-05
2008-03-29再訪
長崎県長崎市為石町2527-5 電話095-892-0576 予算\580-
長崎は茂木から野母へ向かうと県道沿いには店がなく昼食を諦めていた。そこに為石で思わぬ店に出会った。食堂とあるが、宴会も出来る大広間とカウンター席。生簀には沢山の大きな魚が泳いでいる。ご主人が割烹姿なのはやる気あってのこと。チャンポン五百八十円はスープも麺も具もすばらしい。味付けはさっぱりと控えめですがコクがあるし具には新鮮なぷりぷり小海老やイカ、野菜に豚スライス。良いですねえ。カツ丼六百五十円は期待していなかったが分厚い肉は香りの良い肉で味付けはほんの少し甘いめですが、美味いカツと相性が良い。漬物も自家製で味噌汁には地のわかめ。これでこれらの値段は安い。この近くを通ったら是非寄るべし。2008-03-29
長崎県壱岐市勝本町立石西触119-2 電話0920-43-0770  予算\35,000- 二食付料金
壱岐にこんな良い湯が沸くなんて信じられない。源泉が65度で湯もたっぷり自噴。空気に触れると鉄分が参加して赤くなる。塩の味がする。宿の風呂は露天から湾の小島を見ながらゆったりと入れる。宿自体の宿泊者数を抑えているから人でゴチャゴチャしていない。部屋は広い和室に洗面、シャワー、トイレが清潔に保たれている。窓には広縁があってそこから湾を見渡せる。夕食は和食とイタリアンを選べるのでイタリアン。ワインも15種ほど揃えてあって、バローロを久しぶりにいただく。七つめの皿まであって全てが最高でしたね。朝食はカウンターの目の前で料理人が焼き魚に天ぷらにだし巻きを創る。カウンター越し全面ガラスに映る海を見ながらの朝食が美味い。ネット接続がロビー受付でLAN接続できた。 2007-05-03
九州 長崎県壱岐郷ノ浦 予算\2,100-
壱岐名物ウニめしの看板に誘われてこの店に入ったのが間違い。入る前に「美味いですか」「自信ありますか」と女将に聞くと「漁師からの直接仕入れで、他の店では三千円というのもあるけどうちは二千百円だよ」。出てきたのが溶けかけたウニで量もごく少ないもの。吸い物と一品がついているが呆れたよ。壱岐に入った玄関でガツンと殴られた。もうちょっと島の将来を考えて行動しなさい。美味いと聞く八幡浦のウニ飯の店には二時間弱かかるから、はやったのが間違いだった。 2007-05-03
九州 長崎県長崎市築町3-23 予算\3,000-
操業安政6年のからすみの老舗。店内には二万円もするものから三千円くらいまでショーケースに並べてあるが、ケースの上には形が悪かったり傷が付いたものを安く売っている。一本千円からあって、それを数本買った。味は美味いです。2007-03-05
九州 長崎県長崎市古川町5-4KYOビル 1F 予算\650-
奥に細長い店でカウンターとテーブルで25人ほど入れる店。行ったのが11時半で開店直後、すぐに満席になった。チャンポン\650-とそぼろ皿うどん\700-を注文。チャンポンはスープがあっさり目で拍子抜けしたが良く味わうとこくがあって上出来のスープ。具はどの店でも入っているものだが牡蠣が目立った。質も量も上出来です。そぼろ皿うどんは麺が太くて少し味が付いている。チャンポンのスープで炒めるように熱しておられた。具はチャンポンと同じですが麺の味と柔らかな歯触りで美味い。メニューには焼き飯、中華丼、スープビーフンなどもある。2007-03-05
九州 長崎県長崎市JR長崎駅 予算\700-
旅館坂本屋が出す長崎三昧という店。相当歩いて行ったが「本日休業」。旅館に聞くと真空パックの角煮は売っているというので五個入りを買った。それでも「角煮丼は食えないか」と聞くと、長崎駅に駅弁で出しているというから、またまた歩きましたよ。やっと駅、駅弁売り場で聞くと「本日売り切れ」。しゅん。そこに救いの神「ちょっと待って、ホームに残っているかも」「見てきてあげる」。。 なんと、三つ残っていた。ラッキー。二つ買った。家に帰ってから食ったが独特の脂身もゼラチンだけに煮込んだ美味い一品で金糸たまごの上に乗っている。2005-05-05 2007-03-05
九州 長崎県諫早市久山町2465-13 電話0957-28-9090 予算\500-
国道沿いで腹が減っていたから入った店で昼時でも席は半分以上空いていた。ラーメン定食\600-を食べた。辛子高菜が好きなだけ食べられる。肝心のラーメンは豚骨のコクが薄くてシャバシャバ。麺にも腰がない感じで久しぶりに美味くないラーメンに出会った。2006-11-24
九州 長崎県島原市有明町大三東乙50-1 電話0957-68-2999 予算\600-
具雑煮が島原の名物料理でそれを食わせる店を探しながら走ったが見つからず、この店に入った。雑炊鍋うどんはうどんとご飯が雑炊になっている。変わっているが出汁に工夫があるでなく、カツ丼の豚もいまいちだった。2006-11-23
九州 長崎県長崎市銅座町14-11 電話095-821-3838 予算\700-
美味いチャンポンが食いたくて古川町の共楽園へ行ったが休みで食えず。仕方なく銅座をうろうろしていて入った店。チャンポンを二人で一杯食べたが、不味くはないが全くもって美味くない。2006-11-23
九州 長崎県長崎市茂木町2211 電話0958-36-2323 予算\7,000-
長崎市内から山一つ越えた茂木町にある魚料理の料亭二見。市内からタクシーで2千円ほど。立派な玄関をくぐり部屋に入って仰天。海に面する窓は今にも海に飛び込みそうな錯覚を覚える。海の上に部屋があるのです。ガラスがあると後で気付くが、この景観は日暮れまでに部屋に入らないと、暗闇ではね。料理は一番安い\7,000-のコースを予約しておいた。「長崎では料理は吸い物からなのですよ」と出てきたお椀は岩海苔に鯛の切身。さっぱりとして食欲が増す。アワビの蒸し物冷製は大好物。小海老の踊り食いは大皿で元気よく跳ね回る。「頭と尾を丸めて掴んで食べてください」の案内どおり食うと、これがパリパリと歯ざわり良く海老の香りが素晴らしい。出てきた刺身の大皿には石鯛一匹が尾を震わせ、伊勢海老姿造りも足を動かしている。他にヤリイカも透き通っている。忙しいのか料理の出し方にむらがあって、待たされたのが少々の傷。天ぷらは普段は食わない海老もプリプリで美味い。若竹の天ぷら。驚いたのはニンニク一塊が揚げて出てきたこと。普通日本料理に使わない食材だが、これがうまいのだ。焼魚の皿には真鯛の姿焼きが焼薩摩芋、焼たまご、さざえ、焼ピーナッツと共に盛られている。それぞれうまいし組み合わせが妙味を引き出す。長崎名物の角煮は脂身もゼラチンだけに煮込んだとても美味い一品でした。最後はちらし寿司と赤出汁でしめ、茂木びわのデザートでおしまい。これで、ほんとうに\7,000-だったから最初から最後まで驚きでした。2005-05-04
九州 長崎県福江市 予算\500-
食ったうどんが天ざるときつね。これがまいった。本店のうどんと別物。たぶん茹で置きしているのだろう。こしが全くないしうどんの香りがしない。つゆも出汁も別物に思えてがっかりした。2005-05-04
九州 長崎県福江市下崎山町983-4 予算¥500-
ドアを開けると開店時間はあと一時間後だが、コーヒーだけならお入りくださいと奥様。暫らくしてご主人が来てお喋り。バイク仲間でこの店を作ったこと、ガラクタ好きで倉庫代わりの喫茶店のこと、近辺の自然の中での快適な生活のことなどなど、お話好きな優しい方だ。コロンビアのラジオは自分も使っていたから懐かしい。バス停の名前、喫茶店の名前が使われるのも珍しい。店閉められませんなぁ。2005-05-03
九州 長崎県南松浦郡新上五島町七目郷499-1 電話0959-42-0650 予算\500-
十時開店で一番客。店の方に何がお勧めですかと尋ね、特製うどんと天ざるうどんを注文。「今から茹でますから10分はかかりますよ」「茹で置きはしないので予約客でも顔を見てから茹でます」。待つ間、店の中を写したり、おばさんと話したり。どうやら有名店らしくテレビの「どっち」に出て勝ったとか。他にも沢山あるらしい。きっちり10分、来ました。うどんは細めでこしがある、温かいうどんより、ざるが麺の味わいが良く分る。ざるのつゆは良い感じで親しみも持てるほんのちょっと甘い目。天ぷらは海老二匹に野菜、ええんかいなこの値段767円。温かい特製うどんは牛肉、海老の天ぷら、椎茸など具がたっぷり。出汁はアゴ(とびうお)でとったあっさりとしているが味の深みがあってうどんに良く合っている。これが683円とは、かけうどんが420円、考えられません。2005-05-01
九州 長崎県大村市本町474-5 電話0957-52-3546 予算\700-
大村名物の角ずしの店。そうとは知らず、にぎり寿司が食いたくて入ったのだが、メニューを見てがっかり。お茶を飲んでいまさら出るわけにいかず、盛り合わせと角ずしを頼んだが、甘いのなんのって、私の口には合いません。2005-03-05

へ戻る