楽食楽夢へ戻る

京都府京都市下京区東塩小路町511 電話075-343-3199 予算\880-
とんこつ醤油ラーメンと餃子四個焼飯小のセットを食べた。麺は中太のちぢれでまずまずだけどスープがいまいちでチャーシューがかすかす。焼き飯は及第点行かず。餃子がましだった。ポルタで美味い店を探すのはやめよう。2008-12-24

京都府京都市下京区東塩小路町1-509 電話075-343-3262 予算\890-
ポルタには美味い店は二軒だけなのだろうか。この店も酢豚と麻婆豆腐がついて九百円弱につられて入ったが、不味くはないのだが本日の定食がよく出るのだろうが作り置きまるだし。麻婆豆腐はピリッと山椒が効いてましだったが.....卵スープとザーサイとご飯がつきます。2008-12-22

京都府京都市南区上鳥羽苗代町21 電話075-682-0045 予算\800-
会社事務所の近くで久世橋通りはしょっちゅう通る。任天堂の横にある店で以前は違う店だった。刀削麺が売り物のようで私も食べたことがなかったので定食八百円を頼んだ。スープで食べますかと聞かれたのではいと答えたが無しだとどんな感じだろうか。?は九州のだご汁に入っている練り物の感じと似ている。スープが甘口で困りましたよ。挽肉の炒めたものと刻みネギのはいったラーメンですね。それに小さな器の焼きめしと漬け物。食べた後の満足感が薄い。味もボリュームも。六百八十円で麻婆豆腐定食があるのだから八百円は高いよ。店の中では中国語が飛び交っていますから向こうの方でしょうが、しっかりしてくださいよ。2008-11-21

京都府京都市東山区本町7丁目45 電話075-561-5706 予算\1,200-
下町の洋食屋さんという表現にぴったりのお店は歴史がある。カウンターの向こうで鍋を扱っているのがご主人夫婦で二人の他に三人の女性が働く。表に7席のカウンターと裏にテーブルの相席がある。ペアランチはトンカツ、ハンバーグ、イカフライ、牡蛎フライ、ビフカツなどから2品を選ぶ。サラダ、ご飯、みそ汁、漬け物がついて千二百円。ご飯は大中小を選べる。3品だと千五百円。ワインやビールも選べるのが面白い。トンカツとハンバーグでお願いした。トンカツを口にして「あっ」と感じたのは豚肉がすばらしい。脂は少ないのだが肉の味がとても変わっている。美味いのだ。一方ハンバーグは少し甘い目で私ごのみではなかった。2品のどちらも単品でボリュームありだから2品で満腹です。隣の方々がエビフライやビフカツ、コロッケなどを食べておられたがどれも美味そうです。常連客で満席の昼時。下町の行きやすい店として大発見でした。2008-11-20

京都府京都市中京区壬生神明町1-132 電話075-811-7501 予算\400-
細い七本松通り四条を上がっていくとある小さな店でカウンター席に十数人が座れる。カウンターの中に女性三人が入って餃子の皮を延ばすところから餡を包むのは客の顔を見てから。大きめの餃子が八つで一人前。餃子定食は午後二時までで、小が一人前六百円、中が一人前半七百八十円、大が二人前で九百円。それぞれご飯とスープが付く。餃子単品が四百円だから定食はお得。特に大が。ここの餃子はゴマだれで食べますが焼くときの仕上げに辛いラー油がかかっているのでピリッとくる。とにかく美味い餃子です。餡は優しくてあまり主張しませんが皮の仕上がり具合が柔らかでよし。全体に「もっと食べたい」と思うできあがりです。京都にこんな美味い餃子を出す店があって、とてもうれしい。ラーメンとか焼きめしとかもあります。2008-11-14

京都府京都市下京区高橋町605 電話075-361-0802 予算\680-
一瞬ラーメンかと疑った。麺は黄色くなく蕎麦のような色で口にしてもラーメンだといわれないと分らない。太めで全粒粉の麺はもちもちと腰があって美味い。スープは豚骨をベースに煮干を強く感じる。これもラーメンだといわれないと分らない。分厚いチャーシューが一枚。脂身のとろとろと肉の歯ざわりが上出来の仕上がりです。昼時、私の後に八人の待ち行列です。2008-11-12

京都府京都市伏見区肥後町375 電話075-622-2886 予算\630-
以前から店の前を通るたびに気になっていた店で昼飯に自転車で行きました。牛すじうどん六百三十円とご飯150円を食べた。カウンターのメニューの横に牛すじうどんを食べた後にご飯を入れると美味いと書いてあるのに釣られたのです。たしかに美味かった。うどんは目の前で手打ちです。太さは中でやや細め。しかし腰のあるしっかりとしたうどんです。出汁もしっかりしていて京都であまり美味いうどんに巡り合っていませんでしたが此処はお勧めできますね。牛すじはピリカラに煮付けてあって天かすがたっぷり。後味もさっぱりと美味い。かけうどんが二百八十円で持ち帰りもできます。客は女学生をはじめ常連さんばかり。城陽に本店ともう一軒みせがあるようです。2008-10-23

京都府京都市伏見区深草西浦町2丁目90-103 電話075-643-9049 予算\650-
龍谷大学近くの住宅街の中にあるラーメン専門店。昼時で八割の客。カウンターの中の厨房がゆったりしているのを見て主人の姿勢が料理にあることが分る。醤油ラーメン並六百五十円を食べた。醤油が少し勝っている辛いめのスープ。に細い目で固ゆでの麺。スープにもう少し深みのある味が欲しい。チャーシューは薄く切った柔らかい肉で食べやすい。ねぎがたっぷりかぶさっている。2008-10-22

京都府京都市下京区烏丸塩小路下ル京都駅ビル 電話075-341-1001 予算\880-
駅ビル正面の左端にある回転寿司。廻る寿司にはコンベア全体をプラスチックでカバーしてあり、客はそれを開けて皿を取る。一皿百二十円から高いのは千円近くまで。表のメニューを見て海鮮丼八百八十円を食べた。ホタテやイカが新鮮でイクラやウニまで八種のネタが乗っている。酢飯が少ないのが難点か。醤油をかけて食べたがまずまずのでき。値の割にはネタが良いです。赤出汁とキュウちゃんがつきます。2008-10-21

京都府京都市南区吉祥院御池町28-11 電話075-691-1403 予算\750-
隣がジャスコで往来が多くなったがジャスコの前は私が勤めていた会社が建っていた場所。このラーメン屋は四十年近い付き合いで、最初は九条千本の西を下ったところに小さな店を構えていて、おばさんひとりでラーメンを作っていた。二十歳過ぎの頃このラーメンが好きで月に一度くらい食べていた。その後今の店の近くだが小道を少し入ったところのご自宅を改造してラーメン屋にされた。会社勤めの間、かれこれ十五年くらい通った店で私が食べたラーメンではダントツの数になる。昼になるとカウンターでラーメンと玉子かけごはんを食べた。夜も近くのマージャン屋に入ったらラーメンと餃子や焼飯を出前してもらった。長いあいだ行っていなかったが久しぶりに食べた。かつお出汁とチャーシューの煮込み汁が基本のスープは変わっていなかった。でも少しコクが落ちたような気がした。麺は中細のストレートでこれも変わっていなかったが、実はご自宅に変わられて数年間はとても良い麺だったのだが個人で作られていた麺屋のご主人がやめられてからその美味い麺は食えなくなった。チャーシューはしっかりとした肉の味がして、噛み応えのある好きなタイプのチャーシュー。焼飯小とのセットメニューはお得な七百五十円。この焼飯がまた美味いんだ。2008-10-02

京都府京都市下京区中堂寺壬生川町12 電話075-361-0147 予算\800-
五条壬生の角を下がったところ。はじめていくのに五条通を西へ自転車で走っていて匂いで停止した。上海家庭料理と店には書いてある。昼のランチメニューが五品ほどある中、酢豚\800-を注文した。これは美味い。味付けはどちらかというとあっさり目で、素材の味が引き立っている。スープもしかり。漬物はピリッと辛く、はじめて食べたが香りといい味といい上海かな。ごはんは少なめです。デザートに杏仁豆腐がついていました。メニューを見ると品数はとても多くて夕食だと豪華になりそう。2008-09-30

京都府京都市下京区東洞院通七条下ル塩小路町530-5 電話075-371-4258 予算\930-
昼食に最近は京都駅近辺を食べ歩いているがこの店は目に付かなかったのに食べたらすごく美味かった。天丼の小うどん付きを食べた。うどんの出汁が素晴らしい。基本に忠実で素晴らしい風味が出ている。出汁は残さずすすってしまいました。天丼はタレの色が濃いので醤油からいかと思ったがとてもあっさりしていた。それでいて味わい深い。野菜が四種類と海老一匹で満腹です。観光客はいなくて近辺のお勤めの方が多い常連客です。この店は通うと思います。2008-09-26

京都府京都市伏見区中島前山町72 電話0187-53-2970 予算\800-
国道赤池北一筋を西に入ったところにある。うどんは圧力鍋でゆがいたのをもう一度湯で温めて出している。うどんを圧力釜ははじめて見た。太い目のしこしこしたうどん。きんぴらとじうどん八百円を注文。うどんと出汁の相性がよくない。バラバラで別物の感じ。その前に出汁がしっかりしていない。きんぴらも珍しいだけで特別美味いものではない。2008-09-17

京都府京都市下京区烏丸塩小路駅地下街ポルタ内 電話075-343-3222 予算\1,050-
ハンバーグステーキを注文。待たせますよと書いてあるとおり10分ほど待ちます。その間に冷製トマト一個がソースたっぷりかかって出てきた。このトマトがとてもおいしい。トマト自体が濃い味でソースが甘酸っぱく良く合っている。焼きたてのハンバーグはアルミフォイルを自分で切って中から出しますがデミグラスソースの具合がよろしい。ハンバーグは肉の香りがほんのりとしてつなぎを感じさせない味でジュワッと肉汁。じゃがバターが一個熱々で添えられ、パンかライスを選べます。味も良いしボリュームもあってこの値段は上出来。北山の本店のほか京都市内に四店ほどあるそうです。2008-09-12

京都府京都市下京区東塩小路町1-510 電話075-343-2562 予算\880-
なんかうどんが食べたくなって事務所の近くで美味い店を知らないので京都駅地下のポルタを歩いた。うどんは手打ちを実演している。客も入っているので牛丼定食を注文した。手打ちうどんのざると牛丼。うどんのこしはあるのだけれど咽喉越しの感じがいまいち。つゆがだらしない。醤油の生味がして出汁が感じられない。牛丼にいたってはごはんに牛を乗せてタレをかけただけの愛想のない丼。昔だったら食べ残したろうが、地球上には飢餓に苦しむ子供もいる。嫌でも食べて出た。2008-09-10

京都府京都市伏見区上油掛町186 電話075-622-5533 予算\680-
夜は神聖という酒を出す酒蔵を改造した店で昼も焼鳥をはじめ多彩な鳥料理が食べられる。親子丼と焼鳥は、かわ、こころ、ねぎまを各一本頼んだ。かわから出てきて塩味の香ばしい香りとじゅわっと来る噛み心地が気分良し。ねぎまも身もタレも美味い。こころはいまいちだった。親子丼の味付けはほんの少し濃いいめだが淡白な鳥と相性抜群。値も安いし上出来です。鳥せいが十店舗、鳥せえが四店舗あります。2008-09-09

京都府京都市伏見区深草西浦町5丁目32-2 電話075-641-5586 予算\600-
師団街道は藤森駅近くの横道に入った公園の前にある店。入ると中国語で奥さんと客が話していた。中国人の奥さんが営む店は餃子の種類が17種。季節でない餃子もあるが種類が多い。単采や麺類、丼も種類が多い。海老餃子五百円と茄子餃子三百五十円、それに玉子スープ小二百円を頼んだ。海老は醤油とラー油のタレで。茄子は店のお勧めで味噌ダレで食べた。餃子が素晴らしい。口の中でスープがジュワッと出てきます。まるで小龍包のよう。それでいて中身の香りと味が生きている。上品な香りがする餃子ってはじめて。お勧めのタレとの相性も抜群。玉子スープもあっさりとしているが味が深い。隣で食べていた野菜あんかけ焼飯が美味そうだった。2008-09-08
京都府京都市東山区東山三条西入七軒25 電話075-752-8181 予算\1,100-
働く人はすべて台湾の方々。テレビ取材も多いらしく、その時のメニューまである。四川料理が主の料理で大衆食堂では少し高い目の千円弱の料理が多い。焼飯\550-と麻婆豆腐\650-を注文。麻婆豆腐は辛い目の山椒の効き方で粗引きの肉と相性が抜群。繊細というより大胆という言葉が似合う料理でとても美味い。一方焼飯はふんわりと仕上がっていてとても温かみを感じるのは油が違う。玉子や野菜も細かくて口に入れるとほんわかとした舌触りと味が素晴らしい。次は本格的四川火鍋を食ってみたい。2008-09-06
京都府京都市中京区寺町通二条上ルあおい屋2F 電話 075-211-8871 予算\850-
台湾出身の家族で営む中華料理店。昼のランチ八百五十円の当日のメニューは、チャーシュー麺か鶏の煮込み。台湾の味わいを望んで来たので鶏の煮込みを頼んだ。スープは淡白だけれども味わい深いところが台湾そのものだった。鶏は煮込みをスライスしてキャベツの千切りの上に並べ甘辛いタレがかかっているがやはり全体に薄味。そうなんです、台湾料理はほんとにさっぱりとした味付けで美味いのですね。少な目のご飯とザーサイ、一品はゴーヤと鶏肉のピリカラ。これも美味い一品でした。凍らせたレイシ二つがデザートです。昼前に入りましたが直ぐに満席になりました。台湾料理が食べたくなったら行こう。2008-09-02
京都府京都市上京区下立売通大宮西入浮田町613-106 電話075-801-7563 予算\850-
堀川丸太町の二筋上を西に入っていくと北側にある。昼の開店11時に入った。カウンターに私一人だが中の料理人たちは忙しそうに出前を作っていた。この店オリジナルのピネライスを注文。トンカツが八百五十円で牛は二百円ほど高い。ガーリックは五十円高。焼飯にトンカツが乗ってカレーがかかっている。カツは豚の揚げせんべいという感じでトンカツとはいえませんね。カリカリした歯ざわりは心地よいが肝心の豚の味が出てこないのが残念。カレーは上手く作ってあります。それ自体が香りがあって上出来。焼飯も単品で食べても十分美味い。で、三種が一皿に出てくるからにはなにかあるはずですが、三種一皿のハーモニーなり調和は感じませんでした。ランチも三種あるから次はそちらに挑戦しよう。2008-09-01
京都府京都市上京区下長者町六軒町東四番町 電話075-463-8739 予算\3,900-
四十年近く通っている店です。私は焼肉は石垣のやまもと以上にこの江畑が美味いと感じている。肉が美味いこと。ご主人の焼き方に対する信念的こだわり。そしてタレが抜群に美味い。昨日食べたのがレバー生二人前、タン生、センマイ生。生はタレがかかってねぎとからしが付いてきますがご主人はタレをつけすぎると肉の甘みが分らなくなると云われる。そのとおりですがタレとからしをたっぷりつけたレバは絶妙。焼肉はすべてタレで注文。天肉二人前、バラ二人前、盛り合わせ。それに焼にんにく。どの肉も答えようのない美味さで肉自体の味と香りと舌触りが抜群で焼加減をみて勧められます。ご主人はタレとは別におろし醤油を出してくれて「タレで食べるのもよいがこっちが一番美味い」と云われる。その通り。焼肉にスープは欠かせないのがこの店。各種部位の肉でとったスープの味は格別に美味い。肉や野菜の具も美味い。この店に来て欠かさないメニュー。今日は訳あってごはんを注文。そしていつもの味噌汁とどぼ漬。これが焼き肉屋の出すものかと云うくらい美味い。そして焼肉でごはん。はじめてだけどなんて美味いんだ。最高。これだけ二人で食べて七千九百円。信じられない値段も通う理由です。場所は裏通りで分りにくいところですが、すっぽんの大市のすぐ近くです。2008-08-31

京都府都市下京区東塩小路町1-514 電話075-343-3018 予算\980-
東京銀座に本店があって主要都市と東京に40店ほどの店を出す。ポルタ地下街にあって入り口で見えるように天ぷらを揚げている。昼夜とおしてサービス定食が九百八十円。今日は海老二匹、キス、鱧、さつま芋、茄子、唐辛子を揚げる職人さん自ら三回に分けて揚げたてを運んでくれる。胡麻油の香りが少し強めのしっかりと揚げた天ぷら。つゆが二種類テーブルにあるが薄口辛い目を使った。といってもほとんど塩で食べるのが私の天ぷら。ネタは新鮮で上出来です。ご飯に味噌汁、茶碗蒸しと漬物がついて、天ぷらの最後に揚げだし豆腐が出てきます。ご飯はお代わり自由。これで九百八十円は安くて美味くて満足です。2008-08-27

京都市左京区岡崎北御所町46 電話075-771-5893 予算\900-
昼食に行くと待ち行列。20分ほど待って入れた。その後空いてきて待ち時間はなくなった。オムライス九百円を頼んだが隣の若い四人が大盛りを食べているのを見て変えてもらった。食べきれないほどの量で普通で十分です。四百円もアップしますし。確かに美味いオムライスです。昔懐かしい感じの味付け。他にも昔の洋食屋さんが出していたメニューは全てあります。かなり歴史のあるお店で開店当時の「ロケット配達」の広告がメニューにあります。そうですね洋食が食べたくなったら行くかな。2008-08-13
京都府京都市下京区大宮通七条下ル御器屋町70-1 電話075-371-0058 予算\700-
お昼に牛鍋定食が七百円で食べられる。夜はすき焼きやステーキを出す店。牛鍋には牛肉、豆腐、こんにゃく、青菜、生卵が割り下で炊いて出てくる。ご飯とサラダと漬物に味噌汁がついてくる。牛鍋は美味いです。この値段は特別に安く感じますね。2008-08-05

京都府京都市南区唐橋芦辺町1-13 電話 075-681-4872  予算\999-
新千本の十条を上がったところにある。間口の狭い店は奥に長い。入り口のカウンターで食べた。ハンバーグは300gを注文。ボリューム満点です。肉の味も十分です。ただ、つなぎの匂いが気にかかった。デミグラソースの加減も上出来。ご飯と味噌汁がお代わり自由です。2008-08-03

京都府 京都市伏見区竹田中内畑町24 電話075- 612-2010 予算\1,000-
新堀川の名神高架を南に行ったところにある店。本店は桂。オリジナルハンバーグ300gにご飯、味噌汁、サラダ、漬物がついてランチは998円で食べられる。ハンバーグに箸を入れるとジュバッと液体が出てくる。肉汁にしては多すぎるからこねるときに何かを入れているのだと思う。その液体はほとんど皿に流れてしまうのでサラダのドレッシングと化す。味は分らない。肝心のバーグは肉の味に少々の不満が残る。300gといっても液体分を差し引くとどうなんでしょう。もともと液体の持つ意味が分らない。2008-08-01
京都府京都市中京区車屋町通二条下る仁王門突抜町322 電話075-231-3446 予算\630-
烏丸御池の一本東の通りを北へあがると古い構えの店が現れる。二階へ通された。メニューを見てかけそばはすぐに決まったがもう一品をせいろにするか小丼にするか.......小さい卵丼にした。かけそばにはきざみネギと天かすが別皿で出てくる。この蕎麦の出汁が素晴らしい。醤油をほんの少しひかえてあってコクといい奥行きのある、味わい深い出汁です。蕎麦は少し細い目でこれも香りがよい。玉子丼も甘くなく辛くなく美味しいのひとこと。次は千四百円する天せいろを食べよう。2008-07-31
京都府京都市中京区三条通寺町東入石橋町13 電話075-212-3581 予算\1280-
全国展開するトンカツ屋の本店。三条寺町は入口が細い路地で石畳の向こうに広い店。みそかつ膳を頼んだ。味噌は少しの甘さを感じさせるほどよい加減の味噌でカツはロース。きざみねぎが寄せてある。キャベツの細切りにゆずドレッシングをかける。かつくら漬けは小さな壷に入って置いてある。これが美味い。キャベツと味噌汁と麦の混ざったご飯はお代わり自由。以前にロースカツを食べたことがあるがどちらも美味いですね。2008-07-30
京都府京都市中京区西ノ京小堀町2-99 電話075-822-0722  予算\780-
海外へ一ヶ月出ると食べたくなるのがラーメンとカレーライス。期待して行った。ポークカツカレー七百八十円を頼んだ。他に千円以上するカレーが並んでいたが安いのにした。小さなコンソメスープと小さな野菜サラダが付いてくる。ルーは酸味を真っ先に感じた。辛さはない。コクや旨味が物足りない。カツも小さくてトンカツらしくない。ふーむ。2008-07-29

京都府京都市下京区室町通松原上る高辻町587 電話 075-351-4211 予算\1,000- 
ビストロ希味の和食店。昼のランチを食べに行った。座敷の向こうには坪庭。二階席もあるのか階段が。予約なしだと座敷に通される。寿司は鯛やイカ、海老など九貫と超太巻が一切れ。これだけで千円の値打ちあり。酢飯がほんの少し酸いかったが常識範囲。太巻きにフライも巻いてあった。吸い物はとろろ昆布に生姜が少しのおすまし。湯豆腐に目の前で火が入る。デザートはコーヒープリン。絶対お得な寿司ランチであります。2008-06-26

京都府京都市東山区福稲御所ノ内町2-14 電話075-541-7592 予算800-
JRと京阪の東福寺駅近くの店ですが踏み切りを西へ渡って高架下の細い道の十字路にある目立たない店。河原町九条に事務所を構えて夜更けまで仕事をするときの夕食の出前を度々頼んだ店。トンカツが主ですがハンバーグやフライなど洋食の店。十五年ぶりにローストンカツ定食八百円を食べた。カツはSPF清浄豚でソースも自家製。ご飯は頼めば自家製の発芽米ごはんが食べられる。とにかく食材や水にこだわりを持つご主人です。肝心のロースカツ。ソースが勝っているなと最初に感じたがカツはやはり美味い。脂身の上品な香りと柔らかくはないが美味い赤身。発芽米が事の他美味かった。2008-06-25
京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町901京都駅ビル拉麺小路 予算\650-
博多は大名に本店のある店。スープは豚骨でとろっとしたスープで美味い。麺は細麺でスープがよく絡む。キクラゲと刻みネギが乗ってチャーシューは薄いが大きいのが一枚。チャーシューも美味い。替え玉半分百円を注文したのは美味かったから。2008-06-24
京都府京都市左京区浄土寺西田町100-28 電話075-752-3060 予算\600-
美味いラーメンを食わせる店が多い京都のラーメン中心地。塩はモンゴル、出汁は豚骨に鶏に魚、麺は細麺。塩ラーメン六百円を注文。昼時はご飯がサービスで出てくる。一口スープをすすって美味いと声が出そう。透明なスープはトリプルのバランスが整って良いハーモニー。塩も濃くなく加減よし。大きいチャーシューが二枚。とろけそう。キザミ白ねぎと水菜が珍しい。焦がしねぎの細かく刻んだのが浮いていて香りが良い。細麺がスープに絡んでとても美味いラーメンです。2008-06-20
京都府京都市南区唐橋高田町42 電話075-691-1991  予算\240-
相当前に行ったことを思いだして再訪した。行列のできる店で持ち帰りも列を作っている。テレビや雑誌に度々出ているだけあって美味い。餃子がマイルドな美味さ。汁物がないと食べにくいので醤油ラーメンと餃子一人前を頼んだが、隣の客はライスと餃子二人前。聞くとライスにスープがつくらしい。餃子が美味かったので二人前にすれば良かったと思った。醤油ラーメンもさっぱりしたスープで麺も美味かった。ここの餃子なら台湾に店を出しても人気が出るでしょう。2008-06-16
京都府京都市中京区西木屋町六角山崎町236-6 電話075-231-0872  予算\750-
四十年も前の若い頃、この店のカレーを好んで食べた。久しぶりに来てみると同じ店でやっているじゃないですか。中では中年の女性が一人で切り盛りしていたが、当時はおじさん一人だった。聞くと「そうでしたね」と云われるから家族でしょう。ビーフカレー七百五十円を注文。当時と同じくライス全体にシャバシャバのカレーがかかっている。真ん中にビーフが六切れほどのっかている。これまた当時と同じくキュウリと大根の淺漬けが小皿で出た。違ったのはミニサラダも出たこと。カレーの香りが気分よし。口に入れてすぐに当時と同じであることを思い出した。少しだけ酸味があるのは記憶にないがこれはこれで美味い。2008-06-13
京都府京都市中京区河原町通三条下る3丁目東入南車屋町281 電話075-221-2818 予算\750-
大正の創業はこの本店と大丸など二店の店を出す老舗の蕎麦屋。若い頃木屋町に飲みに来て帰りによく寄った店。ざるにしようか迷った末、温かいきつね蕎麦を頼んだ。出汁をひとすすり。あっさりしているがしっかりとしたうま味のある出汁です。蕎麦も蕎麦らしい香り。きつねが私には甘すぎた。ざるにすれば良かったとこのとき思った。2008-06-13
京都府京都市下京区高辻通東洞院東入三軒町551 電話075-344-6623 予算\700-
本日のセットは塩ラーメンとチキンライスで八百円を頼んだ。塩ラーメンは少し醤油色がする透明スープに手揉みのちぢれ麺。スープを二口すすって唸った。これでこの店の実力が分かる。コクがあってうま味があって塩加減が素晴らしい。石垣の二種の塩を使っているらしい。次に麺を食べるとすごく腰がある。ちぢれ具合も喉越しがよろしい。チャーシューは大きめの分厚いのが一枚。これが口に入れるととろける柔らかさで香りが素晴らしい。シナチクは細い目であの缶詰臭さは全くない。刻み白ネギと何故か麩。そして東京流の海苔。新宿のことは何も分からないが、この味なら何処へ行っても胸を張って出せる。チキンライスも良かったよ。2008-06-11
京都府京都市下京区黒門通木津屋橋上る徹宝町403 電話075-371-0722 予算\850-
七条の大宮通から一筋東の細い道にある老舗のトンカツ屋。昔は市内に沢山の支店があったが、今はこの店だけ。トンカツヤチキンカツ、ステーキまである。トンカツ八百五十円とチキンライス五百円を食べた。チキンライスもなかなか素朴な味でお気に入り。トンカツの脂の香りが素晴らしい。ソースは独特のものがかかって出てくるが、決してでしゃばってはいない。店構えが古いが昼時は近くのサラリーマンでいっぱいになる。2008-06-10
京都府京都市下京区西七条南月読町98 電話075-313-0303 予算\780-
西大路七条を西へ春日通りの手前南側にある間口二間の店だから見逃しやすい。Danchyuに取り上げられたので行ってみた。昼のロースカツランチ七百八十円を注文。食前に胡麻がすり鉢で出てくるので待つ間胡麻を擦る。それにソースタレを入れてカツをつけて食べる。粗挽きのパン粉はサクサクと歯触りが良い。ロースはほどよい脂の具合でその脂の香りが素晴らしい。トンカツは脂の香りで半分決まると思っている。肉は硬くもなく柔らかすぎず。ちょっとジューシーさに欠けるのが気にかかった。ご飯のお代わり自由。野菜具だくさんのみそ汁、漬け物、生野菜はキャベツの千切り。このボリュームとカツの内容としては安いと思う。2006-06-03
京都府京都市上京区五辻通智恵光院西入五辻町75 電話075-441-4004 予算\800-
昼は親子丼だけを出す。夜は水炊きなどが食べられる老舗。植え込みの中庭を見下ろす二階の和室に通されたが観光客が並んで待つのに一人でひとつの卓を占領するのに気が引けた。
出てきたスープをひとくちすすって「うまいっ」と声を出しかけた。このスープでの水炊きは美味いに違いない。続いて親子丼を口へ。これが絶品。玉葱を使わず卵と鶏だけ。こんなに美味い親子丼ははじめて。 玉子の旨味と鶏肉の旨味がしっかりと味わえる。私にはほんの少し甘いめだが許容範囲。八百円でここまで幸せになれる。2008-05-28

京都府京都市中京区烏丸二条下ル秋野々町534 電話075-231-0569 予算\780-
昼時は店の前に行列が出来る有名店。祇園縄手に同名の店は丼でなく水炊きなどの鍋を出す店。同名だから無関係ではなさそうだが聞いていない。昼はとり安定食と親子丼、玉子丼、それに今回食べたから揚げ丼七百八十円。赤出汁とたくあんがついている。すごく期待していたが結果は裏切られましたね。玉子がサラサラで玉子らしい味がしない。唐揚げはからっと揚がった鶏の主張が強い。ご飯がいつ出てくるかわからないほどから揚げだらけ。出汁も味わいが薄い。結局、印象に残ったのはカリッと揚がったから揚げだけでした。2008-05-12

京都府京都市中京区河原町三条上ル恵比須町435-2 電話075-251-1567 予算\580-
ストレートの細麺に鶏がらスープはしょうゆ味。スープがあっさりとしているがコクも味も上出来。細麺によく絡んで美味い。チャーシューも上品な味です。私はシナチクは好みませんがこの店のは嫌味がない。値も六百円を切って上出来です。2008-05-09

京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町901京都駅ビル拉麺小路 予算\630-
お紫ラーメンなる和風とんこつ醤油ラーメンを食べた。あっさりが売り物らしいが確かにあっさりでインパクトがない。麺は少し太めの少しちじれている。キムチが無料ですが少し甘い。ふーむ、もう一度行くかと聞かれたら、行かないと答えますね。2008-04-09

京都府京都市東山区祇園町南側570-50 電話075-533-0222 予算\6,000-
オーナーシェフの若菜さんは十年前に滋賀のロイヤルオークのシェフから独立された方で、オークでは彼の美味い料理を食べさせてもらった。十年ぶりにお会いして彼は私を覚えていなかったが私は顔を思い出した。予約なしで行ったがたまたま空いていたので入れた。ブルジョンコース八千四百円を注文。天然ひらめの縁側」とウニとキャビアの冷製は縁側の新鮮な歯ごたえと香りがよし。ホタルイカ、ホッキ貝、さくら鯛のゼリー寄せは、ゼリーの冷たい舌触りと上品な味付けが際立ち、それぞれの素材の旨味を引き立たせている。その皿に高知の国吉さんが栽培する黄金みかんが添えられていて、小粒のみかんは程よい酸味と素晴らしい香り。続いてスープはムール貝、オマール海老、ハマグリのクリーム仕立てはハマグリのジュースでとてもまろやかで潮の香が良い。魚料理はクロムツの焼き物と貝柱、ホワイトアスパラ、ほうれん草がソースで仕上げてある。クロムツが際立って美味い。素材の厳選振りがここまでで十分わかる。肉料理はフォアグラとステーキのシェリービネラソースでレンズ豆とゴボウが添えられている。この一皿でうならされました。美味い。最後のデザートはチーズ盛り合わせに変えてもらったが六種ほどの珍しいチーズばかりでボルドー一本で足らずグラスワインを一杯。外人客もいましたよ。窓からは国立博物館がライトアップされた姿が見え、あたかもフランスにいるようです。もっと早くに行けばよかった。2008-03-22
大和大路七条上るから東山安井東大路通西入ルに移転されました。

京都府京都市伏見区下鳥羽城ノ越町90 電話075-621-8238 予算\600-
昼時に行くといつもいっぱいの客が入っていて、待つこともある人気店。麺は中細のストレートでスープが独特の味を出している。聞いても答えてくれないだろうから想像ですが豚骨と鶏がらを中心にしたスープ。現に鉢に入れる直前の釜には二つの別の鍋から継ぎ足される。このスープはちょっとだけネットリ系で、食べ終わったあとに唇にほんの少しネットリ感が残る。
天一のようなゴテゴテネットリは私は好まないけど、この店のスープは好き。醤油のタレを鉢に注いでスープを満たした中に麺が入る。美味いですよ。2008-03-19
京都府京都市南区吉祥院這登西町30-8電話075-672-6330 予算\590-
京都では好きなラーメン屋のひとつ。市内に幾つか店がある。吉祥院か南インターへ行くことが多い。昭和47年に吉祥院で屋台から始めたとある。麺は普通のストレートでスープは豚骨の醤油味で化学調味料は使っていません。ネギと辛みの元がテーブルに置いてある。出汁と麺の絡み具合が好きです。ピリ辛餃子も美味い。2008-03-17
京都府京都市中京区御幸町通錦小路下る大日町416-5-2 電話075-212-0656
御幸町通にある路地を入る店。店は窓が広く小奇麗にしてある。ランチで一番安いスアンランチセット千二百円を注文。鯛切り身の南蛮漬けは酸味よりねっとりした油がインパクトあり。生春巻きと鶏の身のさっぱりソース和えは鶏が上手く処理されてソースとの相性がよい。野菜と共にせんべいに乗せて食べます。生春巻きはあまり好きではないのですが味噌ダレに漬けて食べます。このタレが独特でした。最後にお粥かフォーを選べます。海老でフォーを頼みましたがスープがあっさりしすぎで物足りないのでヌクマムと唐辛子を相当入れました。フォー自体はあんなものですがスープに深みのある味を出して欲しいなと思ったのですが、次回は違うものを食べよう。でも、アラカルトのメニューはなかったなあ。2008-03-13
京都府京都市南区東九条中御霊町40-2 電話075-661-4035 予算\1,890-
会社の近くにあって何度も行った店だが昼のダイエットで途絶えていた店。28周年記念特別メニュー\1,890-を食べた。これは昼の限定メニュー。パンプキンスープは滑らかな口当たりにほのかな甘みがふわっと口の中で広がる。とても美味しいスープです。単品で\700-なのにね。サラダは梅しその爽やかなドレッシング。プレートにはカキフライ二個が独特のタルタルソースがたっぷりかかっている。これがカキとの相性が抜群。ハンバーグにかかっているソースは少し甘めですが肉の味を引き立てます。中型の車えびを食べやすいように殻付きで開き、オーブンで焼いてからウニを全体に塗って炙ってあります。ウニの香りと海老の焼けた香りが食欲をそそります。これにライスとアイスクリームが付いています。安いでしょ。ビーフシチューが美味そうだから日を改めて夜に来よう。2008-03-12
京都府京都市中京区錦小路通富小路西入東魚屋町177-2 電話075-221-0648 予算\1,500-
錦の中にある川魚専門の店で、錦を通ると三回に一回くらいここの鰻の蒲焼を買って帰る。以前は高い天然物を買っていたが養殖でも養殖業者を選べば美味いと分かってからは二枚で三千円くらいの品を買って帰る。もろこなどの煮付けも売っているが蒲焼しか買ったことがない。この店は京都で有名な「なかひがし」に納めている立派な伝統ある店です。こんどは蒲焼以外のものを買って帰ろう。2008-03-11
京都府京都市下京区烏丸通松原上る因幡堂町679 電話075-361-7710 予算\1,200-

正午過ぎに入って空いているから拍子抜け。十分後には満席になったが、数年前に来たときは待ちがあったように記憶している。しおタンランチ千二百円を注文したが、他の客は八百円の日替わりランチばっかり注文している。タンの塩焼きと麦飯にとろろ、テールスープと香の物。スープと麦飯はお代わり自由だった。タンは薄っぺらで噛み切れないほどの歯ごたえ。仙台のタンを思い浮かべて、これもタンと言うのかと思った。スープはどうも味がおかしい。たぶん化学調味料が入っている。それは食後に分かるのだが喉が異常に乾き口の中までその乾く感じが長時間続くのです。その感じが嫌いなのです。どんな料理でもスープは食材から作るのは基本だと思う。私の間違いであって欲しいが。。。。。千二百円の定食と八百円の定食の違いはタンか肉かの違いなのだが、固定客を呼ばんがための日替わりとの差がありすぎる。五割増しだもの。以前はもっと安かったと覚えている。2008-03-11
京都府京都市伏見区深草キトロ町33-7 電話075-642-6161 予算\670-
師団街道にある本店に行った。城陽にも店がある。店主の「まいどぉ」という独特の言い回しの挨拶で迎えられる。皿うどん\670-を注文したが、チャンポン\650-や昼定食各種\700-も過去に食べたが美味い店。 皿うどんはとてもあっさりした味付けで、一口目の細い揚げそばの香ばしさがなんとも言えない。量は少し多めと感じます。少しだけ化学調味料が入っているのが残念。2008-02-27
京都府京都市南区東九条西御霊町28-2 電話075-661-2456 予算\690-
四十年前、会社に就職した時分に同僚と何度か来たことのある店で「わらじトンカツ」で有名だった。今の会社に近いが何故か行こうとしなかった店。たぶん不味いだろうと思い込んでいたのだろう。入って客の多さに驚いた。レトロな雰囲気の店は繁盛の様相。いろんなメニューがあるがトンカツ定食\690-を注文。トンカツと野菜、味噌汁にご飯と香のもの。トンカツは身と衣が剥がれやすいが一口目で香りのよい脂がジュワッときた。この肉なら上出来だ。他の皆さんは日替わり定食を食べる方が多く、魚フライに目玉焼き野菜など、スープとライス、コーヒーがついて\690-は安いよな。コンビニ弁当食べるくらいならここにしよう。懐かしいスコッチエッグもメニューにありました。2008-02-26
京都府京都市下京区水銀屋町620 COCON烏丸B1 電話075-361-9899 予算\630-
スープは野菜と鶏から18時間煮込んで抽出、あっさり味で少しこってり感のあるスープは私はあまり好みではないが,
昼時に待ちがあるのは人気があるから。麺は細麺です。化学調味料は使っていないと思いました。味はまろやかだけど切れが感じられない。2008-02-18
京都府京都市下京区烏丸通松原上る因幡堂町675 電話075-351-1995  予算\250-
とにかくこれ以上安い弁当はないでしょう。テレビでも紹介されたが京都に何店かあります。六種類くらいが店に並んでいて、鶏唐揚げ、ハンバーグ、トンカツ、白身魚フライ、などなど。鯖の塩焼きとトンカツを食べましたが、鯖は美味かった。ご飯も少なくありませんしお弁当として十分です。とにかく安いのに万歳点を差し上げますよ。2008-02-15

近畿  京都府京都市中京区錦小路通東洞院西入元法然寺町683  電話 075-211-2239 予算\780
今日は名物と書かれた「とりごはんセット」\780-を食べた。鶏のから揚げを半分に切ったのが4片のって醤油タレがかかっていて海苔がのっている。鶏がカラっと揚がっていて香ばしく、タレも加減がちょうど良くて相性が良い。それに讃岐うどんがついてくる。うどんはコシがあって喉越しもよろしい。前回はラーメンとシャケ卵のミニ丼を食べたが、あまり記憶に残っていない。昼時は満席で待つのはあたりまえです。2008-01-18 

近畿  京都府京都市下京区烏丸通り五条下ル大坂町404 電話075-352-2929 予算\580-
スープは豚と鶏から抽出、醤油味で背油がたっぷり。麺は細麺です。化学調味料は使っていないと思いました。味はまろやかだけど切れがあって深みのある味。細い麺に良く絡まって美味い。2008-01-11

京都府京都市下京区塩小路向畑569 電話075-371-7648 予算\600-
たかばしにある京都では有名なラーメン屋で創業50年。朝の7時半から営業する珍しい店。並が\600-で特大新福ラーメンが\800-。スープが独特ではじめて見ると、なんじゃこれと思う黒さ。でも醤油辛くはありません。醤油味でコクのある味。とんこつは使っていないようですが豚肉は使っているように思います。30年くらい前から行っている店ですが、10年ほど前までの麺が最高でしたが、今は断面が丸いストレート麺です。この麺に変わってから行く回数が減りましたが、久しぶりに食べると大勢の待ち行列ができる味だと納得。焼き飯も美味いです。2007-12-14

近畿 京都府京都市右京区京北周山町宮ノ下5-1 電話0771-55-0019 予算\800-
国道162号は周山の町の北の外れにあるお洒落なカフェ。オムライス\800-とスープ、ハンバーグ、目玉焼き、ライス、サラダの付いたデイランチ\850-を注文。この店は何故か前払い。オムライスはバターライスをふんわり玉子で包み、デミグラソースがたっぷりかかっている。それぞれの味は良いのだけれどお互いの味付けに調和が欠けるように感じた。でも美味いです。ハンバーグは何か分からないがスパイスが効いている。これもボリュームがあって上出来です。2007-07-01
近畿 京都府南丹市園部町埴生赤尾13-6 電話0771-65-0024 予算\750-
国道173号は湯の山温泉を過ぎると食べる店がない。このうどん屋がそれだけに目立つ。土曜の昼時もあってテーブル席が満席。肉うどん大盛り\850-と玉子丼セット\800-は小うどん付きを注文。うどんは讃岐そのものです。太い麺の、喉越しの味は良いですね。肉も丹波牛とあって肉の味が素晴らしい。出汁は肉を煮た関係で少し甘めですがこれがよく合っている。玉子丼は普通の評価です。付いている小うどんの出汁が少し物足りなく感じました。2007-06-30
近畿 京都府京都市右京区京北上弓削町鴨瀬6-1 電話077-154-0822 予算\600-
周山街道沿いにあるログハウスの店で店内に薪ストーブがあってライダーが沢山来ていた。カレーライス大\750-とバタートースト\350-を食べた。カレーライスのご飯が丼に押し込んだようにべちゃっとしていてがっかり。おまけにルーが甘口でコクもない。食える限度でした。2007-04-02
近畿 京都府京都市左京区花脊原地町大悲山 電話075-746-0231 予算\35,000- 二食付宿泊料金
京都の奥座敷、花脊は大悲山、峰定寺の門前にある。山深いのが何よりの宝。携帯は全く繋がらない山奥。宿には嬉しいことにテレビもない。一夜に四組しか泊まれない宿。部屋は広く二つの座敷から続く涼台では、小川や山の木々を見て、自然を感じながらお茶をすする。時間が経つのを忘れます。部屋の洗面トイレの部屋は床暖房。和室もエアコンの吹き出し口が床の直ぐ上だから気持ちがよい。到着時の接客は番茶に始まり、おうすとお饅頭。そして食前の薬酒。風呂は別棟に小さめの風呂と少し大きい風呂があって、他の客と一緒にならぬように入れてくれる。風呂からも眼下の小川が見られる。肝心の料理ですが、先ずは杯に錫の徳利に冷やされた清酒。これが濃い味わい。先付けに川エビ、アマゴ、白和え、蛤など。これで美山荘の実力は計り知れます。とにかく素材の味を上手く引きだしている。申し遅れたがワインも各種取りそろえておられ、ブルゴーニュの安い方\6,000-をいただいた。汁物はヨモギ麩の白みそ仕立て、ヨモギの苦みがとても良い具合。刺身は鯉ですが醤油でいただいても全く臭わない。続いて山菜の天ぷら。このみ、タラの芽、蕗の薹、タンポポ、にんにく行者、スイ葉など全部覚えられませんでしたが、山菜がこんなに美味いものだと生まれて初めて知りました。塩でいただきますがこの料理が最高でした。蒸し寿司にはシラウオとゼンマイが乗っています。飯の味最高。吸い物は甘鯛と山で採れるものとウド。アマゴの付け焼きはぷりんぷりんで甘さ加減が絶妙。筍、ゼンマイ、菜の花の煮付けは素材の味の邪魔をしない味付け。仕上げにセリご飯と香のものですがおかわりをしてしまいました。苺とアイスクリームがデザート。書けなかった料理も幾つかあります。そうですね、皆さんおっしゃいますが、最高の料理と宿です。2007-04-01
近畿 京都府京都市下京区烏丸通 五条下る大坂町392豊栄ビル 電話075-352-1113 予算\750-
味に自信ありという看板につられて入った店。500ハンバーグなる\500-のものを注文。OGビーフ100%のハンバーグは焼き加減が少しレア。ソースは三種から選ぶが私はデミグラで注文。木の皿にのせた鉄板はジュウジュウと音を立てて出てきた。もやしとブロッコリとフライポテトが添えてある。ライスは皿で。美味いです。これはいけるハンバーグでこのセットで五百円は値打ちあり。ステーキ等もある。2007-01-26
近畿 京都府相楽郡笠置町笠置隅田24 電話0743-95-2892 予算\1,050-
笠置にはここくらいしか食べるところがなくやむなく入った。以前に風呂に入りに来たが高くてろくな設備でなかったから悪い思い出しかない。わかさぎ定食\1,050-はキジ釜飯と小鉢、山菜蕎麦がついている。釜飯は釜によそっただけで炊いてはいない。味は極普通の炊き込みご飯。牡蠣フライ定食\\1,260-は分厚い衣に包まれた牡蠣フライが五六個とよせ豆腐に小鉢とご飯。不味くはないが美味いものでもない。2006-12-02
近畿 京都府京都市東山区大和大路三条下る大国町137 電話075-532-1335 予算\750-
旭川ラーメンの有名店が京都にできたので行ってみた。三組ほどの待ち行列の後、塩ラーメン\750-を食べた。店の名前のイメージで美味いと思いこんで食べたがこの味でこれほど店が出せるのかと呆れた。店の雰囲気とか造りは凝っているが、肝心のラーメンは私の中では落第に近い。2006-04-11
近畿 京都府京都市中京区寺町二条榎木町71-1 電話075-211-5220 予算\2,200-
フランス料理をリーズナブルに食べさせてくれる店。私はキノコを炒めたサラダ\900-と鴨肉のオレンジソース\1,400-をブルゴーニュのワイン\3,500-でいただいた。パンには独特のペーストが付き、オリーブのピクルスも添えて出てくる。サラダは生野菜と炒めたキノコの相性が良くしゃきっとした口当たりがほどよいドレッシングとマッチしている。鴨肉はオレンジソースが少し勝っているがあまり上等でない肉を良くカバーしている。食後にカプチーノ\500-。これも美味い。この価格で上出来のお店は月曜でも満席でした。2006-04-11
近畿 京都府京都市東山区大和大路新橋東入ル元吉町69-3 電話075-551-3716 予算\10,000-
村澤牛フィレ150g、村澤牛ロース200gがそれぞれ\6,500-。鮑のステーキ100g当たり\2,500-が自慢の料理。フィレと鮑をいただいたが肉はとびっきり美味い。肉汁といい肉の香りといい最高です。この値段も魅力にひとつ。村澤牛の寿司もいただいたが肉は焼くに限る。コース料理もあるし、寿司から韓国料理など多種多彩な料理が味わえる。一階がカウンターとテーブル席。二階に座敷もある。2006-02-19
近畿 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町16 電話075-761-0201 予算\5,000-
京都岡崎の豪邸が集まるところにある私学共済の料理旅館で、食事だけでも入れる。庭に面した襖絵のある部屋で八千円のコースを食べた。庭の雰囲気も落ち着いていて食後に池の周りを歩いたが、庭園で食事ができるだけで値打ちがある。肝心の料理は美味いのだけどもう少しというところだった。2006-01-27
近畿 京都府京都市東山区大和大路通四条上ル二筋目東入末吉町78-3 電話075-525-8187 予算\5,000-
路地を通って店に入るとカウンターが堂々と居座り、料理人側も客側も広いスペースでゆったりと落ち着く。祇園の白川が窓の傍を流れ、川には鴨などの野鳥が訪れている。桜の季節はさぞかし賑わうだろう、この景観は京都でも滅多にないものだ。料理は当日予約は五千円しかないが事前予約だと八千円、一万円もある。肝心の料理だが出汁にせよ煮付けにせよ味に深みがないのが残念だ。刺身を泡醤油で食わせたり鮎の塩焼は薬草で包んで食わせ骨、尾、頭を唐揚げにして出すなど工夫は感じ取れる。2005-07-16
近畿 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 ホテルグランヴィア京都M3階 電話075-342-0808 予算\10,000-
テーブル席に座ったがそのテーブルの配列が全くおもしろくない一直線。窓からは駅の雑踏が見えるが、そんなもの見せない方がまし。料理も値の割に味わい深いものがなく浅い味。有名店もここまで落ちると二度と行きたいと思わなくなる。2005-06-14
近畿 京都府京都市中京区先斗町通三条下る材木町 電話075-223-0707 予算\2,500-
ジャズを聞きながらバーボンをひっかけるお気に入りの店。先斗町の狭い階段を上がるとカウンターとテーブル席に15人程入れる。ここでブッカーズを呑むと怪しくなる。2005-01-02
近畿 京都府京都市中京区二条河原町西入る 電話075-211-2929 予算\8,000-
ホテルフジタのステーキの店の出身が主で、往時は名を轟かせていた。事情があって今の店に落ち着いたと聞く。肉は正直言って脂がまわりすぎて肉汁も肉の香りも薄い。期待はずれだった。2004-09-12
近畿 京都府京都市中京区高倉錦小路下る 電話075-231-9240 予算\7,000-
店は五人も座れば満席のカウンター。ご主人と奥さんが仲良く営む店で、錦で仕入れる魚は自分の目で厳選される。寿司の盛り合わせを食べたが鰺がとびっきり美味い。季節が鱧のない時だったから二人は是非その季節にお越しくださいと言われる。この店には穴子丼とミックス丼が有名でそれらは寿司飯を使っている。次は食べてみよう。2004-04-25
近畿 京都府京丹後市丹後町袖志149-1 電話0772-76-0018 予算\1,000-
イカの煮つけ定食を食べたが、プリンプリンのイカで美味かった。隣で千円のうに丼を食う知人は、こんな美味い丼は初めてだと云う。たしか、礼文島では三千円くらいだったのに.....。次にくるときはこれにする。2004-03-21
近畿 京都府宮津市鶴賀2066-56 電話0772-22-0015 予算\3,000-
地元でとれた新鮮な魚介類がメインの料理だが、焼肉から豆腐まで一品の種類はとても多い。それにカレーライスから丼までめし類も何でも揃えている。夕刻には満席になって表で並んで待つのは、美味くて安いから。普通の居酒屋の半分まではいかないが三割は安いと思うし、まずいと思うものがラーメンくらいしか見当たらない。2004/3/20 2004-03-21
近畿 京都府京都駅ビル10階 京都拉麺小路 電話075-361-4401 京都駅ビルインフォメーション 予算\650-
宣伝に「見た目コッテリだがクドさのないスープ、歯切れの良い固麺」とあるがそのとおり美味い。2004-03-08
近畿 京都府京都市左京区南禅寺門前 電話075-761-2311 予算\3,000-
京都らしい庭園で食事ができるからお客様の昼ご飯に案内するが、料理ははっきり言って二流です。2004-02-12
近畿 京都府京都市上京区御幸町三条下ル 電話075-212-7778 予算\10,000-
京都の名旅館俵屋が出すお店で二階がこぢんまりとしたカウンター席。三階が部屋。天ぷらは目の前で揚げてもらって食べるのが一番だからカウンターでしょう。素材は京都の野菜や若狭の魚などを意識しておられる。京野菜はその香りが素晴らしいし海老もプリプリで芯が数ミリ透明に揚げる加減が良い。最近数種の赤ワインも置かれるようになった。2004-02-12から何度も訪問
近畿 京都府京都市下京区烏丸仏光寺通東入一筋下ル 電話075-371-2552 予算\10,000-
八日市の招福楼ご出身の主人が営む店で小路を少し入ったところに町屋を店にされている。小さな坪庭の奥は六人用の座敷でほりごたつ。店の真ん中はテーブル席。そして入り口に数人が座れるカウンターがある。落ち着くのは座敷だが予約でもすぐに埋まってしまう。料理は一万円からあるがその内容は有名料亭の三万クラスと思う。毎月料理の内容が変わるが、季節感のある食材を多用しておられる。味といい、包丁さばきといい最高です。器がこれまたびっくりするような高級品を惜しげもなく使われる。京都に来られる私の客は必ずご案内しますが、全員大満足をいただきます。2004-02-11から何回も訪問
近畿 京都府京丹後市丹後町間人1645-2 電話0772-75-1115 予算\700-
田舎だから期待せずに注文したけど、中華丼も皿うどんも美味いのにびっくり。2003-10-19
近畿 京都府舞鶴市字和江587 電話0773-82-0262 予算\700-
意外と良心的な味と値段でした。釜飯定食がうどん付で\700円です。店先で買った柿と梅干が沢山入ってどっちも\300円。2003-10-18

へ戻る