楽言楽夢へ戻る

廃材は薪に



ブドウハウスを解体した廃材で柱以外の木材は釘の付いたまま切って薪にしました。コンテナ二台になったから相当な量で、二三年後には丸型ストーブで焚いてパンやケーキを焼くときに使います。

合板は釘を抜いて再利用します。柱は割れた部分を切り捨てて次のハウスに再利用です。

網はずたずたに切っているのでゴミにしかなりません。木材が再利用できると言うのはコストとしても環境問題にしても良いことです。

廃材の薪化は終わったので、再利用のための柱と合板の釘抜きや切断の作業にかかります。

へ戻る