楽言楽夢へ戻る

屋根の完成



屋根の下地の野路を張って金属製屋根を張り終えました。



下地はナイスさんでいただいた合板の端材を使い、屋根材は久木野工務店さんでいただいた雨戸を解体したもの。

雨戸は薪を乾燥させて保管するのに桐生の山の屋外で使っていたもの。野積みした薪の上に乗せて雨をしのいでいたのですが、屋内にコンテナで保管乾燥するように変わって不用品になってきたものです。

雨戸のアルミ製枠を解体すると立派な波板になります。ただしメーカーによって波のピッチが異なるので同じピッチを集めました。ストーブ煙突周りが苦労した部分です。逆勾配にしないと煙突を伝って雨が落ちるから。

次は壁部分の防雨です。このままでは風のある雨は中に入るから。

へ戻る