楽言楽夢へ戻る

落葉



雨上がりの庭を歩くと綺麗な桜の落ち葉が落ちている。

春に花を楽しませてくれて、夏は木陰を作るから木の下の椅子に腰を掛けて休む。秋は落葉で美しい。

桜は庭に植えるものじゃないって昔から言うそうな。越してきたときもご近所の何人かは桜は切るのですかって半分催促があった。この桜を切ったら松しか残らず無味な庭になると分かっていたし、決して害にもならないし、手入れをきちんとして綺麗な木にしようと思った。

庭のどの木も大切な今、大事にしている順番でいうと松の次に桜の二本です。角地に大きな木が三本。家のおおらかさを醸し出している。

へ戻る