楽言楽夢へ戻る

火入れ



外の気温が13.3度。布団から出ると寒いと感じたので今年初めての暖房です。

15度を下回ると火が恋しくなります。朝に丸ストーブを焚くことから始まってそのうちに朝に二台のストーブを焚くようになります。11月かな。二台のうち丸ストーブは朝食が終わると消して、日中の気温も上がらなくなると主のストーブを一日中焚くようになります。もっと寒くなって氷が張るようになると夜も二台を焚きます。厳寒で雪に家が埋もれるようになったら二台とも一日中焚く。これで暖房は完璧。

薪の調達も貯めてあるから気になりません。運ぶのもクレーン車ですんなり。この調子でいけばかなりの高齢まで薪ストーブ生活ができる。

ほんとに快適です。爽やかに冬を過ごせて炎を見ているとテレビなど見る気にならないんだなあ。ほんと。

へ戻る