楽言楽夢へ戻る

冒険・探検の世界



図書館で借りた本、「ナショナル ジオグラフィック 冒険・探検の世界」を熱中して読んでいる。

北極点初到達のピアリ。悲劇の南極探検家スコット。植村直己の単独北極到達もある。エベレストに無酸素で単独登頂したメスナーの記事は昨日読んだ。あんな高度へ自分の呼吸だけで無線機も持たずにテントを担いで登るって信じられません。

極度の難関を切り開いていく生命力を見ると息が詰まるような緊張を覚えます。タイタニックの残骸を発見した写真と共に遭難の内容を記したのを読むと人の命のはかなさと尊厳をひしひしと感じます。

ナショナルジオグラフィックの本は二十歳のころに毎月買っていて沢山溜めていました。結婚するころには読まなくなっていましたが時折読むと感動を覚える本でした。

ネットでサイトが開設されて毎日見るようになったのは十年ほど前。何時も無料で見せてくれるこの組織に感謝が絶えません。だってネットで触れることの大半が無機質なニュースばかりなのに自然の営みや見ることのできない光景も見せてくれます。機会があれば寄付をしたいです。このサイトは見る価値がありますよ。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/news/

へ戻る