楽言楽夢へ戻る

朝の散歩で

長浜の日課は朝のストレッチ、筋トレ、サイトのアップ、朝食。その次がウォーキングで三人そろって歩きます。



この日は道中にある松本製菓舗で注文したよもぎ饅頭を受け取ります。両端のご夫婦とは仲良し仲間で我が家で採れたシイタケやタケノコや野菜も果実も差し上げる。お返しがすごくて先日なんかマツタケ。

二人とも八十歳を超えたところですが我が家の婆ちゃんが九十八と聞いて、「私らもまだまだやなあっ」て仰います。

長浜に入って四年も五年も経つと、こんな仲良しが増えました。みんなお喋りが好きでマスクなどどこ吹く風で喋りまくってます。いかんぞっ!

ヨーグルトケーキ



毎週土曜日はフランスパンを焼く日。夕食後に薪ストーブの火を点けて窯を250度に上げる。パンを三個ずつ二回焼くのに一時間ほど。そのあとは200度くらいの温度が残っていてケーキを焼くのにちょうどよい温度です。

先週はシフォンケーキを焼いて近所にも差し上げた。今週はヨーグルトケーキを初めて焼いてみた。

バウンドケーキの型がないので昔に桐生の山で焼いたパン用の型を使ってみた。バウンドケーキというよりホットケーキの角型みたい。小麦200gを二つに分けるとボリュームが出ないので次は型ひとつでやってみよう。

片方はレーズン。もう一方は落花生を入れた。味と食感だけどヨーグルトの柔らかな感じが口の中に広がります。甘さは抑えていてちょうど。焼き加減をもう少し焼いてキツネ色を濃くしてみます。

新しいおやつの出現です。

リンゴが咲いた



ふと見るとリンゴに花がついている。雨なので水滴かと思い近くに行ったが花です。春に咲くのが時期なのに今頃に一輪だけ咲いた。

来春に二本の木が咲くと受粉して実を付けるかもしれません。桐生から移植して成功のイチジクとブドウに続いてリンゴも結実か。嬉しいですね。

写真の背景が茶色いのは除草剤を隣人が撒いたからで年に二三回撒かれます。リンゴ結実だと除草剤は良くないので対策を考えないといけません。雑草を私が刈り取るとか。これって結構たいへんだ。

秋の花



あちこちでコスモスが咲き始めました。秋を一番に感じさせてくれる花。山口百恵の歌を思い出す。朝の散歩で見つける秋。彼岸花も咲き始めました。

今日は一日雨予報。図書館へ行って久しぶりに銭湯行くけど外での作業はやりません。こまごまと家の中の片づけをしましょう。

早々と色づく裏の渋柿を採って干し柿にしようと思う。でも今の暖かさは渋柿にならずカビが生えて腐る。だから試しに冷蔵庫で干して見ます。

故障タブレットの対応

使っているパソコンは数台あって会社のパソコンはデスクトップ。大津がノートパソコンで長浜がデスクトップ。それに旅行用としてのタブレット。ここまでの四台がWindowsで旅行用が壊れて修理せずに置いたまま。

スマホは先日入手した小型のスマホは電話とWi-Fiの配信用テザリングに使っている。もう一台のスマホが日常で一番使うものになっている。

壊れたWindowsタブレットは旅行がないので急いで修理する必要はない。画面が小さいので使い辛いから修理するのだったら買い換えることも選択肢。もう一つはノートパソコンを旅行用に使えないかを試している。

昔の旅行時はソニーの薄型ノートパソコンを持ち歩いたのだけど、今のはそれより少し大きいけれど持ち歩けないことはない。スマホだけを旅行に使うことも可能だけどちょっと厄介です。

ま、コロナが治まって旅行が再開できるころにはパソコンやスマホの状況も変化しているだろうから慌てないでいようと思っています。

船舶免許

更新期限が過ぎた船舶免許の継続更新手続きに今日行きます。

車の免許は更新を怠ると免許がなくなりますが船は失効期間が長くても手続きすればすぐに復活する。手続きも講習が一時間長くなるのと費用が数千円高くなるだけ。

だから気軽に失効にしてしまうのですが、いざ乗船となると免許なしというのはとっても不安。不所持の罰則はあるのかどうか知りませんが事故があったときに責任を問われるでしょう。

早ければ今月中にも再発行されるから十月には久しぶりにヨットで遊ぼう。ハーバーに寄って手続きして、その足で長浜に入ります。大津が毎週一二泊になっています。長浜生活が楽しいんだ、きっと。

Rakuten Mini



六月に申し込んだ無料のRakuten Miniスマホがやっときました。

本体が1円で通話もモバイル通信も実質使い放題で一年間無料。その後は月2980円。解約もいつでも無料。

海外でも国内向けの電話も無料でモバイル通信も2GBまで無料。と使いやすい。今の電話代とモバイル通信をあわせると三千円ほどで5GBの制限があるし電話も使った分請求される。だから今より安くつく。

実際に手にしてみると小さい。とても軽い。だから気軽に持ち歩けます。できることは今持っているスマホと同じ。難点といえば電池の持ちが短いこと。充電を頻繁にやるだけですが。

なんだか気持ちまで軽くなりますね。

友達



田舎の家だからいろんな生き物が住み着きます。ヤモリの子供が電灯の傘の中に入っています。

ここには虫が飛んでくるからヤモリにとっては食堂ってところ。トイレの窓でも時たま見かけますが私の小用を真似てヤモリも用をたすのです。

アプローチに据え付けた郵便受けにも好んでヤモリがいます。数匹が一緒にいるのが常ですね。この場所はヤモリにとって図書館でしょうか。手紙の宛名を読んで差出人の人柄を読むのでしょう。

私たち人間の住処が小さな動物の住処になっていますが、彼らも居心地の良いところに住みたいのですよ。だから我が家は人にも動物にも住みやすい家なのです。

二階建ての建て増し



工場の横に巾二メートルの空間があってその隣の農地は私が買い取る予定。すなわち隣地との関係を気にせずに建屋を建てられる。そこに幅二メートル高さ八メートル奥行き八メートルの二階建てを建て増ししている。

と言っても壁は撤去しないし床も連続させません。独立した空間で何に使うかと言えばクレーンでこの空間に出し入れができる重量物を保管します。

たとえば材木の梁材。木の長さが五メートルは当たり前でクレーンでないと動かせません。梁は材の断面が太い物ですが通し柱は四寸角で比較的細いですが六メートルあります。これも手では動きません。材木以外に耕運機やユンボなどの重機も保管できます。

骨格のほとんどができました。残りの作業としては屋根を張って壁にシートのカバーを垂れ下げたり外したりできるようにします。なんせ高所作業なので命綱をかけて慎重に慎重に動作しますから時間もかかります。

道行く人が見て行きますが、何ができるのだろうと思ってるでしょうね。聞かれても説明が大変なので大型物置って言ってます。

ジャムだ



三種類のジャムを瓶詰めしました。イチジクとブドウのピオーネとデラウエアで二十個ほど。全部逆さまなのは真空を保つためです。

砂糖をまったく加えていませんがとっても甘い。砂糖を入れたんじゃないかと思うほど甘い。他に何も加えていない純粋に果実だけのジャムです。

これだけジャムがあればトーストに乗せたりヨーグルトにかけたり、一年近く食べられると思います。これから毎年作れるから木の世話ができる間は何時もジャムがあることになる。ほんと、有難い。

今年に入って食べ物の種類が一気に増えました。これからも増え続けると思います。豊かになったと実感のこのごろ。

秋の気配

一気に涼しくなりました。布団を被って寝るようになった。昼間も暑さがましでシャワーの必要もなくなった。

コスモスが咲いています。ススキの穂も出始めた。日本の秋です。私には何時も秋はさみしさを伴ってやってきます。夏の惜しみだろうか。

四台の薪ストーブの手入れを急がなくっちゃ。オーブンに使う丸型の薪ストーブは先週にやった。今週は長浜のメインのストーブをやろう。



そして来週から大津の二重煙突の手入れ。これが初めてで一度分解しないといけません。ダンパーの作り変えが必要なのです。

買物



これがユンボのキャタピラー。クローラーと言います。片側だけ交換しますが一万五千円と意外と安い。

ゴムの中には金属部品やワイヤーがたっぷり入っています。旧式で弱い物だと一万円くらいであるのですがすぐに破れるらしい。旧式と強化型を明記しているショップで買いました。



こちらは三脚のハシゴ。隣の家のを借りて今年の松は手入れしたのですが、抜群に使いやすくて安定しています。これから老いても高所での作業はやりたいから上等を張り込みました。と言っても高品質で安いメーカーの品物を探しての買物です。

高価なメーカーですと十万以上しますが、これは作り込みは同じで四万円です。嬉しいな。

ヨット仲間

ヨットのことは眞田さんしか教えてくれる人はいない。眞田さんはヨットの操船も上手で安心して乗れるし速度も速い。

涼しくなってきたのでお会いしませんかってメールを出した。いつも通りに数日かかって返事が来た。コロナを恐れて外出をしないようにしているし、ヨットも今年は一度もハーバーへ行っていない。コロナが治まるまで外出しませんとある。

それはそれで仕方がないのだけど、治まるのを待つと数年かかるだろうし、出不精なご主人を思うとひきこもりで気が変にならないかを心配する。通信簿を送ることにしました。ご夫婦が元気に過ごそうと勇気が湧くようになってほしいから元気に暮らす私の日常を書いて送ります。

こんな風にコロナの影響が出てくるのですね。活発化を消失する方向へ。

壊れる日

会社へ行ったら社用の車がバッテリーあがり。ハイブリッドのバッテリーは高価なそうな。

会社では持ち歩きのSDカードは旨く動作していたのに帰宅してノートパソコンに挿すと認識しない。これは大慌て。だって最近はバックアップ撮ってないんだから。いろいろ試していると複式のカードの親が悪そう。落ち着いてしっかり治そう。

桐生の山に入って雨であふれる水路の普請。ユンボのキャタピラーがよく外れるこの頃で慎重に運転していたが山中で外れてしまった。

ゴムのキャタピラーが切れ掛かっている。なんとか嵌めて山から降りられたがキャタピラーを交換しないと動かなくなりました。

昨日は故障故障の一日でした。

久しぶりに

隣町、鍛冶屋町の草野さんご夫婦が遊びに来られた。ご飯時を過ぎていたので果物をアレンジしたデザートでおもてなし。採れたてのイチジクにブドウを添えてヨーグルトで飾った。イチジクのジャムも中に入れたが美味しかった。

コロナ感染の危険があるけど何時ものように新幹線で東京を往復されている。車内はがらがらで人との会話もないし都内の電車が満員でもマスクだけで防御しているという。意外と車内というのは安全らしい。でも、私にはそんなことできませんが。

薪ストーブをネスターマーチンに買い換えたといわれる。私の家の大きなガラス窓のストーブを見て買う気になったと言われます。ほんとかなあ。この冬はそのストーブの燃え方を見に行きます。私が欲しいと思っているストーブですから。

昨夜に焼いたパンにこれまた作っている最中のブドウジャムを乗せて食べながら、薪ストーブの話や別荘の話や旅の話をしていると午後四時。もう大津に移動の時が来たからお別れです。草野さん、ありがとう!

土曜の夜は



金曜の夜にかみさんがフランスパンの生地造りをします。分量を量って混ぜて捏ねること二十分おきに三回。冷蔵庫で一昼夜寝かせて発酵させます。

金曜の夕食後は私の出番。生地を整形して常温で二次発酵。発酵時間中に窯に火を入れて250度に上げる。一回に三個。二十分ですが焼き色を見ながら釜から出す。

毎週やっていると随分慣れてきて段取りもなんもかも早くなりました。この六個のパンを三人で食べて一週間分です。今日のはレーズン入りもあります。

新しい作物



タマネギを収穫してから休ませていた畑は雑草が覆っていた。ユンボと耕運機できれいにしました。これから冬野菜の舞台になります。



レタスやサラダ菜、それにダイコンの種を蒔いたら四日で芽を出した。元気ですね。本葉がしっかり出るまでポットで育て畑に定植しますが蝶が大敵で卵を葉に産んで青虫が葉を食べる。枯れるまで食べるので対策がいります。私は農薬は使わないのでネットを買ってきましょう。

君は友達



玄関先に据えた手水鉢。数匹のカエルが好んで居着きました。

そのうちの小さい一匹がなついています。手を近づけても逃げないし指で顔を撫でてもじっとしています。

あまりにも不用心だからかえって気が気でなりません。だって蛇に狙われてもじっとしているかもしれないから。池のほうには蛇がカエルを狙って来ます。見つけると追い払いますが何年か前に咥えられた時に見つけて、棒で叩くとカエルを放して逃げました。

蛇もカエルも生きるのが一生懸命で狙うのも狙われるのも自然の営みなんですが、どうしても弱いほうを助けたくなります。.......でしょ。

イチジクの収穫



三本のイチジクの木の収穫は毎日です。昨日青かった実が今日には赤くなって割れてきます。その成り方が早い。

三本のうち一本は苗木を買って桐生に植えたのですが残りの二本は桐生の畑に植わっていた親木を挿し木で育てたものです。親木の実を何年も収穫していましたが実はもっと小さかった。

庭に移植して堆肥をたっぷり与え水やりも欠かさないのですが、それが功を奏して実が大きくて沢山採れていると思います。努力は実を結ぶんだ。

桐生で実現できなかったイチジクが目の前で実ると胸が熱くなります。これから大切に育てて何年も何年もお世話になります。

ブドウの収穫



デラウエアーの袋を全部外して写真を撮りました。既に二十房ほど食べていますが沢山できたものです。ピオーネの房はこの半分ほどで、未熟があるので三割くらい残しています。

ピオーネの種なし処理は成功していますが、デラウエアは失敗で全部に種が入っています。生食の時は食べながら種を口から出せるのですが。ミキサーにかけるスムージーは種があると食感が悪くなる。ま、デラウエアは種も粉砕してしまえばいいのですが。

さ、ジャムを作りましょう。

料理道具



昔にはなかった料理道具です。シリコンや樹脂でできていてしなやかに曲がり腰が強いへら類を買いました。四種で九百円と安い。

ミキサーで落花生などを砕くと隅っこにペーストがひっついて採りにくい。割り箸を削ってへらを作ったけどいまひとつ働きません。

ミキサーを多用するようになってこういう道具が要るようになりました。この道具はミキサーに限らず使えると思います。

台風は

強い台風10号がどれほど暴れるか注意してみているが、今朝のニュースではまだ大被害は出ていないようです。

長浜の家の屋根が飛ばされたり塀が飛ばされたり、近所の古い神社の石の鳥居が飛ばされたりと長浜に住んでから台風の怖さが身にしみている。

次々と台風が上陸する季節。大津も長浜も近くに来そうだとわかった時点で板張りなどできる対策をやろうと思っています。今年は国内に居るのですから。

今頃はシャモニー

一昨年は出発時に台風が来て関空が閉鎖で急遽変更の羽田からミュンヘンに向かった。昨年は長浜から名古屋に向かい中部空港からドイツ経由でフランスに入った。今年はスイス経由でニースに入る予定だった。

今頃は自転車に荷を積んでシャモニーあたりを走っている最中のはず。だけど長浜にいます。やっぱり行きたい気持ちは衰えませんね。思いを傾けてうずうずします。

来年の八月にはAlexが自身の60歳誕生日を盛大にやるからと私を誘ってくれています。一週間のパーティーってどんなだろうと胸が膨らみます。が、行けるのでしょうか。

ワクチンは出来ているだろうけど、それを打っったら行けるのだろうか。現地に入れる条件を完璧に満たすかどうか。行けたとしても現地で感染したらどうなるか。

と、今までとは違う心配がいっぱいあります。でもね、現地に友人ができたから安心いっぱいです。早く行きたい。

レタスに挑戦



昨日の昼間は雨が降ったり止んだりで図書館行き。三週に一回行って雑誌や写真集や単行本を二十冊くらい借りる。けっこう役に立ちます。

種苗屋さんへ行ってレタスの苗とニンニクの種球を買いました。ゴボウやタマネギなどの種もたくさん買った。

種から育てるには手間がかかるけど、とにかく安くつきます。そして育てるという感動は倍増する。苗の育ちに失敗したらその時点で苗を買えばよいのですから。種は冷蔵すれば二三年は持つから重宝です。

新しくできた畑は広いし猿にも耐える。家の前の畑も結構広いし作物は両方でたっぷり採れる。農家にかわりつつあるかとけんです。

イチジク



三本のイチジクの木が熟してきて一週間後には収穫が始まります。鳥や小動物も実を食べようとしたたかに狙っている。

単管で枠組みを作り網を張っています。細い糸で目の粗い網だから猿に襲われたら駄目ですが鳥は大丈夫です。

イチジクのジャムはフランスのJean-Lucにも食べさせてもらいましたが、欧州でも人気の手作りジャムです。砂糖を抑えて作るジャムは最高。

凍らせてミキサーで砕いてスムージーにもしてみよう。

大型建造物



買い取った建屋は倉庫としても工場としてもガレージとしても十分に活用していて随分と役に立っています。その上になお一層の活用です。

ナイスさんでいただいた長尺の梁や柱材を今は桐生の山に横済みして保管している。カバーを掛けてはいますが雨は中に入って数年で木が腐ってきます。

それらをこの建屋の壁に立てかけて保管するのです。二階の屋根まで高さが7mあって奥行きが8mで巾一間の空間。ここに立てかけると相当量の長尺材が置けます。

倒れないように半間おきに支柱を建ててもたれかけさせ、クレーンでの出し入れもスムーズにできるようにします。最上部に屋根を作り壁全面をシートで被い雨にかからないようにする。

二階建ての屋根の高さは間違って落ちると命を失う危険な作業。下から積み上げるように工事していますが、安全方法を考えてから着手する繰り返しです。

秋の収穫



十日ほど前から食べてはいるのですが、本格的に収穫の時期になりました。

今年はデラウエアが80房とピオーネが40房ほどの収穫です。氷とブドウをミキサーにかけてスムージーにしてみましたが、とってもボリュームのあって、ばあちゃんがとっても喜んでいました。

ジャムにしようかと思っていたのですが、スムージーにするのだったら冷凍保存してそのままミキサーで砕くのがよさそうです。

桐生の山でデラウエアとピオーネ。うまくいけば来年から長浜で巨砲とペリーAとシャインマスカットが採れます。多くても食べ方はいろいろあるので一年中ブドウを楽しめます。

猛暑



一昨日の長浜の昼間。外が体温と同じで室内は少し低い。猛暑です。

長浜にはエアコンは設置していないからその恩恵は得られません。大津は全室に設置してありますが一回も動かしたことがない。改装時に電気屋さんが勝手につけていったのです。

夏の気温が上がっていますが今のところエアコンを点けたいと思うことはありません。やせ我慢ではなく扇風機で十分なのです。それに今年から長浜で温水のシャワーを浴びれますから気持ちが良いです。

夏痩せというか、体重が減ってきて正月明けの過体重がやっと平常体重になりつつあります。体が軽くて気持ちが良いです。

日中に炎天下でがんばりすぎると熱中症の気配を感じることがありますが、日陰で風に当たり水分を採って塩をなめるとすぐに回復します。気配を感じるセンサーが壊れると危険ですから、壊れているかどうかを何時も確かめるように気をつけています。

あとひと月で涼しくなるぞ。そしたら湖上に出て遊ぼう

いよいよ進行

昨日の朝食時、おばあちゃんが私に向かって「一度わたしの家に遊びに来てください」という。私を一緒に住む加藤建三と認識できていないのです。誰か違う人と食事をしていると感じているのです。

トラックに三人が乗って大津に向かうとき、「大津の立命そば の家まで送ってください」という。このときも私を別人と感じているのですね。かみさんに対しても同じような勘違いをします。その頻度が増えてきました。

こうして老いは進んでいくんだって思いを新たにしますが、自分がそうなることを思うと胸が痛みます。

ばあちゃんとは可能な限り一緒に住むのですよってかみさんに言います。彼女もそれは同意しているのですが、洗い物の片づけを間違った場所に置くから、探すのにいらいらするのでばあちゃんに当たる回数が増えてきます。

そんなふうに周りに迷惑をかけていく自分の十年後を思うと、やっぱり胸が痛みます。

へ戻る