楽言楽夢へ戻る

気持ちが軽い

-------------------------------------------------------------
長浜から大津へ移動するのが日曜の午後。帰路に風呂に寄ることがあるけど運転途中だからゆっくりする気にはなれない。でも、農作業や工作で汗をかいているからお湯をかぶりたい。

温水器のおかげでシャワーを浴びることができるようになった。さっと浴びると気持ちがすっきりするし時間もかからない。帰りの運転も気持ちが軽い。

大仕事がいっぺんに片付きました。防猿ハウス、温水器、テレビアンテナ。どれも短時間ではできないことで結果は二か月ほどかかった。それが全部片付いたから気持ちがとっても軽いです。おまけにシャワーを浴びたり便利になったし。

やることはいくらでもあるのだけど、今日は気持ちの軽さを充分に味わう一日にします。近隣を自転車で走ったりショッピングしたり。図書館で本も借りようか。気持ちが軽いからフワフワ飛んでいかないように気をつけなさい。

新しい作物



里芋が芽を出して伸び始めました。晩秋までの長丁場だけど一本の株から小芋孫芋とたくさん取れる。三十本くらい植えたから今年の冬は里芋三昧だ。



シシトウを安売りで一株90円で売ってたから五株ほど買って植えた。すぐに実をつけから昨夜の炭火バーベキューを賑やかにしてくれた。

畑が増えると雑草取りなど手がかかりますが。昨日は婆ちゃんとかみさんが一日中草取りやってくれた。おかげで写真の里芋もシシトウも雑草がない畑でしょ。

作物が増えるとそれぞれの成長を見守ってワクワクすることが増えます。目の輝く時間が長くなります。

温水製造中



太陽光湯沸器の完成です。出口のネジ部の締め付け不足で漏れがあったけど増し締めで解決。他には問題は発生しなかった。



タンクに水を入れたのが午後四時。日暮れまでに20度から30度まで上昇です。曇ったり晴れたりの天候でも意外と速い。朝にどれくらい温度が下がっているのか見ましたが一晩経っても30度のまま保温しています。

ということは不在中に一回でも好天があると最高温度まで上昇したままのお湯がある。それを使い切った後に雨天が続くと湯がないけれど、使った後に好天だとすぐに湯が沸く。

タンク部は70㎜の保温材が巻いてあって、ガラス管は真空の二重管だから保温ポットのような構造でお湯の温度が逃げません。

最高で何度まで上がるか。真夏じゃなくって真冬にどうか。この温度計はよく見るでしょうね。

風呂に入るには



太陽光湯沸器の工事再開です。防猿ハウスが一段落しテレビアンテナも作動して優先順位の低かった湯沸の順番になりました。

写真は水の入り口と出口の配管を終えたところです。ガス給湯器を撤去してその屋内給排水管に接続するのですが、雨の中の塩ビ配管の接着。接着部に雨がかかると水漏れが起きるので神経を使いました。

この配管の前に難題の銅管止水があります。台所の改装をしたときに床下の温水銅配管を切断したままだったのです。銅管の接合は高温のロウ付けが普通ですが素人には道具がない。切断部の止水にねじ込むと食い込んで接合できる銅管継手を見つけたのです。この継手はスパナで締め込むだけですが完ぺき。テスト通水で漏れはありませんでした。

今日は斜面に真空の熱交換ガラス管を組み込んで電磁弁と制御部の電気配線をします。いよいよ湯が沸いて風呂に入れます。といっても梅雨空で高温にはなりませんが。

菌と生きる



これは椎茸の種菌。透明のガラス容器に鋸屑と水分を入れて菌を培養する実験中です。

何時も種菌は鉄砲玉のような駒に菌を植え付けた駒菌を買っていますが、原木に打ち込んだ後、どんなふうに菌が増えていくのか見たことがない。それをガラス瓶で様子を見ているのです。

水分が溜まる方向と逆向きの上に繁殖していきますね。天地を返すとやはり反対の上に向かいます。写真の上側が白い雪をかぶったみたいですが全部種菌です。

一旦上方向に繁殖した後、内部に広がっていきます。気温が低すぎると遅いし高すぎる今頃も遅い。春先くらいの二十度未満くらいが繁殖が早いですね。

と、理科の実験やってるみたい。

通信限度



月の通信量が5GBの契約で今まで限度を超えることはなかったが今月は超えた。というか知らぬ間に超えていた。超えると通信が使えないとばかり思いこんでいたが使えてる。契約を読むと速度が落ちるけれども使えるんだ。

遅いのは辛抱すればいいわけで使えないのと大違い。肩の力を抜いて使えるのが気持ちよし。次の楽天モバイルの契約を再度読んでみた。やはり減速するけど使えます。減速も1GB通信ですから今の200KBの五倍もあるわけで楽々だと思う。

既に5G通信も始まっている。この世界は変化が激しいですから二年くらい経ったら私の通信もすごく変わっているでしょうね。

庭の果実



朝食はサラダが主です。その上に庭に成っているヤマモモの実が乗りました。手の届く庭の果実がサラダに乗ると気分がいいです。

庭の果実で食べられるのは梅があって、こちらは梅干しかジャムにします。サラダに入る野菜ですが最近は自分が作った野菜がどんどん入ります。サラダに入れるアスパラガスを庭で作ってみようと調べていますがアスパラの育て方はちょっと違います。

サラダだけでなくパンも自分が焼いたもの。小麦は自分で作りませんがお米ならその気になれば作れます。水田も無料で借りられるしね。何が問題かといえば手を広げすぎて手が回らなくなっているカトケンなのですよ。

何処に消えるか



扇風機のリモコンです。裏蓋がなくなった。

リモコンを屋外に持ち出すわけがないから家の中に落ちているはず。でも見つからない。どこへ消えるのでしょう。間違って捨てることはないと思うけど高齢で分別の判断が怪しくなった人ばかりだからなあ。

同じ扇風機を二台持っていて長浜と大津で使っている。冬に二台とも長浜に持ってきたのは家中を暖かくするために空気の循環に使った。大津から運ぶときにリモコンが行方不明になった。これも探しまくったが出てこない。

リモコンだけを売ってないからヤフオクで探すくらいしか手はない。リモコンがないと結構不便なんですよ。裏蓋がないのはテープで止めるけど、かっこわる。

やっと映った



ブースターをつけてアンテナを大屋根の棟に上げる。危険な作業だけどアンテナの取り付けは出来た。この後難題が発生。

屋内にはテレビアンテナのコンセントが三か所ある。その内部配線にブースターからの信号線をつないで方角の調整にかかるがテレビが映らない。三か所に移動して試すが映らない。

ブースターからの信号線を直接テレビにつなぐと映る。だから屋内配線のどこかが不具合だと分かった。すなわち屋内配線は使えない。そういえば家を買う時にテレビがどうのこうのって言ってたような気がした。

大屋根の上からテレビを置くキッチンの部屋まで信号線の敷設です。これが長くて屋根の軒伝いに這わせるのが大変でした。危険もいっぱい。なんとかキッチンまでつながって、いざスイッチオン。

映りました。完璧に全チャンネルが高受信。スマホならイヤホンつなぐだけで映るのに、今の時代にやることじゃないよなって不満のぶつけ先はない。でもね、大仕事を終えてほっこりです。

連日の収穫



雨の中、タマネギを全部収穫した。早生を掘り始めたのが四月ですでに植えた一割くらいを食べたかな。750本の苗を植えたのはこうして吊るしておけば一年近く来季の収穫時期近くまで食べられるから。

タマネギは花が咲くと芯が硬くなって食べられない。今年の暖冬はみなさんその唐立ちで困られている。花の芽を見つけたら折るしか手立てがないのだが、すくすく育って見てる間にネギ坊主になります。

雨の中の収穫と吊るし作業だったけど来季も作ります。

キタアカリ



二年前の秋にジャガイモを作ってから二度目の今年にキタアカリを春に植えた。前回の西豊、農林1号、長崎デジマは旺盛に育って大きな芋がごろごろ採れたのを覚えているので今年もそうなると思っていたが全く違う。

全部採りいれましたが大きくなりませんでした。早々と枯れたのが気にかかります。違いが品種以外には考えられないのですが、こうも違うと育て方を見直すべきです。

先週に試し掘りして食べましたがキタアカリは美味い。もっちりして味わいも深い。ジャガイモかって言いたいくらい違います。来年も植えようと思うのでこれから研究だ。

梅雨の花



このアジサイは青からピンクへの巾がある色合いの花を咲かせてくれる。もう少し青いほうが好きなので薪ストーブの灰を何回かやっていますが変わりません。アルカリ性の土にすると色が変わるって嘘のように思う。

シャクヤクが終わってサツキが咲きアジサイが咲く。正月からですとシャクヤクの前に梅。全部北川さんという前に住まれた方が植えられたのですが、品の良い花を沢山植えておられます。

それらの花も私が家を買った時には見る影もなかった。雑草と雑木が生い茂っていたのですが、その雑草の中でも生き延びていたのが不思議なくらいです。

袋かけ



新聞紙で作った袋はブドウに被せます。専用の袋を売っているのだけど一枚十円ほどで高いから作ってみました。120枚もいるから手がかかるけど、切るのは婆ちゃんの分担で折ってホッチキスで止めて紐をつけるのは私とかみさんの分担。

昨日、早速被せに行ったのですが被せるほうが手間がかかります。ブドウの育て方が欧州と日本で随分違います。日本は丁寧すぎると思うくらい手をかけている。

欧州では種無し処理もしないし袋なんてかけない。房の整形もしない。要は自然に近い状態で放置しています。私も欧州に見習いたい。でもね、種のあるブドウは孫が嫌って食べません。贅沢だよね。

電話とスマホ

楽天が月額2,980円でデータ通信も通話も無制限で、おまけにスマホ一台が一円というキャンペーンをやっている。明日が最終日で期限ぎりぎり。

今は5GBのデータ通信を月額1,200円とauのガラケーでの通話が月額1,600円から2,000円ほど。加算すると楽天と同じくらいだから費用の効果はあまりない。だから切り替えはしないでおこうと一旦は決めたのだけどもう一度しっかり考えると違う効果がある。

まず海外で2GBのデータ通信が含まれている。これは海外で助かります。手続きも何もしないで国内機器がそのまま使えるのですから。次に一年間は月額2,980円が無料になる。そして解約するときに何の制限もない。一年後に条件の良いのがあれば気軽に変えられる。もうひとつ、持ち歩く機器が一台減る。

ということで申し込みをします。久しぶりにガラッと変わりますが在庫が少なくて実機が手に入るのが八月だそうです。楽しみだ。

トラックはお休み

昨日の長浜から大津への移動はトラックでなくFJに乗った。運ぶ荷が全くないからでこんな状態は滅多にない。

トラックの運転席に三人が座るよりFJの五人席に三人が乗るほうが楽だろうと思ったから。実際に乗るとトラックのほうが私は楽に感じた。狭いわけではないし見晴らしは高いから遠くまで見えるし騒音もそれほど差はない。乗りなれていることもあるけど運転もしやすい。

トラックの荷台に部屋を積んでキャンプと自転車の旅をするのはとても良いアイディアだと思う。むずかしく考えないで、とりあえず寝られるように作ってみて旅行することで充実していくと思う

真夏の炎天下でのキャンプは厳しいから秋に行くことを実現しよう。

テレビを映す

24インチのテレビを買って室内アンテナを買ったら映ると思っていたが無理だった。屋根に上がって前住人の建てた八木式アンテナにつないでみたが映らなかった。隣に聞くとブースターをつけて映っていると言われるのでブースターを買った。買っただけで猿害ハウスに手を取らて半月が経っていた。

大きなアンテナを雨の中で屋根に建てるのは危ないから、昨日は降ろしてあったアンテナを室内で接続して映るかを試した。一階も二階も全部の部屋で映してみたが非常に微妙な設置が必要なことが分かった。八つの部屋でまともに映ったのは玄関横の和室だけ。

同じ方角の二階の部屋だと映らない。これだと屋根に建てても映らない可能性もある。でも天気の良い日に屋根のどこが映るかを試しながら建てるしかないですね。

私はテレビを見ないからやる気が失せるのだけど、婆ちゃんの暇つぶしを思うと映してやりたい。天気になったら一番にやろう。

梅雨の合間に散髪

前と横を自分で刈って後ろだけかみさんに切ってもらう。この散髪も十五年くらいになるだろうか。手慣れたもので三十分ほどで終わる。

誰一人として「自分で刈ったのですか」と言わないから散髪屋でやってると思っているでしょう。まったく不自然でない散髪を自分でしています。

海外に出るときは直前に刈って出るけど二か月を越すと伸びてうっとおしいから刈りたくなる。イタリアのフィレンツエで散髪屋の前まで行ったけど入る勇気が出ませんでした。フランスで行ってみようかな。

雨の合間にできること。二日続けて散髪はないから今日はパンを焼こう。

梅雨らしく

天気予報の雨が10時から。早朝からの畑の耕しは土がドロドロになるまでに終えたかったけど雨が来ても終わらなかった。合羽を着て続けること午後2時まで。やっとハウス内も植えてけられる状態になった。

1日中しとしと雨は続いて農作業は中断したまま。今日の予報は曇りだから植え込みを終えてしまいます。もう少し植えられる場所に唐辛子やオクラを植えます。

梅雨の湿気は身体が鈍って元気に動けませんね。なくてはならない日本の梅雨も気持ちの中では憂鬱です。

植え込みだ

猿害ハウスを建てるのに時間がかかってサツマイモの植え込みが出来ないかもって、苗も売っている店もなくなっているから半分あきらめていた。

先週の大津への帰りに長浜の種屋で取り寄せで手に入らないかを聞いてもらった。翌日に電話があってシルクスイートも安納芋もぎりぎり手に入ると言ってくれた。

昨日に長浜入りして午後からハウス内の掘り起こしをしました。今日は10時ころから雨なのでこれを書いたらメシ抜きでハウス内を耕します。なんとか今日明日に植えこみたい。先週買った里芋の種芋も植えこまないと。

梅雨入りの雨は植え込みにもってこい。上手く育って秋には大きな芋を食べさせてください。

老いを嘆くな

フランスの普通列車の呼び名が出てこなかったり鉄道会社の名前が出てこない。もの忘れの現われは日に日に増えてくる。手紙を書いているときとか、どうしても思い出さないといけないときは何かから引き出して思い出すけど、不急でないときはそのままにする。しばらくすると思い出す時もある。

もの忘れのほかにも老いを感じることが増えてきますが、いちいち落胆してたらきりがない。というかそんなことは当たり前のことだから嘆くよりも前向きに「あたりまえ」って思うほうが精神衛生上すこぶる良し。

95歳の婆ちゃんを見てると、自分の先々が見えます。婆ちゃんの偉いのは間違っても忘れても「そうやな」って直ぐに認めること。自分の今をしっかりと認めていることです。自分もそんな婆ちゃんに教えをいただいてるのです。

人は死ぬまで生きる。一生懸命死ぬまで生きる。その気持ちを忘れまい。

汲み取り便所



大津市の広報をふと見ると汲み取りの日程が出ている。料金も書いてある。思いのほか沢山の町名が書いてあってほとんどの町に汲み取り便所が存在すると分かった。意外でしたね。

まだあるとは思っていたが沢山あるので驚いたのだけど、どうしてそうなるかを考えてみた。家が古くて住んでいるのが高齢者。いまさら水洗に工事しても家を壊すことを考えると工事に至らない。住んでいる高齢者が亡くなっても相続した方は直ぐに家を壊さない。市としては汲み取り便所を使っていなくても実在するから義務がある。そういう家が多いのじゃないかと思います。

それはそうと貴方は汲み取り便所で用を足せますか? 京都に就職したころは当たり前のようにありましたが、今、下を見ながらキバッテも出るものも出ない気がする。

滋さん、安らかに

めぐみちゃんに会うことなく亡くなられた滋さん。どうか安らかに眠ってください。

蓮池さんたちが帰ってきたときにテレビにかじりついて見たけどめぐみちゃんはいなかった。あれから私には何もしてあげることなく今日が来た。

あの時の悔しさをそのままにして亡くなった滋さんがとても悲しい。何もできなかった自分も悲しい。極悪国家に対する憎しみがますます強くなる。

防猿ハウス



やっと完成です。サイドの金網を張り、地面をざっと耕すと、今にも作物が生えてきそうに生き生きとしてきました。早速、里芋を植えるべく種芋を買いました。

猿、イノシシ、シカ。昔は人との距離を置いて共存できていましたが今は圧倒的に獣の勢いが強い。何も対策をとらなかったら農作はできません。

農作ができる田舎だけが獣害を被るのではなく都会にも猿やシカが出没しています。都会に出てくると大騒ぎしてニュースになりますが田舎では日常茶飯事。

こんなアンバランスを作り出したのも人間だとは、天に向かってつばを吐くようで悲しい結末です。

庭に来る客

毎年、今頃の季節に蛍が来ます。昨日は庭の池の傍を飛びました。一昨日は玄関前に。

寝る前に部屋の明かりを消す時に見つけます。去年もその前も庭にくる蛍を見ています。

乱舞するほど来なくても一匹でも光を灯して飛ぶ姿はとっても風情がある。日本の原風景のように思う。

開発が進んだ場所には蛍は住めません。水生昆虫からの生息環境はすぐに壊れるからです。長浜のこの辺りはまだ壊れずに残る環境があるのですね。絶やしたくないです。

初作物



十日ほど前に安売りの苗を買ったのがピーマン。早速実をつけてる。三株三百円で買って花がどんどん咲いてるから、もうすぐどんどん食べられますね。



同じく五株五百円で買ったのがミニトマト。これも十日で実をつけてる。朝夕にサラダを食べますから必需野菜です。

かぼちゃも二株二百円で買いました。これは花が咲いたから実を着けるでしょうが十日ではまだまだ。

と庭の野菜畑がにぎやかです。種から育てるのも面白いけど安売り苗をポンと植えるだけで実が成る畑もマジックです。

スタイラスペン



スマホは三代目にしてペンを使っています。二台目までの指だと画面が汚れたり傷がつきますがペンは新品画面のままです。操作もきめ細かにきれいに決まるのが一番気持ちが良い。

写真のペンを昨日買ったのですがペンも三本目。二本目の先端部分がゴムでなく伝導繊維で気持ちよく滑ります。この滑りが最高なんだけど二本目はネジ部が緩んでガタガタする。だから繊維の三本目を買いました。

五百円ほどで買えますがその割にしょっちゅう使う。費用の完全消化が出来ている道具です。

何色を買ったでしょう。

ブドウの花穂切り



見にくい写真ですがピオーネの房が大きくなって十センチ以上の長さになっています。これでも花穂の一部を切り取っているのですが、ピオーネは3.5cmまで花穂を切り落とすとあります。

ブドウの粒になるものをわざわざ切り落とすなんてもったいないという気になるのが当たり前。でも切り落とさないと全体の糖度が上がらず不生育な状態になるらしい。

今日は摘穂をやります。いくつかだけ切り落とさずに残して不生育を実感してみます。

庭木の刈り込みとブドウの世話。それに会社の月次決算処理を今日中にやってしまう。無理かなあ。

ヤマモモ



昨日から大津の庭木の手入れをしている。写真はヤマモモの木で若葉がグングン出て見苦しい。これをさっぱりと刈り込んで爽やかな姿にします。

植えたのが十年ほど前で庭木屋さんで選んが木。高さが二階の窓まであったが、何年か前に背の高さから上部が枯れた。その二年後には右半分が枯れた。植えたときには実がたくさん成って何時かはジャムにしようと思っていたが全く実を付けなくなっていた。



刈り込みでふと見ると実が成っているじゃないですか。昔ほど沢山ではないけれどけっこうな量です。こうなると丁寧に刈り込もうと意気があがります。

海への旅

海辺で何もしないで過ごしたい。海をずっと見ていたい。

最近そんなことを何度も思う。日本の名もない海辺。静かでさえあればどこでもいい。行きたい。

キャンピングトラックが出来上がるのを待たず、荷台に畳を敷いてシートをテントのように張れば直ぐにでも行ける。自転車を積んで周回できる半島をめざす。

温泉があれば言うことなし。カセットコンロを積んでれば何日でも海の傍で過ごせる。

一区切りつけたら一番に行こうじゃないか。一人旅だ。

屋根網が張れた



私は同じことを根を詰めて長時間やることは滅多にないのだけど、今回の防猿ハウスだけは根を詰めてやっている。

疲れます。昨日も夕刻に家に戻ってかみさんと二人の自転車トレーニングに出る元気を失せるくらい疲れていた。十分ほど畳に横になるとましになったから走ったが食欲がない。スーパーで寿司を買ってきてもらってやっと食べられた。あとは何もできません。

疲れすぎると寝つきが悪い。布団でストレッチを一時間くらいやったら寝られた。朝はすっきりしています。

今日も午前中はハウス制作。早めに帰ってブドウのジべ処理。これも時機を逃せない。

なんだか時間に追われてる。これは良くないなあ。

へ戻る