楽言楽夢へ戻る

シャモニー

モンブランは欧州で一番高い山。その登山基地になるシャモニーに強い関心が沸いている。冬のスキーはできないけれど夏のハイキングがしたい。

モンブランやアルプスの山々の絶景を見ながらの山歩きはいくつものコースがあってリフトやゴンドラも多用できる。有名観光地だから宿など高いと思うけど五六泊して遊びたい。

いつもは秋に行くフランスはシャモニーで遊ぶなら7月8月になる。とすると予約の時期じゃないですか。

シャモニー

モンブランは欧州で一番高い山。その登山基地になるシャモニーに強い関心が沸いている。冬のスキーはできないけれど夏のハイキングがしたい。

モンブランやアルプスの山々の絶景を見ながらの山歩きはいくつものコースがあってリフトやゴンドラも多用できる。有名観光地だから宿など高いと思うけど五六泊して遊びたい。

いつもは秋に行くフランスはシャモニーで遊ぶなら7月8月になる。とすると予約の時期じゃないですか。

ヤマガラが傍に

長浜でブドウ三株の定植をしていた時。近くにヤマガラが来て枝にとまった。近づいても逃げない。手の届くところまで行ってもこちらを見ている。次の日も来てくれました。

オレンジ色の胸毛がとってもきれいです。大津の庭にエゴの木が健在だったころ、実を食べにヤマガラとシジュウガラが沢山来ていた。人を怖がらない鳥でヒマワリの種を置いてやると喜んで食べた。

ヒマワリの種がなくなると窓際に来て催促をしました。それくらい賢い鳥です。

ブドウ畑のヤマガラもきっと私たちのことを覚えているだろうから、次に行くときに種を持っていきます。写真忘れないようにね。

感染の覚悟

婆ちゃんとかみさんを集めてコロナ肺炎のことを話した。

私たちにも移ると思うこと。移ったときは一階和室に隔離しトイレ以外は部屋から出ないこと。食事も着替えもドアの前に置いて電話で連絡する。会話はすべて電話を使う。

人に接する場所に出向くことを控える。病院もスーパーも電車もバスも。帰宅時だけでなくしょっちゅう手洗いをする。少々でも熱っぽいと感じたら伝えること。

コロナが隣まで来ることがないように願いつつ、来た時の心構えを作っておきます。

溶け込んだ

おこないの行事に使った費用を精算して各家に集金に回った。どの方々も丁寧にお礼を言って下さる。穏やかで和やかだった宴がひときわ気持ちに残ったことを伝えて下さいます。

おこないの宴を自宅でやる前とは、皆さんの笑顔の深みが違います。地に溶け込んだことがはっきりとわかる。

役を引き受けて何よりのご褒美が地に溶け込んだこと。今年は何もかも順調に進みますね。

花粉症はじまり

鼻水が出始めて目が痒くなって、はっきりと花粉症だと自覚できます。これから五月の連休まで続くのが年中行事。不愉快な年中行事です。

痛風原因の尿酸値を下げる薬二種類をやめて手足の湿疹は少なくなった。だけど少しは出るからステロイドを塗るのと抗ヒスタミン剤は服用している。

抗ヒスタミン剤をやめてみたけど皮膚の痒みが増えるので再度服用している。この薬は花粉症の軽減にも使われる。以前に花粉用に服用していたが効き目がはっきりしないのでやめた。今回は皮膚のこともあるから服用します。

薬に頼らずにいたいからなしになるかと思ったけど、ひとつだけ残りました。

感染拡大

どこまで近くにウイルスが来ているか、日本で何人が感染したか。関心は中国から日本国内に変わった。

自分の生活圏に感染者が出るのは時間の問題だろうな。その時にどういう行動をとるか

人と接することなく生活はできない。接する人が感染者かどうかも分からない。できるだけ人のいる所に外出しないことが唯一の予防手段。恐ろしいことです。

やっぱり三人で

単身で長浜入りと思っていたが、かみさんに「連休やけどどうする」って聞くと婆ちゃんを連れていくと言います。婆ちゃんもそのほうが一人でいるより楽なようで抵抗なし。

これから婆ちゃん一人での生活が出来にくくなっていくと体が動く間は長浜へ連れていくことが多くなります。

テレビを見られるようにします。お客さんから引き揚げた使い古しのパソコンにテレビチューナつきのがあるので、アンテナだけ千五百円で買いました。婆ちゃんもあまりテレビを見ませんが、暇つぶしにはテレビが良いでしょう。

昨日大津に帰って

桐生の山に植えたブドウが育たない。このままだと枯れてしまうから長浜へ移住させます。巨砲とペリーとシャインマスカットの三本を今日にも掘り起こして運びます。

昨日大津に帰ったばかりだけど明日に長浜に向かう。月曜が休日だから三連泊。

今は長浜での大仕事が溜まっているから長浜浸りでいいのですが、かみさんが一緒に来ると婆ちゃんが一人で寒くなる。今回は単身で行こうかな。

思いのほか厳粛に

降りしきる雪の中、おこないの神事は厳かに始まった。高畑の住民四十人ほど参拝し、自治会長から順に神主から玉ぐしを受けて納めていく。みな黒服の正装で神々しく感じさせます。



午後からの宴に梅を生けました。床の間が引き締まって綺麗です。

近所の主婦たちがお膳の用意に昼過ぎに来てくれて、五六人が手分けして吸い物を作ったりご飯を炊いたり。みなさん台所の改装が素敵だと褒めてくれます。

二十人ほどが座敷にそろい私のあいさつで宴は始まりました。いろんな話があちこちで湧き、和やかで暖かな宴です。

薪ストーブの暖かさに皆さんが違いを感じてくださって、この暖かさはとっても楽だとおっしゃいます。床の梅にも話題が移り、誰が生けたのか素敵じゃないですかって褒めていただきました。

宴も終盤に近づいたので越路吹雪のレコードをかけて皆さんに楽しんでもらいます。二時間ほどの宴は「次も此処でしたい」という声に表れていたように、大成功でおこないの宴を閉じました。

今日はおこない

長浜の夜明け前は雪がしんしんと降っています。この冬初めての積雪です。

六時半に正装をして自治会館に集まり、六つの組がそれぞれ鏡餅を持って若宮神社へ行列です。鐘をたたいて雪の中を歩いて参拝しおこないの行事が始まります。

昔は羽織袴で身を包み参拝したそうですが今日は黒のダブルスーツ。久しぶりに着ます。

午後からは自宅に二十名ほどの組の方々が集まって宴を催します。

婆ちゃんもかみさんも宴の給仕で大忙しです。

さっ、張り切っていこう!

価値の乖離離



昨日、工場の土地と建物の売買が成立し、契約書を交わして代金を支払いました。今日は法務局へ行って名義の書き換えをします。

写真は役所の定める物件の評価額。土地が百坪と鉄骨建屋が六十坪ほどで合計が三百四十万ほどです。実際の売買価格は十万円。

この差は何を意味するのか。役所が日本の資産価値を高く見誤っているということです。都市部の評価額は近いと思いますが地方の評価は1/30です。

売主の梅本さんが言うには不動産屋に売ってくれと頼んでも相手に」してくれないそうです。売れないからで毎年固定資産税を払い続けるのが負担なだけで、価格がいくらでも手放したいというのが実情だそうです。

今までのように固定資産税に見合う借り賃を払って使い続けるのもできることでしたが、梅本さんに気の毒な気がして買い取ったのです。好き放題の改築をしてわが物のようにしながら、身勝手な費用負担だけ押し付けているようでしたから。

椎茸の原木



株の直径が40㎝のクヌギの大木。チェーンソーで倒しますが倒す方角を間違うと後の作業が大変になる。山からの搬出が一番の重労働だから。



倒した現場で1mの長さに切ります。二人がかりで一本ずつ山から出して植菌作業の場所まで運びます。

しばらく水分を抜いた後、桜が咲き始めるまでに種菌を植え付けますが、それも大変な作業です。

最近は椎茸の発生が少ないのです。この原木つくりも発生に影響するから、今年は慎重にやってます。

感染経路不明

中国の次に日本が大感染の舞台になりそうですね。すでにウイルスは市中を漂い人々に感染しているとみるのが妥当でしょう。

中国の初期対応が不十分だったのも死者がい多い原因だろうが、まともに対応していても大流行は避けられなかった。同じことが日本で起こると覚悟しているほうが正しいと思う。

マスクに手洗い、人ごみを避ける。予防といっても限度があるから感染も覚悟しないと。

自分自身が持っている抵抗力だけが頼り。私にはそれがどれほどあるのだろうか。ここ二三年は風邪もインフルにもかかっていない。それは抵抗力があるからと判断できるのだろうか。

今年のフランス



今年はJean-Lucが日本に来るから私のフランス旅は行かないでおこうと思っていた。ところが彼が来なくなったから私が行こうと思う。

前から関心があった場所がJura国立公園。地球の歴史にジュラ紀という世紀がありますが、そのジュラ紀の語源がこの場所でジュラ紀の地層が表に出ているのです。

スイスとの国境近くで湖や滝が沢山あるところ。あまり有名でないから人も少ないと思う。田舎でしょう。

此処からスイスのジュネーブやモンブランの麓のシャモニーは自転車で走れる距離にある。続きに何処を走るか考え中です。

完璧な燃え方



二重煙突に替えて半シーズンが過ぎた。ストーブの燃え方が抜群に良くなりました。

完全燃焼します。煙突が吸い上げる力が強くなったので少ない空気に絞っても空気を吸い込んでくれる。少ない空気で燃やすとじわじわとしっかり燃える。炎の色が青い。

じわじわと燃えるから同じ量の薪で長時間燃えてくれる。温度も上がりすぎがなくなった。煙突からは煙が出ません。全く煙が見えないほど完全に燃焼している。自ずと匂いもしません。

これは長浜の二台のストーブも早く替えないと。

出勤途中に

暗いうちに会社に向かい、昔の歌を思い出していた。

いつもの駅でいつも会う、セーラー服のお下げ髪、もお来るころ、もお来るころ、くるまで待てぬ僕 明日があるさ明日がある、若い僕には夢がある.......、

歌を口ずさんでいると、なんともいえない嬉しい気持ちになってきた。そして昔を思い出していた。

考えてみたら、自分の人生はすごく楽しかったなあって、とっても良い人生だったなあって思った。

まだ終わってないけど今までだけでも満足な人生。これからも十分に満足できる人生を送ろうって、改めて思いました。

順調ではないぞ

今年に入って物事がスムーズに進みます。って言った先からつまずき。

Jean-Lueからメールが来て春の訪日は中止しますだって。正月明けからフィリピンへ一か月の旅行をしていたんだけど旅行が続くのに問題があると言います。

来春にAlexともども行きたいとあるから、まったくの途絶えではないのですが、なんかポカンと穴が開いたようで.......。

順調に進む

今年に入って物事がスムーズに進みます。

不動産の取得手続きが思ったよりも手がかからずに進んでいるのですが、確定申告も慣れてきたせいでもあってさっさと進みます。

初めてのおこないの準備も手助があるから上手くいきそうだし、工場のレイアウト変更も奇麗に上がっている。椎茸の原木造りが今日からですが、これも目途はたっている。

この調子で三月に来るフランスの友人との旅も天候に恵まれて上手くいくようにお願いします。

って、誰に頼んでいるのでしょう。誰が上手くいくことを司っているのでしょう。不思議だなあ。

老人会

長浜の高畑町の老人会に私は入っている。その総会が昨日あった。

大津では老人会に入っていない。こういう集まりが好きではないからで、長浜は村八分にされるのが嫌だから来た時から入っている。

六十人ほどの出席で組織率も百パーセント。観桜会や宿泊旅行、グランドゴルフに日帰りバス旅行。忘年会もやるし総会の後も宴会。

どれも出たことがないけれど総会の議事には出ている。

まあ、顔なじみも増えてきたし来年からは総会議事も欠席かな。

法務局

工場の土地建物の売買をして所有者を梅本さんから私に移す作業のいちばんが法務局への移転登記。

法務局のサイトに個人が書類を作って自分で登記できるように見本が置いてある。それをダウンロードして書類を作った。

印鑑証明や住民票なども役所を回って受け取り、昨日は法務局へ行って書類に不備がないかを見てもらった。足らない書類を指摘され、これから作ります。いよいよ二月十七日に移転登記。

これで所有する不動産がまたひとつ増える。京都のマンションと駐車場、大津の自宅と長浜の家、それにこの工場です。隣の畑も買うつもりなのでまだ増える。

相続される人にとって長浜は厄介な資産になるかもね。

危険積雪

長浜に向かって走ると雪が降り出した。勢いが衰えるかと思いながら走るがどんどん降る。

中間地点の近江八幡あたりで路面の積雪がタイヤで解けなくなってきた。雪の上を走るように変わってきてチェーンを着ける車も出始めた。雪は激しく振って収まる気配がない。

中間地点でこの状態だと北部はもっとすごいんじゃないか。とするとこれ以上の走行は無理。

Uターンできる場所にトラックを停めて長浜の近所の方に電話した。同じように降っていたら一旦大津へ戻ろうと思っての電話。ところが長浜は全く降っていないと言われる。こんなこともあるのですね。

その場所から彦根に入ると雪は全くなし。あの危険な思いはどこへやら。

初雪



朝、薪をとりに玄関に出たら外は雪。久しぶりに見る雪です。やっぱり日本の冬は雪が降らなくっちゃ日本らしくない。

ご飯食べたら長浜に向かうけど向こうは積雪じゃないだろうか。調べてから行こう。

トラックは普通のタイヤだから積もると滑る。滑っても走ったことあるけど田んぼに落ちたら大変だし、人や車にぶち当たったら大ごとだしね。

おこない

長浜で初めて知った行事が「おこない」。次のブログに書いてあるのですが、http://ishihime.jugem.jp/?eid=270

「湖北地方の最も厳粛な神事で、春がおとづれる頃にあちこちの村で大きな鏡餅を神社に奉納し、それを切って鏡開きをしてみんなに配りいただいて 一年の幸福を願う大切な行事」。

二十人ほどのお祝いの宴を今年は我が家で行います。先週に当番の方々七名が我が家に集まって準備の相談をしました。

神事へ御鏡を供える役が私の役で正装です。結婚式に着るスーツとネクタイで参列する。それを聞いただけで如何に厳かであるかわかりますよね。

我が家での宴は料理こそ出前を頼みますが吸い物を造ったりお酒の燗をしたりと忙しい。二月十八日の直前は長浜に入り浸りです。

確定申告

今年も確定申告の時期になった。面倒ですね。

昨年までとの違いは給与所得が極端に減ったこと。源泉徴収で支払い済みの税金が少ないから不動産所得と相殺できる額がない。

今までは相殺で少額の税支払いか戻り税があったのだけど、今年からは沢山支払うのでしょうね。

どれくらいだろうか、今日から計算に入ります。

大型案件

--------------------------------------------------------------
長浜の家に温水がない。だから風呂は入れない。

ガスボンベを配達してもらって湯沸かし器を使うのが一般的で電気で温水も料理もする方もいる。私は薪ストーブで料理している。だけど風呂の湯は欲しい。

太陽熱で湯を沸かす方法は一昔前に沢山導入されたが今はそんなに多くない。ところがこの太陽熱の利用効率が抜群に良くなっていて、冬でも太陽だけで80度以上の湯になる。機器に二十万くらいかかるけどガス代を思えば元はとれる。

設置まで業者にやってもらうと工事費が高くつく。自分でやりたいのだけど時間がない。

やりたいことが多すぎて湯沸かしは後回しになっているのです。そうして積もっているやりたいことを書き上げると、まったくもって欲張りだなあって思います。

この際、費用をかけるってことも考えたらどうですか。

自治会総会

午前中は高畑町の自治会総会。これで四回目の参加は丸四年を長浜で過ごしたことになる。

いろんなことがあってもっと長く住んだような気がするが、充実していたんだ、きっと。

大津の自治会費は月額千円ほどだけど高畑は月四千円。年間五万以上を払っている。どうしてそんなに違いがあるのか詳しく比べていないけど、行事は多い。

県平均の自治会参加率は五割前後だけど高畑は百パーセント。田舎は地域に対する意識がとっても濃いい。良いところもあれば煩わしいこともある。この煩わしさを知って若い人が居着かない原因でもあります。

気温二度

昼過ぎに長浜に入るとみぞれが降りだした。

暖冬のままこの冬は終わりかと思わせて二月の声を聞くと急に冷え込んできた。今朝の気温が二度。

暖かい一月は梅を咲かせてしまいました。写真がありませんが長浜の庭の梅も桐生の山の梅も咲いています。

どこまで寒くなるのか、今日は薪のコンテナを交換します。冷えると薪の消費が早い。

所有権移転

長浜の工場を買い取るべく手続きを進めていて今の建屋が未登記だとわかり、梅本さんは書士に頼んで登記を進められた。もうすぐ登記できると連絡が入った。

次は私が移転登記の手続きをすることになる。いろいろやることがあってこの登記が何時やるのか予定に入っていなかった。それが割り込んでくると他のことが後回しになる。

後回しになることは仕方がないのだけど、自分の気持ちの切り替えがスパッといきません。椎茸の原木の切り出しを考えている最中だったから、それを棚に上げるのがスパッといかないのです。

これも加齢のせいかなあ。

へ戻る