楽言楽夢へ戻る

鍛冶



鍛冶屋町の草野さんから鍛冶の実際があるので見に来ませんかとお誘い。婆ちゃんも連れて三人で行きました。

鍛冶小屋に入ると炉で火はガンガンいこっていて二人が呼吸を合わせて鉄を打っているところ。

お二人にいろいろ話を聞かせてもらった。この小屋が日本で最後に残った鍛冶小屋で、全国から見に来る人が絶えないそうな。



二月十六日には「麒麟がくる」の放映があって、この鍛冶場での撮影が放映されるらしい。その場面だけみましょうか。

後継者が少なくて一番若い人で46歳だって。でも継いで行こうとされているから嬉しいですね。

へ戻る