楽言楽夢へ戻る

身体の変化

皮膚の発疹やカユミは二年前には出なかった。生活の状態も変わっていないのに発症する。目の涙が目を刺激する時がある。それも数年前にはなかったこと。

成長するときの身体の変化って何かが出来るように変わる変化だったけど、老いに伴う身体の変化って出来ていたことができなくなったり身体が悪くなっていくこと。

ともすれば医療に頼りきりたくなるけどそれが功を成すとは限らない。元々人間を終わろうとしているんだから人間がお終いになるんだから仕方のないことなんだよね。それを無理にでも若い時に戻そうとすることが無茶な欲望かもしれません。

苦痛を伴うことがあるから致し方ないとしても、私は自分に言い聞かせます。「苦痛も我が身、快楽も我が身」って。

へ戻る