楽言楽夢へ戻る

干し柿



桐生の山で採れた渋柿です。皮をむいて軒先に吊るして干し柿にします。

皮をむくのも吊るすのも手間がかかるから、それを嫌って最近は自宅で干し柿を作る方が少ない。

手間を省くという生活習慣に慣れてどんどん手間をかけない生活に変わっていく。どんどん稼いでなんでも買う生活に変わっていく。

ほんとにそれが良いことなのか、確かめることも忘れて変わっていきますが、食べ物を作るのに手間を楽しむことを忘れ去っていきます。本当は手間をかけるときに柿を見て干し柿に仕上がる姿を思い浮かべながら作っていくと、出来上がった干し柿の味わいも違ってくるのですが。

へ戻る