楽言楽夢へ戻る

乾燥と皮膚

手足の皮膚にカユミが出て肌が荒れていくのが昨年の冬から始まった。春に治まるかと思ったが夏も続いて皮膚科でステロイドの塗り薬と抗ヒスタミン剤を処方してもらっている。

渡仏して肌のカユミが治まるかと思ったがひどくなっていくので薬の塗布が欠かせなくなった。おまけに予想外にひどくなっていくので薬が足らないと分かった。

現地で薬の調達は難しいので薬の塗布を減らすべく、寝ているときに肌を加湿するために食品用のラップを患部に巻いて寝てみた。

これが抜群の効果でカユミもなくなり薬の塗布もしなくて済むように変わった。帰国しても同じように寝る前にラップしている。

症状はよくなっているのだけど、冬は衣服の肌への接触が増えるし乾燥も強くなるのでカユミが出始めている。

乾燥させないことと肌接触を減らす工夫をやってみます。日中も植物性油脂を塗ってみます。オリーブオイルとかを。

できるだけ薬品に頼りたくないというのが気持ちの根にあるのです。

へ戻る