楽言楽夢へ戻る

薪ストーブ着火

試し焚きに持ち帰った少々の薪が少し残ったので昨日の夜は火を入れました。

奇麗に燃えてくれるのだけど調節の仕方が変わってまだ慣れません。二重になった煙突は真っ直ぐになったし煙突内の温度が上がったので吸引力が今までの三倍くらいの感じ。

その吸引力のなすがままに空気が入ると燃焼しすぎて高温になりすぎます。空気を入れないように絞るのだけど、それが慣れないのです。

ま、そのうちに最良の燃え方に落ち着きますが。

へ戻る