楽言楽夢へ戻る

射撃



本物の銃です。高畑町にお住いの猟師さんです。

昨日、防獣ハウスの枕木の設置をしていて、ふと作物の小豆を見るとさやが沢山落ちていて何者かが食べた跡だと分かった。サツマイモも又もや抜かれている。

業を煮やして猟師さん宅を訪ね実情を聞いてもらった。これで今年に入って私だけで三回目の被害で、近辺の被害を合わせると相当な作物がやられている。こんな実情を猟師さんは理解しておられて、「よっしゃ、明朝に駆除しましょう」と言われた。

今朝は夜明け前から猟師さんと私が畑を見下ろせる工場の二階に陣取って猿集団が襲ってくるのをまった。

長浜市も被害の増加に苦慮していて駆除を積極的に勧めている。駆除費用として一頭につき一万五千円の補助金も出ているそうです。

動物を殺すことに抵抗を感じますが、危害の程度が深刻になっている現状では生息数を減らすしか手立てはないと思います。

察知したかどうか、今朝は出てきませんでした。成果が出るまで毎朝待ち伏せします。

へ戻る