楽言楽夢へ戻る

手の届く



二階の網戸に止まったセミ。夕方に来て朝まで此処にいた。夜が明けると何処かへ飛んで行った。

昨年の今頃はツバメのグーパーを育てるのに一生懸命だった。毎日網と虫かごを持って夫婦で虫取りに行った。どこへ行けば虫が取れるかも分かったし、グーパーの好きな虫も覚えた。

去年の今頃だったら、このセミもグーパーに与えたはず。って、残酷に聞こえますよね。

へ戻る