楽言楽夢へ戻る

晴耕雨掃除



ミシェランのタイヤは買って一年目に外周が剥がれてきた。既に時間が経っているからクレームも効かないだろうし剥がれたまま乗った。

昔からミシェランばかり使っていたけど五六年前にイタリア旅行に持ち込んだ新品チューブが不良品だった。帰国して買ったところにクレームを言ったが受け付けてくれなかった。次にこのタイヤに行き当たった。

タイヤは距離にして一万キロ以上走れるのが普通だけど写真のミシェランは千キロも走っていません。完全に不良商品で全く検査検証しない商品を売っていると知りました。

以後、ミシェランは自転車用品も自動車のタイヤも買いません。ミシェランのガイドブックも信じなくなりました。こういうことをする会社はワイワイ騒がなくても世の中から排除されます。きっと。



タイヤを交換し、長くほったらかしだったメカの掃除もした。メカがスムーズなのは乗り心地が良いですね。

サツマイモが全滅

今日こそは梅雨の雨が降るから畑の水まきはしないでおこうと思いながら畑に着くと。



サツマイモの苗が何もない。全部引き抜かれて穴が開いている。苗はしおれて方々に散らかっている。

畑に詳しい宮崎さんに来てもらって見ていただいた。サルの仕業ですって。芋が小さくても出来ていたら食べるけど、無いから抜いただけなんだそうです。

根と葉がちぎれてしまった苗はどうしようもないけど、根に葉が残っている苗をもう一度半日かけて植えなおした。

芋が出来るころに又もやサルに食べられるぞって植えながら思ったけど、サルが入れない天までも塞ぐ囲いは直ぐにはできないし、すごく手間がかかる。

農家の方々が獣害に合ったり天災で収穫に至らない時の気持ちがつくづく分かりました。しゅん。

梅雨入り



長浜の玄関アプローチに植わるアジサイ。満開ですが勢いがありません。雨がないからシュンとしています。

長浜を離れる前に天気予報で晴れが続くようだと、畑に水をたっぷり撒いて大津へ向かいます。三四日雨なしが続いて長浜に来ると作物はしおれかけています。直ぐに水をやると正直に元気をだします。

雨が多すぎても畑には良くないけど、雨が無いと畑は壊滅。それほど作物にとって雨は大切。

人の意のままにならないのも雨です。

皮膚科二回目

一週間たって炎症は驚くほど治癒した。先生も「治りが早いね」と言われる。



痒みが少しだけ残っているのは小さいけど新たにできた炎症で、根気よくステロイドを塗布しアレルギーを抑える内服をあと一週間続けることになりました。

ステロイドの副作用で腎臓が弱って、もっと深刻な病につながることが怖い。だからステロイドを使われる皮膚科へは行きたくなかった。だけどあの炎症を抑えるには他に方法はないでしょう。

今後も治るまで使いますが、塗布を極力少ないようにすることとステロイドが患部以外から体内に吸収することを避けるように取り扱いに注意します。

昔はどうやって治したんだろうな。

TGV二回目



ブルゴーニュ地方を9/20まで走った後、ボルドーへ移動しArexのご子息の新生児に会う。そのあとボルドーを三人で走るのですがボルドーでの予定はArexとJean-Lucの仕事の状況で直前まで決まりません。

私が予約するのはボルドーまでの宿と列車。ブルゴーニュからボルドーへのTGVの予約が出来ました。一等も二等も1ユーロしか違わないので一等です。

ボルドー地方からはパリで乗り換えてボルドーに向かいますがパリの市内は乗り換えも大変なので近郊のディズニーランド駅で乗り換えます。

パリのディズニーって世界で二番目に大きいんだってね。と孫たちに言うと行きたいと言います。 都合が合えば孫を連れてパリへ行くかもしれません。

ネギ坊主



三品種とも収穫を終えました。長浜の縁側に吊るしてみると思ったよりすくないなあ。

タマネギを作ってみて初めて知ったこと。ネギ坊主が出来ると、その玉ねぎはどんどん硬くなって木のように硬くなりポキッと折れる。硬くて食べられません。ネギ坊主の小さいうちに収穫したら玉が小さくて少し硬くても食べられる。



大津へ帰って玄関を開けるとタマネギとジャガイモが置いてある。近所の林さんが下さったそうです。

林さんは遊歩道に散らかる木々の枯葉を掃除したり雑草をとったり、公共の場を進んできれいにされている方。集めた葉を大津市の指定ごみ袋に入れてごみに出されていたのですが、袋代もかかるでしょうから私の使っている繰返して使える袋に入れてくださいと勧めた。その枯葉をガレージに置いてもらい、桐生の山に運んで堆肥を作るのに使っています。

枯葉回収のお礼にと留守中に届けてくださいました。ありがたく頂戴します。って、林さんも菜園やってるんだ。できた堆肥を差し上げよ。

死ぬまで使う



この手帳は会社に勤めていた三十歳過ぎに買ったもの。当時六穴手帳がもてはやされて分厚いのもあったけどSazabyのこの薄手を買った。国産では高価な品だったが四十年も使えたってことは、良い買い物だった。

鉛筆は手で削るものを使います。鉛筆を削る感触とその時間が好きだから。

手帳と鉛筆をスマホのメモや予定表に替えたこともありますが、無味無臭の活字で知るよりも手書きの字を読むほうが心地よい。だからスマホでの手帳はやめたのです。この手帳と鉛筆は自分で字が書けなくなるまで使い続けます。

ちょっと卓



気にくわないデザインをなんとか修正し、中棚をつけてトップ以外を黒塗装するとビシッと決まりました。完成です。

これくらいの卓は使い勝手が良い。珈琲カップを置くにも本を置くにも手ごろだし、大勢で食卓を囲むときには脇に置いてお皿などを置ける。時には踏み台にもなります。

作るの大好き人間の今の製作品は二重煙突。あと一月くらいで完成します。熱いけど試験燃焼が楽しみだ。

広い床



桐生の山の大きな倉庫というか工場というか、床が完成しました。

この床は住宅用の床構造材を二重に敷き詰めました。厚さが24mm二枚だから5cm近い厚さ。パレットに1トン以上の材木を乗せて運びますからね。

実はこの建屋は左右にウイングがあって、その右ウイングの床を張ったのですが、残りがまだまだあるのです。

ナイスさんで端材の合板を貰ってくるのですが、重い。とにかく重いから腰にくる。来年かな続きは。

自家製タマネギ




早生のタマネギは一か月前に収穫済で二つ目の品種を収穫しました。あと一品種はもう少し先の収穫。

来年の三月くらいまで保存して食べられます。乾燥しないんだから不思議な植物ですね。

菜園でつくる野菜ですが、食べるときに買ったものより深く味わいます。美味いかどうかを確かめているのですが、よく味わうというのは食事が豊かになります。

野菜を作ることで味わう以外に植物の育ち方や天候との関係などをよく観察します。じっと見るというのも感性を高め思考にも影響しますから、その点でも豊かになるのですね。

作るというのは、ほんと、楽しい!

あらまぁ

前回はマウスを会社に持っていくのを忘れて難儀したが、昨日はマウスは持ったのにタブレット本体を忘れて何もできなかった。サイトアップもできなかった。呆れますわ、もう!



皮膚の炎症はステロイドを塗って治ったように見えても、同じ部位で体の中から噴き出るように炎症が再発する。これでは治っていかないと判断して皮膚科専門医院へ行きました。

滋賀医大の先生が開業されて患者はとても多い。昨日も二時間半の待ち時間でした。塗り薬は殺菌剤と皮膚保護剤とステロイド。内服でアレルギーを抑える薬と抗菌剤。

御覧のように寝るときは塗布した薬が剥がれないようにラップを巻きます。一夜明けて見てみると確かに治まってきています。

どうか早く治りますように。って、もっと早くに皮膚科へ行けよ。

嫌な事件

警官を襲って拳銃を奪う。そのまま市民の中に紛れ込む。

どうしてこんな事が起きるのか。小学生を刃物で殺傷して自分も死ぬ。そんな事件の生々しさが消えないこの時期に命を危険にさらす事件が起きた。

日本が変わっていってるように感じるのは私だけだろうか。命を軽率に扱う傾向が収まる方向でないから明日の日本に不安を感じるのです。

久しぶり

腰痛です。十日ほど前から床張りと材木移動で腰を強力に使ったらすぐに腰が痛くなり始めた。昨日の朝は痛みがあるけど長浜の川掃除はできるだろうと思って来た。

昨夜から痛みが強くなって身体が思うように動かせない。川掃除の集合場所に行って事情を話して休ませてもらいます。午後の総会は出ます。

慢性化しないように腰痛を矯正するストレッチを日に数回行います。早く治そう。

床張り



桐生の山の大型倉庫は建設時に床を張らずに写真手前の材木を積んでいた。床を張る間がないほど急いで材木を搬入したから。

雑然と積んでいたから収納量は少ないし積みっぱなしは移動も難儀。床を張ればパレットに材木を乗せて油圧パレッターで簡単に動かせる。

パレットに積みなおしながら空いた床に合板を張っていきます。この積みなおしが腰にくる。床張りも屈む姿勢で腰に悪い。腰のケアをしながらぼちぼち進めます。

長浜行き

木曜に長浜に入るのがいつものことだけど、今は大津の煙突二重化と桐生の作業場の床張りの作業が混んでいるので今週は行かないでおこうかと思った。

ところが日曜に自治会の川掃除と総会があるんだ。欠席はしたくないので土曜に長浜に入ります。

土日は雨模様で川掃除はあるのだろうか。まぁ、なくても総会はあるから行きます。

梅雨の晴れ間



大津は朝のウオーキングで通る公園。アジサイが咲き始めました。三日後かな鮮やかな色になるのは。



公園から山に入ります。尾根伝いに軽くアップダウンを繰り返す。気持ちの良い朝です。

午後から桐生の山に入って工場の床を張ります。相当な力仕事。

皮膚の炎症



ステロイドの塗り薬で炎症がほぼ治まった状態。変色部分が一時はただれたようになっていたし、どうにも辛抱のできない痒みがあったが今は治まった。足と手に痕跡がたくさん残りました。



ここはまだかさぶたがあります。薬の塗布を寝る前に行っている部分。突然のように痒くなる時があって、その時はかくのでなく薬を塗って我慢します。

ここまでひどくなったのは初期の段階で市販のかゆみ止めに頼っていたから。皮膚科に行こうかと何度も迷ったが冬も終わって乾燥も少なくなるから治るだろうと思ったのが間違いでした。

ステロイドを治るまで塗りますが、原因は想定のままだし治療も間違っていないか自信もありません。治りきらないときと治っても次の冬に再発したら、今度は皮膚科へ直行します。

使い分け

パソコンの操作は会社と大津と長浜の三か所で行う。それぞれで同じwindowsのタブレットを持ち歩いて使っていますがキーボードやマウスなどを持ち運ばなくても良いようにそれぞれに置きっぱなしがある。正確にはそうしつつある。

会社にだけマウスが無いのは壊れたから。買おうと思いつつ忘れてマウスだけ家から持ってきている。

きょうは持ってくるのを忘れた。画面をタッチして操作するけどジレッタイことこの上なし。何方がマウスを発明したのか、便利な道具です。きっとこの装置はなくならないでしょう。

忘れずに買いに行きなさい。

植付完了




長浜の新しい畑。神社の横にあるので神社畑と呼ぶことにします。

サツマイモの苗が土曜に大津に届いたのでそれを昨日に神社畑に植えました。べにはるかと安納芋が五十本ずつで合計百本。

長さ20mの畝が10列ある神社畑ですが、小豆が五列とサツマイモが四列で残りは一列になった。

サルの被害を避けると作物は限られるので残り一列に何を植えるか、被害を知る方々に聞いてきめます。

 














































気に入らない



天板にケヤキを使った小さなテーブル。ソファーの横で湯呑などをちょっと置くのに便利だから作った。

作ったけどデザインが気に入らない。側板を細めたり手直しをするけどパシッと決まらない。中板を二枚入れて塗装をすればましになると思うけど、気が収まらない。

駄作と言うのは作り始めから気が乗っていないときに起きます。強度だけに気が回りすぎていたり、木の質にばかり気が回っていて乗り気が薄れるときに起きますね。

作ることが好きだけど上手くいかないときもあるのです。ちょっと気がしおれます。

土木工事



長浜の表通りに面した庭です。家を買ったときから雨水が庭に垂れ流しで、雨が降ると水が溜まるし家の床下が湿るので通りの側溝へ排水管を通しています。

もう一つは水道の蛇口が家の壁にはあるのだけど道路で洗車などをするときに蛇口が道路際に欲しい。

水道管は寒冷地だから凍結を予測して地中30㎝以上深く埋めます。

手で掘るなんてとてつもなく重労働だけど、ユンボは約半日で完了です。やっぱり油圧はすごい。

これから配管と埋め込みをしますが、落花生の間引きとかサツマイモの植え付けとか、畑の世話で時期のある作業が待っているし、このまま二三週間置くかもしれません。

依頼人が私で工事人も私だからほったらかしても文句なし。

グーパーは傍に

長浜に向かう前のウオーキングを終えて自宅の前で空を見るとツバメが三羽舞っている。

そのうちの一羽が私の頭上を低く飛ぶ。「グーパー」って声をかけと真上をぐるぐると回りだした。

「グーパー」「元気だね」って言う。グーパーは返事しないけど何度も何度も真上を回って私に気持ちを表している。

他の二羽は何処かへ去ってしまったけど五分くらいだろうか、スイスイと私の上を回って私を見ている。グーパー以外のツバメがこんなことする訳がない。間違いなく私に気持ちを伝えています。

グーパー、ありがとう!

TGV予約



取れました。カード認証がうまくいかなくて六回も手続した。最後まで同じ入力を繰り返したのだけど最後にどうして認証されたのか分からずじまい。

もう一回TGVの予約が要ります。ブルゴーニュからボルドーへの移動で予約ができる三か月前が今月の21日だからまだ先です。

旅の準備として道中の詳しい情報を集めています。ロンリープラネットのガイドとかネットの情報を探す。

綺麗(きれい)ですよ。

税額



大津市からの税額通知。市民税と県民税を合わせて17万円。毎年思うのは「高い」。

市と県の税金の使い方を見ていると、収める側の金銭感覚とは違うラフさを感じることが多い。

県のサイトに不具合があったという記事。そのサイト構築に使った費用が一千万だという。私の会社が引き受けるサイト構築で一千万なんてありえない高さ。

家の近くの草津川に新しい橋を架けている。新しく県道を作っているのだがその県道は必要なのか。私は必要ないと思う。橋と道路で億単位の税金が使われるのだけど.......。

TGVの予約

フランスで普通列車は何度も乗ったがTGVに乗るのは初めて。

三か月前から予約ができるのですが、今日がその日。南仏のコートダジュールからブルゴーニュ地方へTGVでも7時間ほどかかる。予約の要らない普通列車だと途中で一泊になります。

フランスの鉄道運賃ですが日によっても時間帯によっても値段はまちまち。多分65ユーロくらいで買えるでしょうが高ければ120ユーロもあり得ます。

この記事のアップの後にオンライン予約をしますが、問題なく予約できますように、よろしくお願いします。

七日で発芽



先週に播いた小豆の種から芽が出ました。たった七日です。

この芽が土中の水分を吸い上げて太陽の光を合成し高さが背丈ほどまで伸びる。そして自らの遺伝子を後世に残すべく種を作る。

植物も動物も生きるということを真正面で見ると感動します。ほんと良くできている。

人はそれを横取りして食べ物にする。横取りは言葉が悪いですが地球上の動植物は食物連鎖で成り立っているからその一環です。

収穫はフランス旅の帰国後かなあ。

季節の違い

冬に皮膚が乾燥して炎症を起こし、ひどくなったのでステロイドを処方した。その効果は抜群だけど薬だけでなく気温や湿度が変わって体の活力が皮膚にまで届き、潤いが出てきて炎症が治まっているようにも思う。

気温が上がってからの体の違いを観察すると萎縮した感じが伸び伸びした感じに変わっている。やはり気温が二十度を超える環境が生きやすい。微生物の酵母なども二十度を超えると活動する。野菜も二十度を超えると発芽する。

すぐに夏が来て三十度を超える日が来る。すると身体は違う反応を起こす。またもや快適でない反応を。

ご機嫌悪し



昨夜に仕込んで、朝出来上がったパン。しっかり膨らみませんでした。

今のホームベーカリーはドライイーストでは焼けますが天然酵母では焼けないと説明書には書いてある。それをなんとか焼けるように工夫をしています。

コネ、発酵、焼きが主な工程ですがコネを増やしてそのあとに寝かせを入れると上手く焼けることが分かってきて、その時間配分を試している最中。

寝かせを二時間と長くしたのが原因のようです。一時間半だったら上手く膨らみましたから。酵母は生き物で扱い方で活躍もすればさぼりもする。人との付き合いと同じだね。

芽吹きと収穫



二週前に種を播いた落花生が芽を出し始めました。二年前に種を買って植えた残りを二年後に使うのだから芽が出るか心配でしたが植物の種はほんと優秀です。古代のハスの種が千年後に芽を吹くのですから。それに土を被せるだけで「それ行けっ」ってばかりに活動を始める。どこにどんな感知器を備えてるんだろ。



寒い冬を畑で越した玉ねぎがもうすぐ収穫。早生の玉ねぎは収穫終えて食べてますが、甘くて素晴らしい出来です。

玉ねぎの収穫時期を見分けるのは簡単。地上の葉が倒れると収穫です。

へ戻る