楽言楽夢へ戻る

成人

五十二年前、ご多分に漏れず私も成人しました。

あの頃は京都会館で新成人が集い、晴れ着のショーかと思うような華やかな式典だった。と思う。

私には晴れ着もないし、当時は反骨精神旺盛で、成人だって祝うもんじゃないだろって息巻いていた。だから行かなかったし行きたいとも思わなかった。今から思っても行っておくべきだったとは思わない。

あの時の気構えが自己の確立が大切で、未熟者がこれからの人生に向かってどんな方向へ進むのかさえ見通しはなかった。未来に対する不安が心の底に流れていた。そんな日々も友人や恋人との生活は素敵だったし楽しかった。

五十二年が過ぎ去って、今、私は幸せのど真ん中にいます。これ以上の幸せはないと思えるくらい幸せです。

この世に私を送り出してくれた父と母に、心からありがとうと言えます。

へ戻る