楽言楽夢へ戻る

2018-09-22 Sault - Carpentras = Nimes



前半10区間の最後。山を下って電車に乗って後半の出発点へ移動する。



Saultの村を離れて直ぐの道。なんとも言いがたい雰囲気。朝日の木漏れ陽と冷たい風の中を、ゆったりと下る。



グランドキャニオンほどの凄さはないけれど深い渓谷がずっと続く。



二日前に極めた頂上が何度も見える。見るたびに「よくやった」って自分を誉める。



自信顔でも自慢顔じゃないよな。
えっ、自慢しとるってか。



崖を削って作った切り立った道。時々こんなトンネルを潜る。自転車が向こうから沢山登ってくる訳は傾斜も景観も素晴らしいからでしょう。



後半はラングードックという地方を走る。際立った高い山はないけれど、とにかく昇降が激しい。



電車で百キロ先のNimesへ移動です。NImesで三泊の大休息をとって後半に備えます。



フランスもイタリアも自転車の市民権は素晴らしく、自転車用の積み込みスペースが作ってあって無料。この仕組みって自転車旅が柔軟になります。

へ戻る