楽言楽夢へ戻る

2018-09-12 Bargemon - Comps-sur-Artuby





今日は一気に935mまで登って、アップダウンを繰り返す高原のような所を走る。



どんどん山に入っていく走行三日目です。



出発のバルジュモンという村は落ち着きがあって自分の好みにぴったりの村。機会があればもう一度泊まりたい。



村を眼下に見るところまで登った。朝から汗がタラタラ落ちる。



休憩を多目にとって老体をいたわる。以外と元気そうな顔してるじゃないの。



登りきると草原の細道。正面には岩山が連なる。車は一台も通らない。まるで天国を借りきって走っている気持ちです。



宿に荷を入れたのが午後二時。食品を売る店は昼時の休みで手に入らない。昼も食べてないから宿のレストランで定食を注文。

フランスで何が困るといえばレストランの注文。メニューは分からないしスマホで翻訳しても出てこない。本日の定食みたいに黒板に書いてあるのを注文するのが限界です。ポテトとトマトのボリュームあるソース。けっこう美味かった。



デザートも適当に選んだけど大当たり。クリームの飴焼きのようです。コーヒーがついて15.5ユーロ。3年前に泊まったときに夕食を食べて美味しかったのを覚えていたから素直に注文したんだよな。

明日は山の中の一軒宿で宿以外に何もないところ。この村で食品を買い込んで運び挙げます。

へ戻る