楽言楽夢へ戻る

携帯紛失

夕刻に風呂へ行こうとして携帯がないことに気がついた。最後に触ったのが自転車トレーニングでハンドルに装着したとき。

ハンドルを見たが付いてない。家中探したがない。自転車で走った道を車でなぞって探したがない。

かみさんにメールして鳴らしてもらう。もし誰かが出たら引き取りに行くから名前を聞いておいてくれと書いた。

家のなかをもう一度探していると家の前にパトカーが停まった。警官が二人玄関に来られて「携帯落としましたか?」。

道にバラバラになって落ちているのを誰かが拾って交番に届けてくださった。拾い主は名も告げずに去られた。



交番で組み立てて電源を入れるとかみさんから電話が入って私が分かったから届けに来てくださった。

長浜のこの地に来て三回目の夏。この地の人々は間抜けな私でも優しく扱って下さいます。拾い主にしても警官にしても、こういう日本人がこの地に居られることを、とても嬉しく感謝です。

見習わなくては!

へ戻る