楽言楽夢へ戻る

自転車梱包

自転車は完全に分解して運ぶ。が、フレームと車輪は三辺合計158cmの市販トランクには入らない。

今まではクッション材で包んで輪行袋に入れてテーピングして預けていた。

乱暴に扱われるのが航空荷物。カナダでは帰国して開けるとかみさんのカーボンフレームが割れていた。帰国時だったからよかったが、旅の開始時に割れていたらどうにもならなかった。



専用トランクを製作しています。フレームと車輪二本を入れて隙間のない形。大きすぎると追加料金を取られるので必死。重くならないようにも工夫。

壊されず、大きくなくて軽いから既定運賃だけで飛べる。自転車旅を続けるこつです。

へ戻る