楽言楽夢へ戻る

酒を飲む

思いっきり酒を飲んだ夢を見た。怖いほどの量を飲んで泥酔。

トラックを運転してきた場所で友人達と飲んだ。騒いで遊んで、さて帰ろうとなって困った。飲酒運転しないと次の用事の場所に行けない。

昔、実際に酒を飲んでいた時代にこんな場面になったら飲酒運転をしたと思う。

夢の私は賢くなっていました。タクシーで移動しよう。トラックは明日まで此処に駐車しておこう。と。

そこで眼が覚めた。寝汗をかいていましたね。それほど緊張したんだ。こんな夢を見ると酒はより一層遠い世界に離れます。

へ戻る