楽言楽夢へ戻る

不思議

長浜から大津への移動は夕刻の湖岸を南下する。比良に沈んでゆく陽が湖面を照らして物悲しさを漂わせる。

聞き慣れた音楽は昔よく聞いた曲が多い。その曲を聞いていた昔をよく思い出す。恋人と過ごした時間を、その頃の笑顔や仕草まではっきりと思い出す。

そんな思い出をつなぐように友達が現れる。二時間の道のりの大半を思い出が締めることさえある。

好きなんです、幸せに浸れるその時間が。

へ戻る