楽言楽夢へ戻る

知人が



秋のフランスツーリングのコースを作り始めました。

ロンリープラネットの自転車ガイドに沿ってコースを決めていくのだけど、無理のない距離と登りに変える。

田舎へ行くほど宿が少なくなるし、大きな問題はネットで英語で予約ができることと、予約金を事前に払わなくてもよいこと。

泊まりたい距離に宿があっても言語で泊まれないことは今までに沢山あった。そのためにコースを選び直したこともある。

今回は英語が通じなくても予約金が要ってもカンヌの知人に頼めば予約ができる。これは助かります。

旅行中に突発で問題が起こっても知人が現地に居るというのは、すごく安心です。

持つべきは友人。ってことがこんな場面にもあるんだね。

へ戻る