楽言楽夢へ戻る

地球のエネルギー

薪のコンテナを窓際に運び入れるためには庭の除雪がいる。除雪に使うユンボを置いている自転車屋跡の車庫から出すにも車庫前の除雪が必要。

この雪掻きをしていて思うのは、地球の気候が雪を運んでくるのだけど、これを人間の力業で雪を作り積もらせるとなると、どれ程のエネルギーを使うだろ。

もし、電力で雪を作るとしたら途方もない電気が必要。それを地表にくまなく撒くとしたら、どんな道具でどうやって撒くか。これも途方もないエネルギーがいる。

地球上に存在する自然を維持する力を思うと、とてつもなく莫大なエネルギーを秘めているのだとわかる。

雪や氷で地表を冷やすのも自然の力。その力の環境で生きる私たち人間は、雪と闘うと言葉にはするが、闘っても勝てるわけはなく、ただ自然の力に従って生きていると気がついた。

昨日の今日

午前中は自治会の総会に出て、午後に大津に戻った。

戻る直前に水道管が破裂して噴水状態。凍結の影響です。元栓を閉じて帰ってきた。

今朝はトラックで再び長浜へ向かいます。

昨日は孫二人と四人で高速で帰った。一時間だから、あっという間。今日は湖岸を走る。

常に高速を使わないのは、費用もあるけど高速運転が嫌だから。私は同じ距離を走ったとき、高速だと倍ほど疲れるのです。

子供は狭い空間に長時間閉じ込められるのを嫌がるし、長浜を気軽に訪れるようにするためにも高速を使いました。

さて、朝ごはん食べたら琵琶湖を見ながら、ぼちぼちと走りましょう。着いたら水道管の修理から。

雪の中



長浜は一面の銀世界。こんなフワフワの雪原に大の字になって寝転がり、真冬の雪空を見上げる。

しばらく寝ていると雪の布団が暖かくにさえ感じる。久しぶりやなあ、この感触。



孫たちは庭でカマクラ作ってる。



公園の坂をゲレンデにこしらえて。

耐寒合宿

孫を連れて一泊で長浜へ向かいます。国道も真っ白で雪用タイヤが必須だから娘の車を借りて行く。

雪で思いっきり遊ぶんだけど、問題は気温。予報では今夜に氷点下六度とある。二台の薪ストーブをガンガン焚いても、ここまで下がると寒いはず。

ま、防寒着を沢山もっていくしかない。

それにしても、今年の寒さは異常だね。

ハイソサイティ

賭け事

昨日は株の話で一種の賭け事ですね。

私は性分に合わないのか賭け事は好きになれない。パチンコ、競馬、競輪、宝くじと一通りやったことはあるが面白くないし博才もない。

麻雀だけは別で大好きだった。と、遠い過去形なのは最後に卓を囲んだのがかれこれ四十年前。

会社帰りに近くの雀荘に毎日のように通った。徹マンもしばしばで、会社の役員とも朝帰りだった。

強かったから月末の精算金で皆に宴会をおごってやったことも何度か。

たぶん今でも親指の腹で盲杯は出来ると思うが、身の回りを見ても麻雀の麻もありませんね。雀荘なんで会社や大学の傍には沢山有ったのに無い。

日本人の趣向が変わったのだろうな。自分もそうだし。

株価

二銘柄の株を持っているが、十五年くらい前に買ったままで売買は一切していない。配当金が年に三十万以上あるのがちょっとしたお楽しみ。

ファンドは二十年くらい前に買ったのをもったまま。株もファンドもどんどん値上がりしている。

世界中の景気がゆっくりとした登り調子だから、前回のバブルの時のような過熱感がなく、まだ登っていくような気がする。

バブルの時は頻繁に売買していたが、結果は損で終わった。エネルギーばっかり費やして、儲かった時でも足が浮いたような気になって、充実感が全くない。

株やファンドや為替の売買はやめると決めた。その時の残骸を持ったまま値上がりの今があるのです。

今後も売買はしませんが、持っている券の売却だけはあります。売って益が出ると買いたくなるのが人情ですが、充実感のない生活には戻りたくないから買いません。

何時に売るか。手にするお金はどうするか。この事自体に足が浮いた状態で充実感がないのです。

積雪

東京で積雪とニュースはうるさい。

車も人も雪に馴れてないから確かに危ない。滑る経験が只々ないから危ないのだが、雪国の人は同じ状況に置かれても滑らない。

雪山を歩くのに旭川へ行った時、ツルツルの交差点を皆さんさっさと歩かれる。旭川でも札幌でも普通の靴で。

僕たちは恐る恐るソロソロ歩いても滑る。遅いから皆さんが歩く邪魔になる。札幌のさとこちゃんやあにゃんに聞いても怖くないって言ってた。

北海道も懐かしいけど佐々木さんご夫婦はどうしてるんだろ。会いたいなあ。

再会



流して無くしたコンタクトが出てきた。

洗面所の外の廊下に落ちているのを、掃除機をかけていたカミサンが見つけて拾ってくれた。

どうやって装着場所の洗面から外に出たか? 足が生えたか。

無くしたと諦めたのが帰ってきたのが凄くうれしい。落ちた廊下は頻繁に歩くのに踏まれずに居た。掃除機に吸い込まれずに目についたのも奇跡みたい。

ふられた彼女が戻ってきたみたいな気持ち。今年はきっと良いことが連なって起きるぞ。

順序だて

湯上がりに下着を着ていてふと気がついた。

パンツを履いてからシャツを着るのが自分の順序なのに、昨日はシャツを先に着てしまった。

シャツを先に着ると下半身がスッポンポン。オムツがとれて嬉しい乳児が、オチンコ見せながらヨチヨチ歩く姿を連想する。

「俺は乳呑み子じゃねえ、俺は大人だよ」って意地っぱりみたいな気持ちがパンツを間違いなく先に履かせてきた。

今日はどうしたんでしょう。オチンコブラブラ乳呑み子そのまんま。カッコワル!

ちよっと前まではシャツを先に掴んだら、シャツを戻してパンツに掴み替えて先に履いたのに、分かっていながらシャツを着てしまう。

これって横着人間になったのでしょうか。それとも細かい事に拘らず、おおらかになったと思うべきでしょうか。

こんなことを考える奴って変ですか。

寒冷地

寒さが厳しくて雪の多い土地に住む人の冬は、体を衰弱へ強く引くことを知った。

農作業もないから屋外で日課として身体を動かさない。家のなかも暖房しているのは限られた部屋だけだからじっとしている。

テレビの前でじっとしている生活が四ヶ月も続くと、身体はカスカスになる。

自分はどうか。昨日は好天だったから朝のウォーキングも夕刻の自転車も乗れた。雪が積もると家のなかでの運動だけになる。

テレビの前でじっとしているよりはましだけど、冬に身体が衰えるのを実感します。

かといって冷たいみぞれの中は歩けない。越冬の暖地に住むって、三軒の家はないだろうし。

水に流す

コンタクトを流して無くした。



就寝前に眼から外して手のひらで洗浄し、右のホルダーに入れて水道水で洗う。

朝は一番にホルダーから外して眼に装着する。が、今朝はホルダーの中にコンタクトがない。

洗面の隅から隅まで電池で照して探したがない。一昨日の寝る前の洗浄時に外れて流してしまったようだ。

旅行中は洗面が止水出来ないことがあるので網で受けて洗浄する。自宅は明るいし止水するから流れても拾える。はず。

外れたことを見落としたんだね、きっと。

三十年のあいだに流して無くしたのは二回目かな。割れたり傷が着いたりして何度も作ってる。

身体の目は買えないけどコンタクトは買えるだけラッキーと思え。

戦火を逃れ

下の孫がインフルエンザにかかったのが四日前。看病にカミサンと母親。

母親が昨日発症した。カミサンの発症も時間の問題。孫を大津の自宅で看病しているからウィルスは自宅に蔓延している。

そんな大津に帰ったら予防接種してないワタクシは間違いなくインフルエンザにかかる。

事態が治まるまで当分長浜にいます。仕事は直接京都に入って長浜に戻る。いわゆる疎開。

家が二軒あるとこういう便利もあるんだ。

火は贅沢



炭火で焼く鶏と豚。塩で食べるがとびっきり美味い。



庭で作ったさつまいもを薪ストーブの上に置く。ほったらかしておけば焼き芋は甘い。



家のなかに火があるのは気持ちの芯まで暖かくなる。

いろんな贅沢をしてきたけど、家のなかに火があるのが最高の贅沢です。

西池



朝のウォーキング途中の西池は、冬に渡来する冬鳥の楽園。

その数はとても多く、希少な鳥も来るから遠路観察に来る方が多い。

二三日の冷え込みで氷が張っている所もある。氷上を歩く鳥もチラホラ。

何千キロも飛んできて、氷る池に浮いて寝る。鳥の生きる力って凄いなと、何時も感心します。

隙間



冷蔵庫と壁の隙間が17cm。



車輪に乗った大きな棚が、隙間を出たり入ったりします。出たままでも冷蔵庫は開けられる。



奥まで収まった姿。この棚に入る食器や調味料が思ったよりも沢山。

倒れない工夫はトップの稼働レールです。車輪を大きくしたから軽く動きます。

どうですか、いいでしょ! これからはスキマ博士と呼んでください。

寒波



今朝の気温は-3.3度。薪ストーブは室内を20度近く上げてくれるが少し寒い。



二階から見る池は真ん中を残して薄氷。大津も積雪で車が出せないと電話があった。

雪と寒さで人々が閉じ込められる北国の冬。それを乗り越えて外での活動に挑戦します。

寒波



今朝の気温は-3.3度。薪ストーブは室内を20度近く上げてくれるが少し寒い。



二階から見る池は真ん中を残して薄氷。大津も積雪で車が出せないと電話があった。

雪と寒さで人々が閉じ込められる北国の冬。それを乗り越えて外での活動に挑戦します。

五歳の英会話

昨日は三人で二回目の英会話。姉妹で毎日寝る前に繰り返して練習してるから、来るなりすらすらとフレーズを話した。

新しいフレーズに入ると五歳の孫が嫌がった。カミサンにおんぶしてもらってやっと声が出た。

上の孫は話したい動機がはっきりしてるけど、下はお姉ちゃんがやるからくらいで、気乗りが薄い。

今日も三人で練習。続くといいのだけど。



薄型CDコンポの中古を買った。二人が自宅で聞いて話せるように持って帰らせる。

何か工夫して英語が楽しくなるようにしないといかんなあ。

粋なおばさん

[埼玉 斎藤さん]は誤りで、[宇都宮 斎藤さん]でした。宇都宮は栃木県です。ごめん。

昨日の朝は道路が凍結状態。京都までの通勤に神経を尖らせた。

いちばん滑るのが京都盆地に下る馬町の坂。無事に滑走なしで通過できた。

その先の交差点で見かけたのがアバルト。小太りのおばさんが軽快なハンドル捌きでコーナリング。助手席に息子を乗せて駅の方角に消えた。

フィアット500に乗るおばさんは結構見かけるけど、チューンアップしたアバルトのおばさんは初めて。



メーカーサイトの写真を使わせてもらいましたが、私の乗りたい車です。走って楽しそうなチューンナップカー。
あのおばさん、粋やなあ。

写真見えました

[埼玉 斎藤さん]




雪山は地元、栃木県と群馬県にまたがる金精峠で、クリスマス後に閉鎖になりました!

[加藤建三]
この雪の峠を自転車ですかあ? 雪道を走れるなんて知りませんでした。落車もしますわ。

[埼玉 斎藤さん]


[加藤建三]
これがケアンズですか。何年か前の冬に走ろうと宿もコースも調べたんだけど、雨季でやめました。雨降りませんでしたか?

[埼玉 斎藤さん]


[加藤建三]
娘さんですか? 大きくなったんだ。
斎藤さん、写真ありがとう。バリバリ走れる身体を見て励みになります。

湯三昧

長浜の家に風呂はあるが沸かしたことがない。



青点の家から車で五分以内に三ヶ所と15分以内に二ヶ所も温泉がある。



いちばん近い須賀谷温泉はお市の方が湯治に使った名湯。まだ行ったことがない。



あねがわ温泉は昨日行ったが、あまり行かないのは清潔が過ぎるのか髭剃りが禁止。風呂で髭剃りできないって、おかしいよな。

常に行くのは野瀬のバーデアザイ。地元の方々が多くお年寄りも子供も親しみがもてる。気軽に話しかけてこられる。

思えば風呂もいちばん落ち着くところに通うもんだね。昔の旦那が通う遊廓がきまってたように。

計るを図る

大津にいるときは新しい体組成計で毎日計測する。



十年以上使ったのを長浜での計測に使うが新しいのは敏感ですね。ちょっと運動が足らないと数値に出ます。

体内年齢は大津でしか分からない。長浜で運動に励んで大津に帰ると体内年齢が何歳と出るか、楽しみ。

ちょっと体重と体脂肪が増えて骨量が減ると56歳が57歳になるときもある。56歳でいたいから生活の乱れを防ごうという気になっている。良いことだね。

体内年齢が15才も若いとでるのは私だけだろうか、身体のことを考えない人の体内年齢は何歳とでるのか、知りたくなってきた。

何方か試験計測につきあってくれませんか。70歳の方が90歳と出ても公開しませんから。

真冬

長浜の朝は氷点下。足元が滑るから気をつけてウォーキング。



氷紋は宇宙の生き写しだね。



庭の南天はいま真っ赤です。



池に映る冬空に晴れ間も。魚は氷点下でも元気。



オモトにも赤い実。

[東京 中村さん]
ゴメンメール…結構でございます(笑)

いつも楽しみに拝見をさせて頂いておりますよ。加藤さんの元気な顔を画像で見て、私の生きる活力にさせて頂いております。(たまに「ハラハラドキドキ」も在りますが…)

うちの家族みんなも、お陰様で元気に過ごしています。お話をしたいことが山ほど在り過ぎて。。。

いつまでも加藤さんの通信簿が続くよう祈ってます。

[加藤建三]
関西に来るときは連絡するように。桜田は飛ばすけどラーメン喰おう。

迷惑かけて

[東京 中村さん]
おはようございます、昨年に父が亡くなりまして喪中ですため、新年のご挨拶は割愛させていただきます。

本日から仕事始めでして、メールのチェックをしておりましたら「長瀬」さんと言うかたへのメールが私に届いておりました。取り急ぎ、お知らせさせていただきます。

お身体を御自愛なさってくださいませ。

[加藤建三]
やっぱりゴメンメールを出すべきだったわ。
お子さんたちも元気ですか。

[埼玉 斎藤さん]
すいません、携帯のようで容量制限で写真がカットされていたようなので、再送しておきます!

[加藤建三]
長浜ではデータ通信なんで二回目も写真が化けます。サーバーにメールは残っているので、水曜に京都から掲載します。ごめん。

誤メールが思わぬ展開になっている。良かったのか悪かったのか?

元気余って

[埼玉 斎藤さん]
あけましておめでとうございます!
年賀状の時期になると、年賀状を辞めた加藤さんの事をいつも思い出します。もちろん、今年も思い出しております。
そんな時に、久しぶりのメールが!
懐かしくかんじられました!

こちらも元気に家族3人過ごしております!12月に雪山MTBで落車して足を痛めましたが、なんとか家族旅行でケアンズに行ってきました!
ですが、立ちごけで同じ場所を痛打して帰りは車いすでの帰国となりました。

帰国後、翌日に復活するも玄関マットにつまづき3度目の同じ場所で厳しい正月明けですが、楽しんでやっております!

コンピューター何度か変えてなくしていたアドレスも見つかりましたので!たまに、遊びに行きますね!

[加藤建三]
雪山自転車ですか。イタリアかな?
しかし、車椅子のお世話はいけませんなあ。

「君と行きたいイタリア」じゃないけど、またお便りください。

幼少期英語

孫二人と英会話に挑戦することにしました。昨日はその初めての会話練習。



下の孫は保育園児。まだ漢字は読めないし日本語も分からない言葉がいっぱい。でも、英語を身につける時期としては適切だと思う。

教材は特定しないが私自身が使っているNHKラジオ英会話を多用する。



昨日はその最初の二行を声に出した。

「すみません、市民会館まで行きたいのですが、教えていただけますか」この市民会館をスーパーマーケットに変えてメモに書いたのを渡した。

この部分を何度も何度も繰り返して聞いて話す。単語がどうのこうのと言わない。発音が多少間違ってても構わない。

毎日は会って練習できないから、寝る前に二人で互いに声を出して十回話すことを決めごとにした。

一週間後には、何も見なくても話すはず。

長期間のことだから楽しくやりたい。そして三人で海外旅行に行くことを夢にして、やる気を持ち上げたい。

ひっこみがつかん

[東京 山西さん]
カトケンさん!ご無沙汰してます。
久しぶりの通信簿ありがとうございます! 相変わらずお元気そうで、読んでて嬉しく懐かしい気分でしたよ!
僕も先月はキューバに行ってました。日本は寒くてツライですが、新年、気を引き締めて今年も楽しくいきたいですね。
カトケンさんも、お元気で! チャリ旅の報告も楽しみにしてます!

[加藤建三]
誤メールをこんな風に読まれると、長瀬さんへの手紙だよって言えなくなるじゃない。たぶん善意に受け取ってくれたんだよな。ありがとう。

一時は山西さんに感化されてキューバ旅の計画を立てたけど、行かなかったなあ。山西さんの行動力には頭が挙がりませんわ。

大津に浸ったお正月休みも今日で終わり。明日、お客さんへの挨拶廻りを終えたら長浜に入ろ。

やりたい創作は長浜に山積だ。
こちらに間違いメールが届いておりますのでご報告申し上げます。加藤さんのブログを毎日楽しく拝見しております。今後ともよろしくお願いいたします。

そうなんですよ、長瀬さんに年賀メールを書いていて、昔の通信簿を下書きにしていたんだけど、途中で誤って送信してしまった。

正月から誤送信ごめんなさいと、昔の読者の皆さんにメールをしようかと考えたけど、間違いって分かるだろうし、まっ、いいかって黙ってた。ゴメン。

木村さん、二軒目のお店はどうですか?
最近、さっぱり外食しなくなって、、、、。機会作って伺います。

美味しいですよ。

元旦



五人で祝うお正月。作ったおせちとお雑煮がおいしい。御神酒はずっと昔になくなった。



建部大社は何年ぶりか。



身体にとっての日課は何時もどおりにこなした。自転車にも股がって15km。寒いけど走ると汗。いいぞっ!

今日は孫は来ないんだって。

さっ、桐生の山に入って初仕事に励も。自転車にも乗ろう。

新しい歳

みなさん、明けましておめでとうございます。

71回目のお正月。老いはあっても元気で迎えられた。その元気を今年も保とう。

孫と長浜のお正月を楽しみたかったけど、今年は行きません。孫にとっては遠いだけで特別に楽しい場所ではないからです。

私にとっての楽しみが孫も同じく楽しみだとは限らない。それを私の勝手で連れていくのは良くないですから。

孫との接し方を思うと、ベチャベチャと迎合するようなことはしたくない。ご機嫌をとるようなこともしたくない。子供から見て魅力のある楽しい老人でありたいです。

今年は秋にフランスを再訪しよう。できればマレーシアも走りたい。桐生でのブドウ栽培を再挑戦しよう。会社の給与所得をゼロにしよう。

いま思い付く今年の目標みたいなことです。それぞれの詳しいことは折りをみて書きます。

みなさんにとって、私にとって、今年も良い歳でありますよう、心から願っています。

大晦日

一年の記事をめくり返してみた。自分にとって自信をつけた年だったと思う。

正月明けに前立腺の炎症をおこし、3月に右膝の故障が始まる。膝は二ヶ月も痛んだ。

その後、徹底して膝の回復に励んだ。できることを全てやって日に日に回復するのを感じ、フランスへの自転車旅につなげていく。

自転車旅も身体の故障もなくとても楽しい時間を過ごせた。今は身体の故障や心配する部位は全くない。ここまで回復できるという自信を手にいれたのが素晴らしい。



ストーブトップは朝からおせちの煮込みで満杯。孫たちも元気一杯のお正月を迎える。

良い年だった今年に別れを惜しみつつ、くる年も味わい深い歳であるよう願って大晦日を送ります。

へ戻る