楽言楽夢へ戻る

私を棄てないで

長浜は二台の薪ストーブを焚いている。長浜の冬は寒くて雪が多くて家に閉じ込められるから何もできない。



写真は大津の初代と二代目のストーブで左の初代は引退後に火を入れることなく桐生の山でで保管している。

長浜で雪が降っても外でしかできない工作などをできないものかと考えた。



借りている自転車屋跡の展示室を工作室に改造したらどうだ。作業台を作ります。工具台も作ります。桐生の山にある隠居ストーブを持ち込んでガンガン焚きます。

木工など工作が積雪しても出来るとなると、雪に閉じ込められる長浜でなくなる。

これは画期的な変化になるぞ。

へ戻る