楽言楽夢へ戻る

十八軒



差し上げるなめ茸をパックに詰めているところ。

長浜だけで十八軒に差し上げるのだけど、二年前は一人として知らなかった。

一軒一軒配って歩くと、笑顔が18回も帰って来た。二年という歳月をこの地で過ごした確かな痕跡が此処にある。

笑顔とともにこの地で生きる喜びを分かち合い、この地で過ごすことの快適がこのようにして在り続けるなら、なめ茸も充分に役にたっている。

皆さん、これからもどうかよろしくお願いします。

へ戻る