楽言楽夢へ戻る

起きたのが

朝八時、一回も夜中に目が覚めなかった。疲れてるんだ。

会社に電話して自宅からネットで仕事すると伝えた。明日の給与と仕入支払いを整える。確定申告もまとめないと。山では原木の切り出し、沢山のやることが積もった。

こういうときは気持ちが先に先に進みたがる。そこを押さえてゆっくりとじっくりとやるのが味噌。ひとつずつ「よしっ、完了!」って気持ちの中を押さえていくとすっきりするんだ。

起床時刻

目覚ましは四時半に鳴る。目覚ましで起きるのが大半で寝坊するときは目覚ましを止めて寝ている。目覚ましが鳴る前に起きるのが一割くらいある。

昨日も今朝も三時半に起きた。薪ストーブに薪を入れるのはこの冬の日課になって長浜では夜中に二回入れる。毎回トイレがしたくて起きる。

三時半というのはその後寝ると四時半に起きにくいし寝ないでいようと無理をする。この無理が良くない。日中に眠気が回ってくるから。

今日の大津帰りは京都の事務所に寄る用事がある。即ち運転時間が長い。眠気が運転中に回るのは危険だぞ。気を付けなさい。

三寒四温



今朝の小谷山は雪に煙って見えません。二階から見る近所の屋根には昨日消えたはずの雪がうっすらと積もっている。氷点下の寒い朝です。

昨日は雪が消えたのでユンボで庭の土を掘り返した。雑草が生えにくいように行われる水田の土起こしに習ってやってみた。今日も続きをするつもりだったが出来るかな。

家の造りが保温性の悪いものだから隙間を防ぐなど対策を施している。二重窓にするなどお金をかければましになるが、寒さに慣れることもひとつの手段。

部屋のなかでもフリースを来て毛糸の靴下を履いている。昔の人は綿入れなんかを着たんだろうな。寒さにも少し慣れました。

隙間



土壁の室内側にはもう一枚仕上げの壁があったのを裸にしたから床と壁の間に広い隙間が出てきた。五センチほどもあるから夏は風通しが良くても冬は暖房が効かない。北風が吹くと床からも風が吹く。



別の場所ですが木で蓋をした図。これでも数ミリの隙間が残りますからコーキングという埋めものを施します。

写真の真ん中に黒い異物が見えますがコンセント。土壁に電気のコンセントは設置できない。床下に電線を通して上向きに家具用のコンセントを付けました。これなら部屋のどこにでもコンセントが後付けできます。

ということで、木加工、塗装加工、接着工事、電気工事と細かい作業の連続でけっこう時間がかかる。工事人は一人です。

台所



流し台ができつつあります。天板は人造大理石の購入品。真ん中に白く見えているのがシンクで陶器製。柱や骨格は自作で古民家で使われていた扉や引き出しをサイズを調整し、柿渋で塗装。引き出しの真ん中とシンクの見える部分はこれから。

重厚で日本の古民家を感じさせる雰囲気に仕上がりつつあります。最初からのイメージ通りに進行中。背面壁を先に仕上げてから水道と排水の配管をして据え付けますがガスも使えるように配管だけしておきます。

流し台の中に電化製品の製パン器とヨーグルト製造器を入れて外から見えないようにします。天板に乗せる食器洗いの道具類も木製の桶や竹製のザルを調達済み。出来上がったら写真にしますね。

体調

すこぶる調子がよい。都合の悪いところは全くない。それが悪さの原因か、体重が増えている。

年末に72kg代だったのに今朝は二キロ増えている。お餅を正月に食べてから増えだした。その勢いは甘いものに手が出る。

至上命令だ! 二月中に二キロ減らせ!!!

確定申告

毎年のことながら面倒な作業。税理士に頼まなくなって自分でするのは経費の節減のため。面倒だけど稼ぐと思えば致し方なし。

確定申告をすると自分の収入もはっきりと分かる。私の場合は給与所得、不動産賃貸所得、それに年金所得がある。

賃貸というのは会社の本社ビルを建てるべく買った土地が京都駅近くにあって、米国の同時テロがあって経済情勢が見えなくなったからビル建設を中止した。その土地を貸しガレージにしている。他にマンションの賃貸もある。

賃貸所得に対する諸経費は所得から差し引くことは認められている。固定資産税とか修繕費とか電気水道代とか。その範囲を認められる限界まで挙げることで税金は少なくなる。いわゆる節税で脱税ではない。

この確定申告時の経費を日頃からパソコンに入れていて集計プログラムも作っている。だから経費などの算出は早いのだけど、指定された様式に書き込んでいくのが分かりにくくて厄介なのです。

いままで申告の誤りを指摘されたことはない。逆に経費の申告漏れがあって過去の税金を返してもらったことはある。

昨日は雨で書類作成が半分済んだ。今日中に仕上げて何時でも出せるようにしておこう。

前立腺癌



血液検査の結果PSAは正常値に戻っていた。癌の発症はなかったと判明。ひと安心。

悪玉コレステロールLDLの値が少し高い。他は異常無し。血圧も血糖値も正常だから健康体といえる。

が、過信はいけません。注意を怠るな。

総会

今日は高畑町の老人会総会がある。総会の最後に懇親会があって料理が出る。昨日は若宮神社の湯の華まつりで隣の家で宴席があった。連チャン宴席。

老人会は盛大で八十人ほど列席されるらしい。多いときには百二十人も集まる年もあったとか。

こういう集まりは大津にはない。あっても集まらない。どうして浅井にはこういう集まりが多く参加者も多いのか考えた。

田舎というのは人々が力を合わせて生きる必要が多かった。気候も厳しくその被害も大きかっただろうし、病気になってもまともな治療も受けられなかった。自ずと仏や神に救いを求めた。

そういう環境を皆が力を合わせて生き抜くためには結束が一番大切だったと思う。その風習を今も引き継いでいるのだ。

今はほんとうの懇親の場になっていて、私も参加することで皆さんの仲間にスムーズに入っていけます。

家が角地で囲いもないから庭で行ういろんな作業を皆さんは通りがかりに見ておられる。だから一様に「ものすごく頑張り屋だね、加藤さんは」と言われます。

実際にそうだと思うから、お返事はそっと笑顔を返します。

あたふたと

今日は早朝から婆ちゃんとカミサンガ長浜に来た。おまけに神社の行事が重なって忙しく動く日になった。

神社の行事というのは湯の華まつりで鐘をならして行列したり隣のお家で町内の方々が寄り合って懇談したり。初めてだから顔を出したい。

市の広報誌に盆梅展の無料券が入っていたので夕方からは見に行こうかと。これも初めて。

梅が咲く頃から桜が咲くまでが椎茸の原木に菌を植え付ける時期。原木の切り出しは桐生での仕事。忙しくなってきたなあ、春だからか?

暖房



この玄関ホールにメインの薪ストーブがあって一階全部を暖めようとするが夜は13度以上には上がらない。台所の薪ストーブと二台とも焚き続けるのは薪の消費が多すぎるし焚く手間もかかる。



この廊下で家の北側半分の台所やトイレ洗面とつながっているが仮に布で仕切ってみた。室温がどれ程変わるかを見るために。



和室二間で二十畳と玄関ホールをメインの一台で暖めると夜中でも17度以上に上がった。これは薄着のパジャマで過ごせる室温。

13度だと下着を厚着にして寝るのは寝苦しいし起きるときに上着を来たり夜中に起きるのも辛い。昼間でも室内で厚着するのはとても居辛いのです。

冬は廊下を間仕切りして台所の暖房は料理の時だけにする。そうすることで薄着で冬を過ごせるというのは快適そのもの。断熱などでもっと改善すれば間仕切り無しになるかもしれないが、当面の暖房のために急いで工事しましょう。

寝坊の上に



庭の雪も今日明日の好天で解けるでしょう。屋根から落ちる積雪がものすごい音で落ちます。驚きます。



昨日の昼と夜、そして今日の早朝にまわり仏の法座(人生を学ぶ勉強会)がありました。木之本の住職の法話も良かった。住民のほとんどの家から皆さんが集まっておられて、全員が声を出してお経を唱えられるのには驚きました。経本を見ないで唱えているかたが半分以上。先祖代々からの風習で浅井の文化を築いています。

昨夜は法座で遅かったので朝寝坊。起きたら登校時間で案内に出て終わると直ぐに法座に出た。朝イチ日課のストレッチも朝御飯もこれから。急ぐことはないからじっくりと雪国の朝を味わって過ごします。

雪国へ

朝の電車で長浜に向かいます。今日は湖北で数百年続く「まわり仏さん」がある。湖北独特の行いで詳しくは省きますが数万人の住民が参加される行事。

駅前に置いた軽トラは完璧に雪に埋もれているからその掘り出しが最初の仕事。といってもスコップなど積んでいないから何処かで借りなければ。

高畑の家まで無事に走れるかどうかが二番目の仕事。四駆だけどタイヤはノーマルだし雪道だと滑る。

到着できたらクーパーの掘り出しと屋根の雪下ろし。庭の木々も雪下ろし。これで午前中は終わるでしょう。行事に出たあと薪の調達。といっても運んである来年用のコンテナの中から乾いた薪を選び出す作業。

そのあとに食料の買い出しかな。雪国は厳しいです。

高校進学

スタッフの一人。前の会社で共にサッカーをしたのだが、その子息が私立高校を受験して昨日、合格したと連絡が入った。

お父さんの影響もあって小学時代からサッカーを始めていた。昨年は中学京都代表に選ばれて英国へ交流試合に遠征した。そのときに息子さんに会っているが素直で誠実な人柄に育てられていた。

私にとっては孫のような気持ちでいる。二人の息子さんとご夫婦と一緒に若狭湾で自転車合宿もした仲。その小学生だった息子さんが高校に進学するのに選んだ高校もサッカーのコーチの誘いが大きく効いたらしい。

やがて三年後には大学に進み、就職し結婚するだろうが、私も長生きして息子さんのご家族とも付き合いたい。きっとその家族の子供もサッカーをするだろうな。

使い方

私はお金をたくさん持っているように見られるが実際にはたくさん持っていない。人よりお金の使い方は上手いと思う。その一例。

真冬の夕刻、琵琶湖へ向かう車には彼女が助手席に座っている。トランクには薪が積んである。彼女の誕生祝いに湖岸の砂浜に向かっているが彼女はトランクの中まで知らない。

暗い砂浜はライトに松林が映り出されている。湖の色は真っ黒。白い砂浜に薪を積んで火をつけた。燃え盛る炎に二人の顔が赤く浮き出る。誰一人いない冬の砂浜でビールで乾杯するふたり。おもむろにトランクから肉をとりだし、串に刺して火に炙った。

彼女の二十歳の誕生祝いを深くは考えなかった。ただ二人にとって忘れられないひとときにしたかった。高価なレストランに行くお金はない。お金はなくとも知恵はある。その知恵が湖岸の炎に変わった。

帰りの車。左手は彼女の肩を抱いている。炎の饗宴は心地よい余韻を残し、ミラーで見る彼女の顔は幸せそうな笑顔だった。

と数十年前、こんな具合に二十歳のお誕生祝いは進みました。薪と肉とビールに使ったのが千円ちょっと。知恵を使えば百倍にも二百倍にも値打ちが出るお金。私はひどい貧乏を子供の頃に味わった。その貧乏でお金を大事に使うことを学んだと思います。



長浜脱出の雪道を歩きながら、ふと二十歳の誕生日を思い出したのです。

脱出



雪の重みで庭の木々の枝が折れそう。地面まで枝が垂れているものや既に折れていそうなのもある。今朝はクーパーの雪下ろしと木々の雪下ろしだ。

二週間くらいは焚けると思った量の薪を積んできたが底が見えて今日の半日でなくなる。薪の消費量も桁違いに多い。薪が無いと暖房具がないから居られない。脱出します。

車が使えないから長浜市街方面へ歩いて行きます。五キロほど歩けばバス停がある。バスは動いているはず。バスが動いていなければ駅まで十二キロ歩く。

雪道の歩行は時間が倍かかるし重い。持ち帰るべき荷物は最小限にして寒さ対策に重きをおいて歩きましょう。

雪の山中じゃなくって道路だから、何かあればヘルプは出せるからね。午後出発だ。

連日の雪



路肩に停めたクーパーが雪に埋もれました。何処が道かさえ分からない。二輪駆動でノーマルタイヤだから脱出は無理。出られても運転できません。

完璧に閉じ込められましたね。食料も燃料もあるから心配はない。急病になったら救急を呼ぶ。明るくなったら幌車のクーパーの雪下ろしをしてやろう。幌が破れたなんてことになるまえに。

夜明けと同時に新聞配達の女性が雪のなかを歩いて配達しています。雪が深いから歩くのもゆっくり。全戸を歩いて配るのはたいへんだなあ。

またもや雪



庭の桜が日の出の明かりで綺麗な模様を空に作っています。一晩で20センチくらい積もりました。三時頃から大型の除雪車が表の通りを除けていきます。

ノーマルタイヤで二輪駆動のクーパーも大型トラックもこの雪に閉じ込められました。即ち、私の移動道具は’自分の足だけ。

薪はあるし食料もなんとかあるから数日なら過ごせる。たぶん日中には車が使えるようになるでしょうが。

長浜は雪国です。

伊吹山



長浜から見る伊吹山は角度によって表情が変わる。この市街南部から見る姿はやや穏やか。米原方面から見ると男性的な険しい顔をする。北部から見ると女性的な穏やかな顔。

昨日の伊吹山は裾まで冠雪。湖北は寒いです。三月に自転車で琵琶湖を一周したとき、雪の息吹を背景に蒸気機関車が走っていた。今もその列車は冬に走るらしい。

近所に住まれる六人家族の小学生二人と秋の小谷山を登ったとき、親子で伊吹に登山したとおっしゃっていた。

県の最高峰だから簡単には登れないだろうが、今年か来年に山頂目指して挑戦します。

血液検査

山科に住んでいた頃から近所だった宮田医院に通っている。昨日は血液検査に行った。

年の瀬に前立腺が感染症で炎症をお越し苦しんだ。そのときのPSAが28と異常値を示していた。草津の泌尿器科の先生は完治したと言われたがPSAは検査していない。

宮田医院の先生も前立腺に癌ができて治療中。癌を発見してから今までの経過を話してくれたがPSAだけで発見しているのだから大事な指標です。

結果は二三日でわかる。もし値が高いままだと癌を疑う必要がある。そのときは宮田先生に京大の名医を紹介してもらう約束をした。



セッコクという蘭が咲いた。我が家に鉢植えで来てかれこれ二十年になる。買った京都の店も覚えているがもう店はない。

セッコクは樹上や岩の上に根を張り巡らせて自然界では育っている。江戸時代ごろ日本に育っているのを確認されているから、かなり長い。

去年は手入れを怠ったから花の数が少なかったけど、今年は沢山咲いた。一ヶ月くらい花が咲いているので蘭が好き。

あと十日ほどすれば別の蘭が咲きます。いまは鶴の首を上に挙げている最中。紫色で毒々しい蘭です。これも好きなんですよ。

蹴球部

同窓生が長浜に集う誘いは実現しそうになってきた。喪中の二人が喪だけれども行くと言ってきた。

卒業してから音信のなかった人まで住所が分かって私が手紙で誘うことにもなった。全員集まれば九人になる。遠くは宇都宮や岡山。残りは関西在住。

高校でのサッカーは三年間。人生のなかで三年間と言えばあっという間の出来事。でも高校サッカーの三年間で築いた部員同士の気持ちの深さは七十年の人生のなかで一番強く深い。

長浜を今後の部室として使ってくれと提言した。部員の家族共々で遊びや休養に使ってもらうと、私の役目として満足です。

寒梅



庭の梅が咲き始めました。この寒い雪のなかで咲く梅。力強いです。玄関にちょっと生けると引き締まります。

今日は朝から雨。雪でなく雨。雪の方が外に出るのは気安いですね。雨は濡れるから。今日は屋内でケーキを焼いたり、買った革の椅子を手入れしたり......。そうだ流し台とキッチンをそろそろ仕上げていかなくては。

垣根



いただいた杉の丸太を切って割っての作業中。左奥が薪にしたコンテナでこれをクレーンで吊ってどうするか。



敷地の周りの垣根にします。コンテナを並べているところで屋根も作って被せます。屋根の素材も杉の樹皮。垣根に植木も考えたけど薪の垣根ってわりと趣がありますね。田舎の雰囲気を壊さずに。

七つのコンテナを並べたところで総勢30個くらい要る。240坪の半分近くを囲いますから。大変な作業なんです。

制服



真冬になって長浜に入るのが木曜。学童登校の案内は金曜だけになっている。今朝は先生が来られてスクールガードの制服を下さった。

だいたいこういうボランティアの仕組みを知らずに自主的に参加しているのだけど、毎朝こられる方が「これは次の方に回すのですか」と先生に問われた。先生は「これは持ち回りしないです」と支給品だと言われる。

みなさん自主参加だと思っていたがそうではないみたいだね。一度聞いてみよ。

おっとっと

寝坊してサイトのアップが遅くなって、それでも九時にはアップしたつもり。が、夕刻に自サイトを見てみるとアップできていない。遅いけど午後7痔にアップした。

朝一番の手順としては昨日の記事を楽言楽夢に保存して、今日の記事を下書きする。下書きをアップした状態でチェックする。そのチェック画面はアップしたのと全く同じだから勘違いをしてアップしたように思ってしまうことがある。で、アップを忘れるのです。

同じ失敗をこれで三回している。なにか防止策を考えないとまたやってしまうよな。って、老化が原因だろうか。だったら防止も難しいかなあ。

今日のカンヌの天気も雨だけど気温は高い。寒い日本は厳しい国です。その厳しい日本で暮らした人々。特に暖房が不十分で屋内も寒かった時代に生きた人。立派です。

気温

四時半の目覚ましで起きようとしたが天の声で「もう少し寝てもいいんだよ」って聞こえて、目が覚めたら八時だった。疲れてたんだね。



今年は寒い日が続きます。今朝の大津の気温だけど薪ストーブは一週間以上焚きっぱなしで火が消えることがない。おかげで屋内はパジャマ姿で生活している。でも外に出るとグッと寒い。



こちらはフランスのカンヌ地方の天気。雨は別として真冬の気温がこんなに高いと随分暮らしやすいだろうな。毎日カンヌの天気やニュースを見ているが冬も夏も過ごしやすいのが地中海沿岸だね。

フランスの自転車旅の案内本をボチボチと読んでいる。そういう情報も大切だけど体造りがもっと大切。寝る前に足腰の筋肉トレーニングをやり始めたけど、はっきりと衰えを感じますから。

おつきあい

ナイスという大きな会社は材木を扱っている。その会社に出入りして薪にする廃材をいただくようになって七年になる。

大きな工場の所長さんが交代されたので昨日は挨拶に行った。毎日出入りするわけではないので何処の誰が何をしているのかを周知していただくことは物事をスムーズに運ぶため。

所長さんとは別にナイスの工場には親しくしている方が一人います。四十代で五人の子供と奥さんの七人家族。長浜にも一度遊びに来てもらったしご自宅に物を運んであげたりしている。

その方とはナイスでの好都合を思ってのおつきあいではなく、人柄が素直で優しくて、付き合いたいと思う方だったからこちらから誘ったのです。

実際に小学一年と五年のお子さまと長浜で魚とりなどして遊んだとき、とてもとても素直な子供に育てられているのが分かった。奥さんも共稼ぎで五人の養育は大変なのだが、疲れを見せずにバリバリ動かれる姿に、ファイトをもらっています。

その方のご自宅に私と二人でウッドデッキを作ろうとあれやこれや話し合っている最中。春には着工しようと昨日は話が進んだ。

こうして私の周りに楽しく遊べる知り合いが増えていきます。

へ戻る