楽言楽夢へ戻る

意思の疎通

長浜に家を買ったことを桐生の地主さんにまだ言っていない。

地主さんは資産家だけれど生活は質素。車も軽トラと奥さんが軽のワゴン。旅行も外食もほとんどされないし衣服を見ても張り込んだ物を着ておられるわけではない。

借りている身の私は車を買い換えたり、海外旅行に毎年行ったりと贅沢をしている。そこへもって長浜に家を買ったというのが云いずらいというのが本音。山に割いていた時間も減って手入れも減るから地主さんに心配をかけるかもしれないと。

週末に山に入らない日が続くと「おかしいな」となるのはあたりまえ。理由を言っていないと気持ちの行き来も詰まってしまう。そんな状態はこれからのことを考えるとよくない。

今週の土曜か日曜に帰ってきたら地主さんに話します。どんな顔をされるだろうな。

土地の活用



長浜の土地と建物の関係図。菱形の右と下は道路に面していて上と左は隣地です。左上の隅がけっこう広くて駐車なら二台できるし小屋くらいは建つのだが隣地との幅が狭くて車は通せない。



役所へ行って隣地の所有者と測定図を手に入れた。狭い上側の隣地は水路と農道があることになっていて長浜市の所有地。実際は水路は消滅し農道は回りより三四十センチ低く誰も何にも使われていない。

土を入れて水平にすれば幅2.5mの本来の公共道路として使えるのだが長浜市に頼んでも利用者が私だけになるだろうからやってくれないでしょう。ならば自費で土を入れようと悪知恵がまたもや動き出した。

どこかの工事で残土が出たとき、普通は残土処理業者の処分場に持ち込むのだが、ここに捨ててくださいと看板を建てます。水平に’するのは自分がユンボで行います。気長に待てば無料で土盛りができるはず。

次に行ったら自治会長に相談して、市に届ける方が良いとなったら手続きをします。たぶん無届けでも穴埋め程度だから出きると思いますが。

季節変わり

日曜に長浜から大津に向かう道中。湖岸のさざなみ街道を走るとサイクリングの方がグンと増えている。湖に目をやるとまだヨットは走っていないがそろそろ帆走の時期だ。

昨年の後半に自転車で米原や長浜の港湾を見に行き、長浜港で船中泊して積んできた自転車で長浜を走った。そのときの好印象が長浜に家を買うことに結び付いている。

暖かくなったらまず自転車で長浜へ走ろう。続いてヨットで長浜に向かおう。湖北にはきれいな湖が残っている。自転車でもヨットでも最高の楽しみができるのだ。

身体を整えて春から夏へ。

不信増幅

My Trucks というスマホのプログラムはGoogleが出す地図用のアプリで、私は自転車旅行時に道案内と走行軌跡の採集に使っている。

四月五日をもって動かなくなるということを知った、新しいスマホにMy Trucksを入れようとして分かったのだが、理由も公表しないし使っていた人は代わりに何を使えばよいかも案内がない。

Googleの強引で強権的な姿勢をまたもや見せつけられた。一位年前に走行軌跡の参照に使っていた仕組みを突然なくされて、被害の回復途中で今回は発生時の問題。

この会社の経営姿勢は最悪。顧客を振り回して自社の利益を優先する。何年か先にこの会社が危うくなったとき世界中で問題が出るように思う。

この会社のソフトを使いたくないが使わないと何もできないようになっていくから使う。使うと突然衝撃が走って問題が起きる。

あ~~いやだ!

田舎に

昨夜から婆ちゃんとカミサンガ長浜に来ています。二泊の予定で石油ストーブをもう一台積んできました。大津より少しだけ寒い地です。部屋が広いから一台では寒い。

風呂へ行って食事も外で済ませて和室に布団を並べて敷くと「旅館へ来たみたいやね」と素直な感想。

いつものように朝一番のストレッチをして、朝御飯を食べたら散歩に出掛けよ。寒いけど静かな山里の光を浴びて、長浜の浅井を楽しみます。



長浜の庭に二本の桜があって、つぼみが膨らんできました。来週には見頃を迎えるでしょう。ご近所のどの方も「庭に桜を植えるものじゃない。切りなさい」と言われるが満開の桜をご覧になっても言われるでしょうか。



雑草や込み合った木を切ってとてもスッキリした庭ですが、残しておいた草花が可愛く咲いています。岩の傍にそっと咲くこの花は何て言うのだろ。



池の縁に咲く桃色の花も名前を知りません。この草花はたくさん始末したけど残した一本に花がつきました。



黄色の多重の花がきれいです。あちこちに咲いています。こうして庭に花が咲くのも以前の主が花好きだった証。十五年前に病気でお亡くなりですが天国から見ておられるでしょう。切っては駄目ですよと声が聞こえそう。

花粉

鼻水も目の痒みもつらい状態が続くようになりました。無症状の時間が少なくなっていく。

杉花粉の激しく降る山にいるのだから、症状でますよ。これから長浜に向かうけど、長浜での花粉症状が少なかったから無症状だといいのだけど、そうは問屋がおろさないでしょう。

五月の中旬まで病人生活だ。

テロ

欧州でまたもや連続テロが起きた。ISが犯行声明を出している。厳戒態勢の中でIS中枢と実行犯は連絡をとり、爆発物を入手保管して持ち込んでいる。

空港や地下鉄で起こされるテロは一般市民を標的にしているのだから、人が集まる場所ならどこでも起きる可能性がある。

厳戒体制という防御策が役に立っていない現状で、旅行に欧州へ足が向かない。当分、欧州自転車旅は自粛する。

かといって、確実に安全な場所はあるのか。比較的安全を探して計画しなおしだ。

花粉の嵐

今が花粉の最盛期だと思うが、深夜の寝床で鼻水が激しく出て目も痒くて起きた。これが花粉症だとその不愉快さを久々に感じた。

今期は抗ヒスタミン剤の服用をやめているがマスクをしないでも鼻水も目の痒みもほとんどなく過ごせていた。地主さんに「昨年までの薬は無駄でした」と言うと「もったいないことでしたね」と言われたほど。

昨夜の発症は朝になると軽減していて鼻もスッと通る。目も少し痒いがたまらんほどではない。身体が花粉を敵と間違う時が残っていて、間違ったときに激しく反応するという感じ。

とにかく正常に戻ることだけを願ってやまない。むちゃくちゃ楽なんですから。

春の兆し



大津の寝床は安らぐのかぐっすり寝て朝寝坊。遅いストレッチを庭を見ながら行ったら終わりの梅がまだ咲いている。今年は花が多かったから実もたくさん採れるだろうな。



秋に土佐ミズキを深く切り込んだから花はないはずだけど二輪だけ咲きました。



昨年の今ごろに家の改築で足場を建てるとき、「草花に注意して下さい」と頼んでいたのに、このミヤコワスレが踏みつけられて昨年は咲かなかった。二年ぶりだね。小振りだけど大きく育ちなさいよ。

庭の花も私の在宅を笑顔で迎えてくれているようだと、勝手な解釈をする老人がいます。

二人がかりで

「大津から二時間やったは」と意外なほど早く来た。早速屋内の大掃除。

床ぼうきを柔らかく使って天井から壁を掃く。隅の狭いところは塗装用の刷毛で掃く。天井と壁の埃を浮かせておいて強力ブロアーで吹き飛ばす。障子の細い骨は刷毛でなぞるように埃を浮かせる。襖も床ぼうきで掃く。障子も襖もブロアーで吹き飛ばす。最後に床のごみを掃除機で吸いとったあとに畳を雑巾で拭きあげます。

高いところは私で低いところはかみさん。一階の十畳の部屋三つをやるのに一日かかりました。今日は一階の洋間や玄関ロビーをやります。広い家は掃除もたいへんだ。

雨の朝



二階から見る小谷城跡のある山と近所の家々です。静かな雨の朝を迎えました。

雨でなければこの方角に一時間ほど散歩に出るのですが今日は庭を見ながら朝食だけにします。先程、カミサンガ大津を出るとメールが来たので九時頃には到着でしょう。

婆ちゃんは用事があるので来られないらしい。昨日で広縁の塗装剥離を終えたので埃の出る作業は終わったから、今日は屋内の清掃を徹底してやりましょう。

一泊で

カミサンは仕事を休まない。孫が熱を出して預かるとき以外は休まない。だから仕事を休んで長浜に来ることは今のところない。

月曜が祝日で三連休になる。土曜は孫も預からない日だそうで、ならば長浜に一泊で来なさいとメールした。婆ちゃんも一緒に来なさいと。

暖房が粗末な石油ストーブだからちょっと寒いけどトイレも使えるようになったし屋内で水道も使えるし。こまごまと拭き掃除なんかをしてほしいし。

三人ともお風呂が好きで、家の風呂は一年中入らない。温泉の良いところがあるとちょっと遠くでも行きたいくらい。長浜には近くに四ヶ所も風呂がある。来たら源泉かけ流しの温泉宿に日帰り入浴しにいこう。

意図



庭石というのは置き方によって固くも柔らかくも感じる。今の配置は建てた方の意図で区切りを線引きするような石の使い方になっている。木の根の回りを石で囲むような配置。

それは作者の気持ちがけじめをはっきりさせるような性格がそうさせていると思う。建てた方の性格が庭石に出ている。

自分はそういうけじめを庭に持ってくると、説明文つきの庭に見える。ここは何であそこは何と。それは面白くない。だから説明石を動かして違う配置に変えている。

石は小さくても重い。自宅にストーブを運び入れた時に作った滑り台式運搬橋を持ってきました。写真の右です。レールの上に置く滑り台車に石を乗せて滑らせます。下水工事の方が見て「加藤さんは辛いことも面白く出きるように工夫しますね。素晴らしい」と好評です。

ユンボ

長浜の浄化槽から下水利用への変更工事は難航していてまだ未完成。近くの工務店の社長は気さくな方で一生懸命自ら工事に携わっているのを見ると手助けもする。

下水の配管を埋めるのにユンボという土砂を掘ったりする重機はなくてはならない機械。今回も大活躍している。その姿を見て名案が浮かんだ。

工務店は家から車で十分ほどの距離。ユンボの車庫を我が長浜の庭にしてもらう。機械が空いているときは私が庭などの工事に使わせてもらう。ユンボには距離メータでなく運転時間メータがついている。私が使った時間を記帳して時簡単価でお借りする。

燃料は使用前に工務店タンクで満杯にし、使用後に建三タンクで満杯にする。重機レンタルは日数で借りるが大工事ではなく細々と使いたいので時間借りは効率的。しかも年単位で気長にボチボチ使いたい。

と、いつもの悪知恵がここでも働いた。早速社長にお願いしたら二つ返事でOK!。

脳ミソは使い方次第で良い味噌味が出る見本。今日は運転の仕方を教えてもらいます。5時45分出発で7時半に到着。直ぐに近所の方と学童の安全登校に協力します。

行き来

二月から三月はプレゼントが行き来するときで、バレンタインのお返しに昨日はホワイトデーにお菓子を買いにいった。一昨日は私の誕生日でプレゼントをもらった。

そんな行き来も孫が楽しみにしているから手を抜けないのだ。誕生日には孫の手作りで毛糸の小さな編み物が届いた。ちゃんと手紙も添えてある。下の孫はまだ字が書けないのにお姉ちゃんと同じ紙に落書きして届けてくれた。

次は八月に孫の誕生日がある。私の手作りの一品も期待されているので今から構想を練っておく。プレゼントの行き来は心の行き来なのです。

ヤマガラかシジュウガラ



孫と野鳥の巣を補強して今年も木に掛けました。屋根だけ外して掃除して、何年も使えるように雨漏りもしないように治しました。今年は巣を二つ掛けようと言っていたけどちょっと無理かな。

掛けた場所も観察しやすいところを選んだ。椅子に座って望遠鏡で見やすいところ。いつ頃に使い始めてくれるだろうか、楽しみです。

七十歳

今日が誕生日。五十歳の誕生日は仕事に夢中で体はバリバリ元気だった。六十歳の誕生日のころは自転車に夢中で天草の下島半島一周のイベントで誕生日を迎えたと思う。この頃も体はガンガン動いた。

六十歳後半から徐々に身体を思うように変わってきた。七十歳を迎えて筋力が徐々に衰えていくのを感じる。関節の緩みも感じる。平衡感覚が衰えてきている。視力も聴く力も徐々に衰えを感じる。

衰えは感じるが生活に支障が出るほどではない。痛みや苦痛もない。まだまだ身体を使って動き回っているから楽しくてしかたがないという状況。気持ちの持ち方も感情の悪化は少なくなったし急いで物事を行うことも少なくなった。穏やかな心情が続いている。

命あるものは限りある生命活動の終盤に自分自身で自分の生活ができなくなる時がくる。誰かの助けがないと生きられない時期。その時期を遅らせて自己の生活を楽しみたい。そのときが来ても廻りに迷惑をかけたくない。誰しもが思うことを軽く考えていた時期から正面に据えて考える時期にさしかかった。

そんな七十歳を向かえて、九十二歳でバリバリ元気な婆ちゃんを見て、ほんとに立派だなあって思います。負けじと見習ってそんな風に生きられたらと心に明かりを灯しています。

七十歳、おめでとう。

自治会



長浜の町内には自治会があって住民は会に入ってくださいと会長が説明にこられた。誓約書の横半分が保証書で町内に住む方五軒の保証人を立てる必要がある。

見知らぬ地へ越してきて知人がいるわけがなく隣近所を回って三軒は保証人になってもらったがあと二軒のあてがない。朝夕の挨拶もしたことがないけどもうちょっと回ってみる。

自分はできる限り住民の方々に溶け込んで皆さんと気持ちを共に生活したい。だから年三回の川掃除や神社の手入れ、町内の草刈りにも出ます。家の前が通学路の交差点で近所の方と朝の通学時に安全確保の交通整理に立つようにしている。誘われた訳じゃなく自主的に。

長浜で一月あまりしか時間が経っていないが見違えるようにきれいになっていく家は、通りかかる人々に新住民がどういう人かを示しているようで、皆さんから声をかけていただきます。「綺麗になりましたね、素晴らしい」と。

だんだんと心のふれあいが深まっていきます。快くない事も起きていくでしょうが波風たてず穏やかに過ごせる空間を作っていきます。

六十代を振り返って

明後日に七十才になる。事業を始めた頃の激しい生き方は七十才で死ぬだろうと思っていた年齢。まだまだ死にそうにない現実だが六十代を少し振り返ってみた。

自転車での旅行に明け暮れた六十代前半は素晴らしい時間を過ごした。国内に飽き足らず海外へ足を伸ばし、今も海外旅は続いているのは自転車での旅が楽しいから。

後半に薪ストーブとの生活が始まって人生が激変した。薪の貯蔵場所に桐生の山を借りられて木との付き合いだけでなくキノコや果実との付き合いが始まって、それに熱中する生活が続く。

薪ストーブのきっかけのひとつが孫を預かったときにストーブを草津川の河原で焚いて遊んだことがある。薪ストーブで料理することが楽しかった。孫もストーブ料理を美味しそうに食べてくれた。孫が二人になって孫に遊んでもらう楽しさも六十代の味わいだった。 会社も順調に経営しているし、家族も健康で生き生きと生活している。

とにかくやる事がいっぱいあってもっとやりたいと思う日々。もう一回人生が欲しいと本気で思う日々の六十代最終期です。あと二日で七十才。あと何日で人生の終わりか。死ぬまで生きると誰かが言ってたが、動かなくなるまで動きます。

データ通信

公衆回線を使ってネットに入るためにスマホにSIMを入れた。So-netの「0sim」というのだが月に500mbまでの通信なら無料で最大料金が1600円。

送ってきたSIMをセットして十日ほどになる。気になる通信量をSo-netのサイトで見ると20MBの使用量。500mbにはほど遠い。使い方は普段は家と会社ではWi-Fiを使ってSo-netは使わず、桐生の山でメールチェックと長浜でのサイトアップとメールチェックにSo-netを使う。

この分だともっと使っても500mbにはならない、すなわち無料でいける。なんだかSo-netに気の毒な気がしますがそれを覚悟の商品でしょうし遠慮せずに無料で使わせていただきます。

So-netはDOCOMOの公衆回線を使うのでDOCOMO用のスマホでないと使えないのがミソ。それでも格安のスマホもあるから初期費用を少しかけても月々の通信料がないというのは安くつきますね。

花粉

飛んでいる量はすでに多くなっている。にも関わらず無投薬で花粉症状はほとんどでない。ほとんどと言うのがどう言うことか。

鼻水は出ないし目も痒くない。桐生の山に入ると杉だらけだから身体中が花粉にまみれているのに出ない。ところが今朝のストレッチ中に突然鼻水が出て目が痒くなる。それも顔を洗って鼻をかむとしばらくして思い直したかのように症状が出なくなる。突然症状の回数が一週間に二度ほど。

免疫機能が正常になっているのに、間違った免疫反応を時たま思い出しているという感じ。この免疫の認識は自己制御などできない。只々正常に認識してくださいと自分の身体にお願いするのみ。どうしてこのようになっているかもまったく分からない。

花粉の症状が出ないときって、むちゃくちゃ楽です。

お客さん

ハーバーへ行ったらオーナーが来ておられて長浜に家を買ったからハーバーの皆さんで遊びに使ってくださいと勧めた。

オーナーは喜んで「ほんまに使わせてもらっていいんですか」と。研修でも慰安会でもどうぞ、近くに温泉もありますし景勝地もあるから気晴らしになりますよ、と話は進む。

クルーザーで長浜港に入って、レンタカーで移動して、温泉で夕食の宴会。どんどん企画は進む。二十人くらいは泊まれますが布団は貸布団でお願いします、朝飯はスーパーで買ったもので簡単にすませてください、、、、、夏にハーバーを休んで全員で行こう、とスタッフに言われた。

トイレや洗面やキッチンの改修を急がなくっちゃ。

役所回り

確定申告の提出は書き損じがあるので税務署で書き直しがいる。提出事態は時間はかからない。運転免許の更新講習をうけに大津警察署へいく。これは講習に一時間ほど必要だから税務署とあわせて半日必要。

そのあとハーバーへ寄って保管料や年会費を納める。そしてその足でナイスへ行って端材をもらってくる。だから軽トラでいく。桐生の山に運び込んで積み上げると夕刻かな。

と、あっという間に過ぎるであろう一日です。

ぐいち

長浜の下水工事は今週中に工事業者が完成する進行具合。私がやっているトイレのタンクと便座の交換だけどタンクと便器の接合部ボルト穴の寸法がぐいちでそのままでは接合できない。

寸法の合うタンクを買うかトイレ本体を買うか。私の悪知恵は木で台座をつくって乗せれば上手くいくはずと考えた。今日は桐生の山に入って台座を作ります。

桐生の山でやることのひとつに山水の水路を池のようにする工事がある。水を貯めるだけでは藻が繁殖するので全体に木でカバーを作る。先週に少し進めたのであとは時間をかければ出来上がる。

雨も心配だけど体も休めてやりなさいと婆ちゃんは言う。ホント、休みなしで体を使ってるけど楽しいから大丈夫でしょう。

大津と長浜

今日は婆ちゃんと孫たちがカミサンに連れられて電車で長浜に来ます。初めて見る長浜の家。どんな風に感じるでしょうね。

ここには桐生に負けないほど自然が残っている。渓流を深く入るとイワナやヤマメもいる。伊吹への山登りは並大抵の登山ではない。近くには伊吹に負けないほどの金糞山もある。集落の外れには西池という日本でも有数の渡り鳥のくる池がある。

集落には昔の香りが漂う雰囲気が残っており、村人もどこか穏やかな人が多い。そんな自然や集落に何を感じるか。

私は長浜の家を別荘と言いたくない。大津と違った場面の生活の場と捉えている。この地に暮らすことが心の中に自然との触れ合いや村人との間に生まれる暖かい人情を産み出して、この地に暮らすことで日本に住んでいることの豊かさを感じることができるようになればよいと思っている。

「別荘」という言葉から感じるのは遊び場というイメージが強いから使いたくない言葉なのです。週末住宅とでも言おうか、ここに生活を産み出したいのです。そして孫や婆ちゃんたちが長浜にくると何故か落ち着くから好きと感じるような生活の場面を作っていきたいと思っています。

心に触れる

長浜に来るとよく話しかけてくれるのが向かいのお婆ちゃん。94歳でカートを押しながら一日に何度も散歩に出られる。

玄関先で大きめの声で挨拶してくれて、話が好きだから寄ってこられて話をする。婆ちゃんは頭がボケないようにお友だちと話をしに出掛けるのだそうで、寒い冬でも歩くと言う。

買った家に住んでいた人の話やご近所の人の話。昔の村の話など自分の知らないことをしっかり説明してくださる。そんな話の中にお婆ちゃんの持っている人柄がにじみ出てくる。旅先で出会う人は一時の触れあいとどちらもが分かっての人情の行き来だが。長浜では旅のそれとは少し違う。お互いに長いお付き合いが始まると分かっているから。

それでも人情の行き来と言うのは何にも代えがたい生活の糧。それが相手を思い自分を思う心の旅だから。お婆ちゃんと始まったお付き合いを、心深く暖め会うお付き合いにしていこうと、前を向いている。

昨日の夕刻に

桐生の山に入って作業して帰り際にくしゃみが出た。風呂から帰ると鼻水が出て目が痒い。

やっぱり花粉症の発症です。救われるのは四六時中の鼻詰まりと目の痒みでなく一時間に一回くらい発症。花粉量が増えると四六時中になるのだろうか。でも今年は投薬なしで頑張ってみる。って、頑張るとかサボるとかの問題じゃないって。

北の方はまだ花粉が少ないようで、今から湖北に避難します。インフルの避難所になったり花粉の避難だったり、有用なのか口実なのか。どっちでもいいけどそろそろ下水工事が完成なんです。工事してくれた中川さんに頼みたいことがあるんです。

六時までに出発すると通勤ラッシュと重ならないので長浜の家まで一時間半で行けます。

じゃっ!

ケアンズは

雨季の真っ最中で連日の雨模様。四月になったら収まって旅にはもってこいの季節になる。

ケアンズの旅を計画して実行直前に雨季を知ってやめたのが昨年の11月。その時は長浜の家を買うことなど気配すらなかった。ところが今年に入って事は急変化をなして今は長浜漬け。フランスとケアンズの天気も久しぶりに見た。

旅も行きたいけれどそれよりも長浜のほうに気が向く。長浜をいじっているほうが楽しいのだ。気の赴く方角ってそんなもので勝手なものです。でもそれが正直なんだからしかたがない。

四月は桐生の山でやる果樹の世話も多いし、長浜もやることはいっぱいある。それを置いといてまでケアンズに行くかと自分に聞いたら
「ふーーむ」。

どうするでしょうね。

改修費用

中古住宅を買ってリフォーム業者と打ち合わせをして改修してもらうと仕入品とか素材費用だけでも相当の金額になる。それは代理店を経由して新品の正規品を調達するから。大量に買うリフォーム業者はそれなりの値引きで買っているがそれでも金額が張る。

今回、トイレの温水洗浄台座が長年の使用で汚れているし取り替えるために解体して外した。その交換で必要になったのが温水便座とセットになっていた背面タンク。普通はタンクだけでは問屋を通さないと手に入らないがネットで調べるとトイレ全体の新品で七万から十万する。今の便器に取り付けできる新品のタンクだけを探すとヤフオクに在庫処分品として二千円で出ている。早速昨日に落札した。

次は温水便座の新品だが高級品だと八万とか十五万とか。これも機能的には洗浄さえできれば良いのだが、だけというのは見つからない。思いきって数千円の便座だけにして旅行にも使えるハンディーシャワレットはどうかと考えた。五千円くらいであるのですね。

これも電池で動くが手押しの洗浄機だと千円くらいである。それを人数分買ったとしてもタンクと便座を交換して洗浄もできる状態にしての総額が九千円となる。トイレと洗浄機を普通に交換していたら二十万はかかっていただろう。その差は大きい。ちょっとした工夫だけど、その工夫も面白い。

忙しいときは

今日は自宅からアップしています。薪ストーブの暖かさは実に有り難いと改めて感じている。秋までに長浜にも設置して近隣での薪の調達先も見つけようと思っている。薪を置く場所は心配ないです。

桐生の山でキノコの原木はシイタケの他に今年はキクラゲを植菌した。キクラゲの自然栽培は日が浅くどんな木が原木に向いているかよく分かっていない。樹皮の薄いのが向くようだと言うのでそれなりの二三種を選んだが出てくれるかどうか。

今週は確定申告を整えて提出してしまおう。複式簿記の方式でデータは入力済みで提出用紙に書き写して出せばよい。

長浜のトイレを解体したが新品をネットで調達する。洗面化粧台も解体して外に撤去したがカウンターの自作と洗面器の設置は自分でする。あれやこれやとやる事が多いけど、追いかけられずに楽しんで追いかけるのがコツ。そうすれば事は上手くも進んでくれる。

へ戻る