楽言楽夢へ戻る

夏自転車

旅が近づいてきて自転車に跨る回数が増えてきた。これが体力作りだが単なる力をつけるだけではない。暑さに慣れること。イタリアも地域で温度は異なるがシチリア島では対岸がアフリカといえどもすごく暑い。トスカーナからサルディーニャも同じように暑い。

標高1200mの山にも登るから其処では寒い。気温の変化に体を慣らすというのは非常に大切なことです。人間に限らず動物の生命活動は自律的に制御される のが大半で、自律は変化に対する順応性の発揮だから変化を事前に意識的に与えるのです。出発の一週間前まで走り込みをします。

それだけでは唐津の濱田さんにはおいつけませんが。

阿蘇は雨

[唐津 濱田さん]
お久し振りです。いつも楽しませてもらっています。加藤さんの色々な楽しみ方に「なるほど!」と感心しながら読ませてもらっていますよ。

私は相変わらず走っていまして、今日阿蘇望に行ってきました。大変な天気になりまして後半は中止になりました。一つ目の山、阿蘇を降りた後、雨がひどくなり、箱石峠を降りる時土砂降りになり、道が川のようでした。

顔に当たる雨粒が痛く滑りそうで怖くて、挙句の果てに雷までなってやっとの思いで昼食会場に着きましたが、そこで後半は危険なので中止と聞いて、やっぱり と納得し、ほっとしたと言うのが正直なところです。実は下りが怖いからここで止めようと思ったところでした。

今回の加藤さんの旅、楽しみです。じっくり楽しんできてください。

[加藤建三]
そうですか私の阿蘇望の思い出も大雨です。あの時は出走直前に走るのをやめて車で応援とサポートをしたのですが大雨でとても危険なイベントになりました。川底のような路面の流砂が見えないから滑るのですよね。

それにしても浜田さん元気だね。私も見習おう。

家の冷房は風まかせ



玄関の小さい網戸で作り込みの具合を計ってからテラスの大きな網戸を発注した。週末に入ってきたので昨日に工事。

といっても今までのアコーディオン網戸を外す作業が半分。床や窓枠に接着テープやビスで止めてあるが家を壊さないように外す。幅1800の小さい方は上下のレールを取り付けて問題なくスッと網戸が入った。

同じ高さなので幅2400もレールを取り付けていざ網戸を入れようとするが高さが入らない。採寸は両端で計ったが幅2400もあるから中央が少し低いのが 今になって分かった。色々考えた末に網戸のレールガイドが2mmほど上に出ていて樹脂製だから切り取ればどうだろうとやってみた。入りました。



今までの破れ網戸では香取線香を三箇所で常時焚いても蚊が入ってきたが線香立ても役目を終えて納戸入りです。ドアの開閉ハンドルの工作をしないと完成じゃないのでもうちょっと残っています。

冷房装置

さすがに炎天下に一日いると暑い。プールがあっても水の温度は上がっているし体を冷やすには冷たくない。熱中症が毎日の話題ですが症状が出る前の私の対策を紹介。症状が出る前でして水が喉を通らないような状況になってからでは無いので要注意。

こまめに風通しの良い日陰や木陰に入って体を休める。水をこまめに摂取する。梅干しを口に入れる。この辺りまではよく紹介される対策ですが、自転車で炎天下の長距離を走る経験から生まれた対策は。

ハンカチを軽く濡らせて首に巻きます。風が当たると気化熱で冷えて、首の大動脈を通る血液を冷やすので体温が下がります。自転車旅ではむやみに水を使えな いことが多く、次の給水ポイントが遠いときは飲み水に優先して残します。ハンカチも少しの水で濡らします。

水が十分に使える場合は上半身の肌に着けている衣類を濡らしたまま着ます。Tシャツを濡らしたまま着てみてください。風が当たるとギュッと冷えてくれます。 気化熱で冷やすのはエアコンも同じですよ。

東京の子と大津の孫

[東京 ナカムラさん]
こんにちはMAILをせよとのことで(笑)......と言ってもたいしたネタはないのですが…


小学校に入った娘は、学童をサボって「おねだり」のし放題(^^;;


息子は保育園をサボって何度も公園に出掛けては走り放題(;^_^A

わたしの休日は子供たちとの時間と相成っております。家族と一秒でも触れ合うために時間を大切にしている今日このごろ。なんら変わりなく日々を過ごせることに感謝をして元気に過ごさせて頂いております。

[加藤建三]
ナカムラさんの子と私の孫が同じ年齢。孫でも子でも可愛いに変わりはないよね。子供の無邪気にふれるとき、自分の魂も童心に帰るんだ。

今日は毎年行ってる日本海の美浜へ行こうと誘ったらハーバーのプールが良いと指定された。俺は美浜へ行きたいのに孫に折れる意気地なし。

高級品

東京のナカムラさんからお便りが来ていますが、残念ながらボツです。

ってウソ。明日載せますんで....へへへ。あの方にはこれくらい刺激を与えないと朝から重い腰が上がらんのです、はいっ。



写真の冊子は昨日届いた「ワンダーアース」というANAの高級旅行案内。何時もパラパラとしかめくらないがトスカーナが出ていたので見た。

現地六泊の八日間でエコノミーが70万円、ビジネスだと100万円。次の旅で訪れる町ばかりの訪問だが完璧なまでに案内される旅程で私の自由旅とまったく異る。

なんか飛行機に乗りに行く旅のような気がして「もったいない」なあってつくづく感じます。時間が無くてお金が有り余っている人が行くのだろうけど、現地六泊で連れ回されて楽しいのだろうか。

お便り

[久留米 古賀さん]
お元気ですか?子供達2人も大学生になり、稼がねばと頑張っております。(笑)

自転車は、先日折り畳みを買い、久々に乗りましたけど、7km走ったら、お尻が六つくらいに割れそうでした(^^;)


最近は、飽きもせず釣ばかり行っております。それと、航空自衛隊に知り合いが居まして、戦闘機を見るのが大好きになりました。


釣りは、今の時期は、地元を流れてる筑後川へ有明海より遡上してくるスズキを釣りに行くのが楽しみです。

楽言楽夢、こっそり1数週間に1度ほどの割合で拝見させて頂いてます(^^;)勉強になる事が多々です。今後も、拝見させて頂きたいと思ってますので、よろしくお願いします。

[加藤建三]
写真を見るとまったくもって変わっていないなあ。というか少しスリムになったみたい。でっかいのを相変わらず釣ってるんだ、羨ましい。

九十歳の婆ちゃんがいるからカミサンと長期の旅行には行けないけど、あの頃のように三四日だと二人でも行けると思うからその時は一番に九州へ行きたいよ。.......会えるといいね。

通信簿の誤送信

前回のサルディーニャ旅では孫へのメールを写真付きでカミサンの携帯に送っていた。携帯メールの料金など毛頭意識になかったが帰国後の請求書を見て六千円もかかっていたから驚いた。この時代にメール料金が六千円もと。

来月からの長期旅行はカミサンのメルアドを新たに作って留守で使わないPCに向かってメールすることにする。費用はゼロになりますから。その準備で写真付 メールを送るのに昔の通信簿を使ったのがまちがい。通信簿の下書きには送信先がセット済みで昨日は沢山の方々に迷惑メールを送ってしまいました。ごめんな さい。

古賀さんからは近況のメールが帰ってきましたが、誤って送った方々がどうしておられるのか気にかかります。よろしければ此所を読んでくださっている方は、これを機会にメールくださいな。

薪つくり



太陽光発電に使われる土地に生えていた沢山の樹木が伐採されて廃棄処分される直前にいただいた木は山積みのまま三ヶ月が過ぎた。

最近になって薪にする作業を始めた。これが大量だからなかなか大変。だって35cmに寸断するだけでも力がか要るしダンプ十台分を割って運んで積み上げるのだから。

でも私はこの作業が好き。貯金通帳を見るよりも薪が貯まるほうが嬉しい。十年先に割った薪を燃やす日が来てストーブの炎を思い浮かべると、ほのぼのとした気分になるのです。

盗人

カードの盗用です。これで二度目だけど今回は金額が多い。二十万円は見逃すと被害は大きい。



今回も中国元での決済で前回も中国元。犯人を決めるわけではないけれど、例えば中国国内のネットから私のカードを盗用したとすると決済は中国元になるのが普通で他の通過では決済できないはず。中国人が犯人の可能性が大きい。

三井住友VISAカードに盗用のメールを入れたが休日だから返事は来ていない。前回はカード番号の変更を要求されたがたぶん今回も同じでしょう。面倒なのです。番号が変わると方々に手続きが要るから。

カードでの取引時に暗証番号やなんかが漏れて盗まれているのだろうが、カードを止めるわけに行かなくなっている。毎日カード決済の履歴を見て泥棒を目視で監視するしかないです。

家に住む者同士

猫のグーちゃんは腎臓の具合もすっかり良くなって健やかな老猫生活を送っている。冬は暖かい膝の上に乗って居眠りするが夏は涼しいところで過ごして膝には乗らない。



この窓際は狭いのに頭を押しつけるようにして居眠る。この窓が一番のお気に入り。

冬の夜は布団の中で寝ているが真夏の夜は夜行性が表に出て夜中に遊びたがる。夕食後に外出して、皆が寝静まる頃に「入れて頂戴」と玄関の戸をカリカリやって起こされる。

一時ほど家にいて人が二度寝に入った頃に「表に出してよ」と枕元に来てニャンニャンつぶやく。夜明け前のご帰宅まで一晩に二三回は起こされる。眠いけどグーちゃんのことだから...ね。

体力

自転車通勤は体力の変化を捉えるのに分かりやすい基準になっている。
往復52kmで逢坂山と東山の計四回の坂があり、けっこう体を使うから疲れ具合で調子が分かる。

一昨日は久しぶりだから体も弱っているだろうと思っていたが、そうでもなくシャキッと走れた。これならもう少し走り込めば旅も大丈夫と少し安心。

八月後半まで週二回は自転車通勤で調子を上げていこ。

恵み



自転車で会社から帰って山で木を切っていたら地主さんが上がってきて「これ何か分かりますか」と袋に入った果実。



青い果肉をとると中に見えたのはクルミじゃないですか。奥の山に自生していて自然落果しているので加藤さんに拾ってきたと云われる。

帰って調べると長野辺りでは栽培しているが他ではあまり行っていないらしく七千年も前から自生の実を食べていたらしい。青い外の果肉が腐ると剥きやすく、 きれいに洗って二ヶ月ほど乾燥させながら熟成させるとあった。木の自生場所を聞いてもっと採集して食用にしてみます。

桐生には原生の自然が残っていて昔の山村生活がそのまま復活できる地なのですね。

からだ作り

今日は自転車通勤です。久しぶりです。

あと一月余りの日数で体の機能を向上させて長旅にも耐えるよう整えます。筋力と心肺機能の向上が直接的だけど熱中の回復や疲れをその日に抜き去る調整など、実際に近づけていきます。

さっ、気温の低いうちに出発だ。

運び物

自転車旅で持ち歩く日用品はシャンプー、歯磨き、常用薬、日焼け止め、銀塩フイルム、香取線香と細々とあるし調味料や保存日本食など現地調達が上手くいか ない物もある。一ヶ月の旅で使う日用品をすべて自転車に積むと嵩張るし重いのに今回は二ヶ月分。おまけにお世話になった方への土産も積むつもり。



これが今回の全走行ルートで道程半分のサルディーニャ島に後半分を送っておけば少しは楽なのだ。今までにも分けたものを行く先に送っておくことはよくやったのでイタリアの小包事情を調べた。

結論は行方不明や遅配の不安が大きいので使えないとわかった。宿の予約でさえ前回は二軒も取れてなかったんだから郵便物が消え去ることなどあたりまえらしい。

あるべきものが無いほど困ることはないので、嵩張って重いけど二ヶ月分を全部積んで走ります。

旅道具の世代交代



これが今までの旅道具の一部で右がデジカメと充電器やPC接続器。中央にGPSと電池に充電器。左と下が翻訳機とスカイプ電話。全部の重さが682gだが、写真にない文庫本二冊を加えると1000gほどか。



そして次の旅で上の機能を一台でこなすスマホと昨日買った予備電池。こちらの合計が274g。その差は726gで自転車で走っても軽くなったとは感じない差だけどこんな集合で総重量は減るもの。

それよりも個体数が多くて嵩張っていたのが2個になるから身軽。

活躍してくれた手足のような道具たちを引き出しに仕舞うときに「このまま出番はないのだろうか」と可愛そうな気持ちにもなりました。まだ使えるのに軽いと嵩張らないを選んだ私.......。

開発仕事で使わなくなって余ったスマホが発端だけどイイワケだよ。

テレビ観戦

ワールドカップ決勝のハーフタイムです。

サッカーは私の人生に大きな影響を与えたスポーツで高校一年から始め、事業を始めた45歳まで社会人リーグに出場していました。始めた当時の日本では非常にマイナーなスポーツでシューズも町の靴屋さんに注文して作ってもらっていたほどです。

時代は移り変わってもサッカーに対する世界中の熱気は変わっていません。非常に貧しい国から経済大国まで等しく与えられる出場機会のワールドカップは民衆 が作り上げる大会として誇りを感じるものです。この平等性と民衆の熱気がサーカーを通して世界平和に貢献していると云っても過言ではないと思います。

0-0で閉じた前半戦。素晴らしい攻防を見せるドイツとアルゼンチンのどちらが勝者になってもおかしくない内容に、胸を弾ませて後半を観戦させていただきます。

赤は年寄りのいろ



塗装は船体と同じ白のつもりでいたけれど塗料会社から色見本を送ってもらったら赤が気に入ったので派手な赤にした。遠目には錆止め塗装のままに見えたが気分が変わってヨロシ。


こうして10トンの大型クレーンで船台から吊り上げて毎回上げ下ろしをしてもらう。着水前の珍しいアングルでの赤いキールです。

降ろす前に持ってきた高圧洗浄機で船底を洗い、桟橋に着けてからデッキを丹念に高圧洗浄。船底接水部に付着した汚れは落ちにくいがデッキの汚れは思いっきり奇麗になる。

そうする間、カミサンと孫はプールやジャグジーで泳いだり浜の貝を拾い集めて遊んでいる。船で冷やし素麺食べたのが遅い午後二時。


夕刻まで私も水や湯に浸かって遊びます。日差しが強くなかったので暑さはマシだった。いつもと違う一日は遠くの花火を見ながらデッキで海鮮焼きの締め括りです。

あ~、のんびり!

山あり谷あり湖あり

今日は久しぶりのヨット。私は7時に出て一足先に自転車でハーバーへ向かう。孫とカミサンはゆっくりと朝食を摂ってから車で向かう。

キールの塗装を見るのも始めて。一泊して内外を奇麗に掃除しよっと。山の遊びはお休みにして湖遊びと洒落込もう。梅雨の中休みのような雨なし予報だが炎天での熱中症に要注意。こんな日和はヨットに向かないんだけどね。

あっ、キッチンの電球をすでに持ち込んでないか探すのを忘れませんように。

まさか車に



行方不明のひとつが見つかった。なんと車のグローブボックスで光っています。運転中に鳴っている音楽の操作をしていて思い出した。

この車はUSB接続でデジタル音楽が聴けるんだ。そうかここにUSBアダプターを持ち込んだと思い出したのです。最近のSDカードはミニサイズでも8GBとか32GBとか容量が大きくて沢山の音楽を収納できるから持って入った。

そんなことを忘れるんだから、やっぱ老呆ですわ。

オーダー網戸



玄関もアコーディオン網戸だったが自分でパネル網戸に変えました。テラス用の大型パネル網戸を採寸して注文する前に試し設置をしてみたのです。

やっぱり寸法の測り方がまずかったのか縦寸が枠内に入らないので内側にレールをつけて完成です。アコーディオンだと三万円以上の見積ですが採寸発注して自分で取り付けたらレール購入を入れても9千円ほど。

7割も節約だから全部の見積18万は10万以上出費がなくなる。おまけに開け閉めを繰り返すだけで網が破れることはないから長持ちするし最悪は網だけ安く貼り替えられる。

こうしてケチが成り立つ公式。

SDカードがUSBから読めるアダプターを買ったのだけど行方不明。
ヨットのキッチンの12V電球を買ったんだけど行方不明。

次の旅の用品を集めるところに入れたアダプター。ヨットに持っていく物を集めるところに置いた電球。 どちらも安いものなんだけど無いというのが腹立たしいのです。

徹底して探すんだけど出てこない。これが気持ち悪いんだなあ。老人呆けの始まりか。

スマホってスマートフォンの略語でしょ。でも電話としてはまったく使っていません。電話会社に料金を払っていません。スカイプで話すけどそれで十分。

データ通信も会社と自宅の無線LANを使うだけで屋外での電話会社の通信は使わない。ケチなんですワタシ。ドがカシラにつくかもしれません。たいそうにパソコンを開けなくともスマホで用を足せることが多くなってパソコンの電気代も減ってるはず。

ケチはケチで色々工夫をして暮らしてるんです。それが又楽しいの。

世代交代

昨日は次の旅で今まで使ってきたガーミンのGPSを持たずにスマホだけでガーミンの機能を満足するかの最終テストを行った。桐生の山からイオンモールへ昼食に往復してのテスト。結果は良好でガーミンを使わなくなります。



これがスマホの画面コピー。走行予定ルートを表示した状態で自位置は空色の矢印で表示され移動とともに矢印も動く。MyTracksという無料のアプリで す。地図情報はグーグルマップですが走行前に地図を保存しておくことで通信しなくとも表示されます。

このMyTracksの使い方がミソで、使い方を後日に詳しく書きます。



スマホでは同時にMove Bike Computerという無料のアプリを実行させて走行状態を表示したり地図に切り替えたりします。走行距離や現在標高や速度が分かります。

同時にこのアプリが走行軌跡データを蓄積していて、あとでパソコンに抜き出して加工します。



これがそのログをパソコンに取り込んだ走行軌跡画像。



自転車旅を始めた十年以上前から三世代五台のガーミンを使ってきましたがこんな形でお別れが来ました。六万キロの旅の友。いろんな思い出を作りだしてくれたGPSとのお別れで、ちょっと寂しいです。

桃がない



何者かに食べられてしまいました。金網は15cm角だから鳥か小型動物が金網に入って食べたんだ。タヌキは二年前に柿を食べているのを見たから可能性は大。ビワの実は大型の鳥が食べているがどんな鳥か見ていない。

食べ残った種を見ると鳥ではなさそうに思う。鳥だと突いて食べるから種が一箇所に残らないと思う。四つの種がきちんと並んでいるのはもぎ取って同じ場所で食べたと思う。やっぱりタヌキが怪しい。

桃の木は二本でそれぞれ四個と一個が成っていたが四個の木は全滅。だけどもう一本の一個は残っているので細かい網を巻いて盗人が入れないようにした。でも登って入れるし鳥は上から入れるし.....。

来年以降の対策をどうするか思案中。その前に食べたご感想を聞かせてください。甘かった?。「ご馳走様」のごあいさつは?。

宿事情

あと二ヶ月を切った旅の準備を少しずつ進める日々。面白いと思ったのは宿で、五月に探した宿より都合の良い宿が次々見つかること。

安くて、朝食がついて、ネットが使えて、カードで払えるのが都合の良い宿。五月では宿主が空き部屋を登録していなかったんだと思う。当時は「売り切れ」表示が出ていたが未登録でもそう出るのでしょう。

早速三軒の宿を変更しました。料金だけで三十ユーロほど助かって朝食もついたしカードで払える。早すぎる予約も一考ですね。もっともギリギリまで予約を待っても値下げが行われる様子もありませんが。

インストラクション

朝夕の腰まわりの筋肉強化は五日を過ぎたが早くも違いが分かる。全身の動作が軽くなってきたと感じます。実際にどれほどの筋肉が強化したかは分からないけれど、続けたら外見でも分かるかもしれませんね。

ストレッチにせよ筋トレにせよこのサイトに保存掲載すれば誰かの役に立つと分かっていますが、やれないでいる原因に二つの壁があります。ひとつは写真で裸姿を見せることへの気後れ。

もうひとつは書き方が難しい。人それぞれの体の特徴や動き方があって一様な表現のとおりに行うと無理が生じて障害が出る場合があるからです。毎朝、三人で ストレッチをするけれど、九十の婆ちゃんと私では同じ動作をするにも「どこまで」がまったく違います。それを文章だけで説明するのが難しく長くなるのです ね。

筋トレのひとつだけを書いてみると......。

腹ばいになって背筋を真っ直ぐ通します。手は楽な場所で構いません。全身の力を抜いて真っ直ぐに伸ばした両足を揃えて、ゆっくりと上に持ち上げます。最初 は2cmくらい持ち上げるくらいの気持ちで始めます。少しでもどこかに痛みが走ったら直ぐに止めて寝たまま伸びてじっと様子を見ます。

持ち上げる動作はゆっくり。早く行うといろんな問題が出やすいので勧めません。なれてきたら2cm上げて数秒静止してから降ろします。回数や休憩は無理のない状態を意識して行い、日毎の体調に合わせて回数や時間を自分で決めましょう......。

とひとつの動作でこれですから。

自作改造



写真はカタログですが庭に面する大きな開口のガラス戸は四ッ折で外側に出て開く。網戸は内側にしか設置できないしアコーディオンしか選べない理由がある。


写真はハンドルを真上から見たところ。ガラス戸を閉めるとハンドルが内側に出っ張って網戸を両端に押しやらないと締まらない。


写真は窓の上部で、横開閉のパネル網戸を設置するならハンドルの内側になるが右端の吊り下げブラインド部分に網戸が来てブラインドがつけられない。


ガラス戸のハンドルが邪魔なのです。これが出ていなければパネル網戸に変えられるがハンドル内部の改造はメーカーも工務店もやってくれない。ならば自分で改造せよと天の声。

パネル網戸は六年で交換は無いし新品でも高くない。ネットでサイズオーダーの注文も可能だし久木野工務店の担当に会いに行って自作すると伝えた。

さあ、またもや作業が増えました。

トレーニング

床に入って15分と目覚めた時刻が早いときに40分。床で筋力をつける運動を始めた。布団に横になったまま腰を中心に腹筋と背筋と大腿筋を鍛えてみる。

腰回りの筋肉が衰えていると感じるようになったからで寝床から立ち上がるときの動きが重いし階段の昇降でも腰が弱いと感じる。腰回りが弱いと腰痛の原因に もなる。整体に通うまではいかなくとも腰に重みがあったり日によっては痛みもあることが多くなった。

朝夕の小一時間を筋力の向上に使ってみて一ヶ月くらいでどれくらいの違いが出るか。シャキシャキとした動きができるようになれば気分も晴々なんだから。

交換修理



これが北琵琶湖で壊れた後部変速機で二つのチェーン誘導歯車が直線に並ばず歪んでいる。上の黒い部分のピンが飛んだ状態。ここまで壊れると応急処置も無理でした。


新品を取り付けた状態でグレードは落としても1万円以上。これで駆動系部品はほとんど新品。

さて、体力アップを目的に自転車の調子出しでチョコチョコツーリングをしよう。さしずめハーバーへでも行って船底塗装の出来上がりを見るか。

手をさしのべて



風蘭が咲く季節になりました。真っ白の小さな花だけど一鉢に三つから七つくらい咲くので華やか。

二年ほど前から夏に屋外へ出すのをやめたのは苔や藻が繁殖して蘭自体が弱るから。夏も室内だから虫の害はないし風と柔らかな光に当てれば元気いっぱいで、水やりも屋内のほうがやりやすいから云うことなし。

部屋が狭くなるからこれ以上増やしたくないのだが綺麗な蘭を見つけると喉から手が出るほど欲しくなる。

へ戻る