楽言楽夢へ戻る

バリ

五人生存のニュースが目に入ったとき胸にギュッときた。四日目で生きていたことが奇蹟のように感じた。

死んだのだろうな可愛そうになあと思っていたから生きていたことがとても嬉しくて命の細さと太さを同時に感じた。飲まず食わずで四日も持つことも不思議です。

インストラクターはあとの二人を含めた生還を思ってやまないと云う。その責任感もすごい。力を貸してくれるインドネシアのみなさん、心からありがとう。

どうか残る二人も助かってください。

へ戻る