楽言楽夢へ戻る

山で


枯葉を集める作業中に見つかったカブトムシの幼虫。大きなケヤキの根のところにいました。昨年も同じような場所で見つけたのですがスタッフの子供が上手に飼うらしく三匹あげました。今回も月曜に会社に持っていきます。

見つけた場所でそのままにするとほとんどがイノシシに食べられるそうです。イノシシは冬の間の食料が少ないときに地中の昆虫やミミズを探して食べるそうで、土がかき回されているのはそれなんです。

カブトムシって幼虫九ヶ月でサナギになって地上では三ヶ月。卵から一年の命なんだってね。私の六十六分の一の生涯かぁ。

へ戻る