楽言楽夢へ戻る

昨日はニュージーランドの美味しいマーガリンの話。今日はかゆい話です。現地では自転車走行時は半パン半袖で日焼け対策はしていたけど虫に対しては無防備でした。

水際に行くと小さな黒い虫に噛まれてかゆくなります。それが続くとあっちこっちがかゆくて寝てる間に掻いて腫れてくる。日本の蚊は二時間ほどで治まるけどこいつは二週間以上痒い。帰国して半月になるのに一向に治まりません。



現地情報をあらためて調べるとサンドフライという虫でかゆみは長く続くとある。だんだんひどくなって困っています。

前回のニュージーでは噛まれた記憶がないのだけど今回はカミサンも噛まれているし他の人も噛まれてかゆいと云っていたから南島北部はサンドフライが多いのですね。

あ~かゆっ。

絶妙


NZでもイタリアでも海外に出るとパン食になるからマーガリンを現地で買う。NZでこのオリヴァーニを二つも食べてしまった。初めて買って一口食べて「美味い」と感じたから一ヶ月の滞在中ずっとこれかジャムを塗っていた。

帰るときに残りを持ち帰るだけでは気が済まず、日本で手に入らないかもしれないのでもうひとつ買って帰った。日本に帰って探したけどやはり売ってない。帰国してから三人がこればかり食べて今までの日本製は蓋も開けないからもうすぐ終わりです。

オリーブオイルで出来ていて香りが素晴らしく舌触りも滑らかでもっと買って帰れば良かったと思う。だけど他に重いものばかり持ち帰ったから限度だったんです。次に行ったら沢山買って帰ろ。

どなたか日本で手に入るかご存じの方いらしたら教えてください。

音の日々


「HOHNER - MARINEBAND 1896/20」というハーモニカを買いました。小学校の頃ハーモニカが好きで自分で云うのはなんだけどけっこう上手に吹いていた。あのTonboのハー モニカをなくして五十年になるがその間一回も吹いたことがない。

何度も吹きたいと思ってヤフオクで探すと出てきたが中古で清潔の不安があって買わなかった。新品は高価だというイメージが小学校で出来ていたから探さなかった。今回ふとしたことから見つけたのですが\2,480円で新品が買えるんです。

のぞみちゃんが来た日に配達だったので封を開けて早速吹いてみると五十年前に覚えた口の動きは忘れていなかった。「雪やこんこん」をその場で吹くと皆が驚きます。


ケースはついてきたけど面白くないので婆ちゃんに端布で作ってもらった。いつもカバンに入れて静かに一人で吹くんです。

ジョンレノンがデビューアルバムで吹いていた物と同じハーモニカ。レノンのようには吹けないけど上手くなって楽しんでみよ。

真冬

ソリを作ってのぞみちゃんは喜んで座る。雪がないから滑らないので早く雪が降って欲しいと云う。朝の山には5センチの霜柱。カミサンも見るのは初めてと二人してシャキシャキ踏んで遊んでいます。

池も水路にも氷が張っている。そんな寒い北風の中で昼ご飯はストーブの上で鍋。冷蔵庫の余り物の鍋。お餅を入れて最後は雑炊。

婆ちゃんはご飯が終わると道や広場の掃き掃除の続きです。じっとしていたら寒い日でもこうして遊ぶと寒くない。あっという間に過ぎた冬らしい、日本の冬らしい一日でした。

札幌

のぞみちゃんが未だ寝ています。昨夜から久しぶりに泊まりに来ているんです。

北海道のことを聞くと目を輝かします。雪がいっぱいで地球が真っ白で長靴でもツルツル滑るって。札幌には二泊したらしく大通りでは雪祭りの土台だけだったと。さとちゃんとあにゃんは元気かなあって聞いてもきょとんと聞いています。

私のひげを不思議そうに見るのでNZへ行ったらサンタさんが来たって子供達に喜ばれたよってウソ云いました。ついでにのぞみちゃんの赤いパジャマを頭に被って「真っ赤なお鼻のトナカイさんは...」って歌うと大笑いして喜びます。

図書館の絵本をいつものように三冊持ってきて二人で読むのが別世界。一冊に冬の動物家族14匹の楽しい暮らしがありました。木の中の家には薪ストーブが あっておまんじゅうを蒸かしています。お爺ちゃんや子供達が竹を曲げてソリを作っています。ソリで14匹が遊ぶところで読むのが止まりました。

今日は山でソリを作ろうねと約束しました。もうすぐ起きてきます。さっ、山のストーブを皆で囲むんだ。寒いけど冬の山も楽しいぞっ。

おまえ、あかんど

昨日は会社をサボって一人で早朝から山に入った。大量に切ってそのままになっている大木の杉の始末のため。枝を燃やし幹を動かせる長さに切る作業をずっとした。

弁当も立ち食い状態で休む間もなく作業。夕刻五時にはヘトヘトで火の始末をするのが精一杯。自宅に這うようにして帰って夕飯食べたらもう何も出来ない。プレーヤーも届いているけど開梱する気力無し。パソコンも開けずにバタンと寝た。

朝起きると体のあちこちが痛むけど何とか出勤は出来そう。悪い癖なんです、突っ込みすぎが久しぶりに出た。

もう少し限度をわきまえなさい。

針を落とす時がきた


金曜にレコードプレーヤーが来るんです。なんだかワクワクして落ち着かない感じ。プレーヤーはDENONが有名だけどVictorにした。仕様はDENONの高級品と同じでこちらはフルオートプレーヤーだから誤って盤や針やメカを傷めない。

肝心のLPは探すときりがないくらい出ている。おもむろに買ったのがジャズとクラッシックが数枚ずつ。邦盤では柳ジョージ、荒井由美、井上陽水など。

古いのがフランク永井、美空ひばり、青江美奈、沢田研二、シナトラ、プレスリー、ニールセダカ、アダモ、ジュディーオング.....。

もうなんだか聴く前からオシッコちびりそう。

三歳児

婆ちゃんの友達からつげぐちがあって婆ちゃんが言い寄ってきた。どうも友達がネットで記事を読んだみたい。

「うちは手抜きなんかしませんよ」って、盾つくのかと思ったら「手も気も抜かんからイライラして早死にするのよ」「分かってますか、重箱の隅はつついちゃ駄目よ」ってたしなめられたんです。

もっと気も手も抜きんかいと逆に叱られた次第でございます。はいっ。


やっぱ黄色いパンツは黄色のまま、うちの干し柿は三歳児のちんこのままでいきます。

干し柿でございます。痩せてます。地主さんちの干し柿はふっくらしてるけどうちのは三歳児のちんこ。ヘタの大きさに比べて実がない。

婆ちゃんが柿の皮をむくときに小芋の面取りみたいにゴイゴイむくもんだから実が皮と一緒に捨てられた。年寄りだから辛抱するけど食い物は悔しいからちょっとぶちまけよ。婆ちゃんはネット見ないから何書いても読まんしな。

婆ちゃんは実は面倒がり屋。自分の事はきちんとするけど人のことは手抜きしょっちゅう。自分の部屋は隅から隅まできれいに掃除するけど俺の居場所は手を抜く。隅にゴミがあるから分かるんだ。

食器洗いも手抜きで俺の箸にはご飯が付いたまま。パンツも自分のは真っ白に洗うけど俺のは黄色。そういう食い物に関係ないことは辛抱できるけど柿の実を捨てられると悔しいからわざわざ写真撮ってぶちまけた。

こういう事まで手を抜かん俺を見習え。ふん。

気分を変えて


アゴ髭をたくわえると締まりのない顔に思えてならん。しからばバッサリ剃ってしまおと剃刀を手に持って鏡を見ると.......。

髪型を変えたら締まりが出るかもしれんと気が変わって剃刀をしまい込んだ。


随分昔の髪型だけどこの髪型はあの時から姿を現していない。これよりもう少し短いのがスキッとするなあ。20代に長髪にしたけど課長も部長もガミガミうるさいから2年でバッサリ切った。長髪の俺も好きなんだよなぁ。

バリカンも買ったことだし思いっきり短くして16歳の気分になってみよか。写真って恥ずかしいからずっと嫌なんだけど何故か16歳のこの写真は好き。

山で


枯葉を集める作業中に見つかったカブトムシの幼虫。大きなケヤキの根のところにいました。昨年も同じような場所で見つけたのですがスタッフの子供が上手に飼うらしく三匹あげました。今回も月曜に会社に持っていきます。

見つけた場所でそのままにするとほとんどがイノシシに食べられるそうです。イノシシは冬の間の食料が少ないときに地中の昆虫やミミズを探して食べるそうで、土がかき回されているのはそれなんです。

カブトムシって幼虫九ヶ月でサナギになって地上では三ヶ月。卵から一年の命なんだってね。私の六十六分の一の生涯かぁ。

やりきるな

ちょっと早く仕事を終えて毎日山に入っている。旅行前に腰を痛めて山のことはほったらかしのままだから手のかかることが沢山残っている。


大きな五本の欅が落とす枯葉の量だけでもすごいのに杉や檜も葉ごと小枝を落とす。それを集めて焼くだけで三日かかった。

今年は三月にブドウと梨とイチジクの木を数本ずつ植えようと思っている。植える場所の水はけ整備と用土の準備を始める時期。その前に椎茸の原木切り出しと菌の植え付けがある。

こういう力仕事は無理をして「しんど」が溜まると山から気が遠のくからそうなる手前で止めること。自転車でも「しんど」の世界に入りっぱなしだと止めてしまう原因になる。

何でも「やりたい」を続けるには楽しい一コマを多くすることだよと、六十六回の歳を食い潰した老人だから云えるのかな。

北へ

のぞみちゃんと一ヶ月会わないと「どうしてるかな」と気持ちの中でグッとくる時間が増えてくる。伝え聞きではのぞみちゃんが「お爺ちゃんに会いたい、泊まって遊びたい」と云っていた。

帰国して皆で家に来たとき恥ずかしくてお母さんの影に隠れて顔を見せられない。この子は小さいときから恥ずかしがり屋だけど思いが募ると恥ずかしさも募るんだ。結局隠れたままの小一時間になってしまった。

今夜は週末だし泊まりに来るかなと思っていたけど家族で北海道へ行くんだって。のぞみちゃんも半分は泊まりたいと思っている。が、自分だけの思い過ごしでありませんように。

初めての飛行機も雪景色も楽しむんだよ。

こだわり手作り


ご飯も食べたいけど家で焼いたパンが食べたいと昨夜はパンを焼いた。一ヶ月のブランクがあってレシピなしでは忘れていることが少しある。慣れても火加減が 難しいのに昨日は強すぎて焦げた。食べられる焦げ方だけどもう20度低い温度で焼かないと......。

その点ヨーグルトは失敗しない。帰国の翌日にヨーグルトは作った。向こうで毎日食べていたが失礼かもしれないが家のヨーグルトが一番。

パンもヨーグルトもこだわるようになってきたけどイタリアのこだわりには脱帽しますよ。朝食がついている宿がけっこうあってパンだけはパン窯をもった町の パン屋に早一番に配達してもらう宿が多い。自転車旅で早朝に出るときに配達が間に合わないときがある。それでも昨日のパンは出さないし代換えパンも出ませ ん。

イタリアにはどんな小さな町にもパン窯の職人さんがいて暗いうちからせっせと働いていらっしゃる。そのパン工房の傍を通るとたまらん香りの洪水に襲われる。

ご飯とパンやヨーグルトのこだわり。これこそ贅の極めかな。

古い手仕事

ネルソンマーケットで面白いものを買って帰ったが一番気にかかっていたのが古道具屋で買ったバリカン。


この写真に$5と値札が貼ってありますが日本円で\350円。日曜に分解してメッキ部品以外を超音波洗浄機で洗ったらピカピカに光った。


昨日は刃の部分を砥石で研磨したらもうスカスカと髪が刈れる。美しい曲線も手で磨きだした仕事で細部まで丁寧に作られている。


部品のひとつひとつに刻印がある。相当の年月が経っているだろうとは思っていたがネットで調べると同じメーカーのほとんど同じバリカンを博物館が所有して いた。メルボルンのビクトリア博物館で写真は無断で載せられないだろうからそのアドレスが下です。

http://museumvictoria.com.au/collections/items/259093/clippers-hair-brown-sharpe-manufacturing-company-1926

1926年の製品で同じ頃の製品だと思います。



私はこういう年代物の刃物や機械類が好きで触っているだけで楽しい。このバリカンは実際に使えると思って買いました。私の生まれる前にこの世にデビューしてどんな方が使っていたのか、今の状態から見て丁寧に扱っていた方です。

もうすぐ百年になるが作った方の手と目の動きを思うと創るという情熱が熱く伝わってくる。手にとる度に楽しい。そういう物を露天市場で見つけたというのも嬉しい。しかも小銭で買ったというのがピカッと光って小さな自慢。

博物館が保管しているということは無くなってきているのですね。大切にします。

古いけど忘れられん歌

ツボルグというビールを旅先で飲む方を久しぶりに見て思い出したのは歌。「赤いワインをぶちまいた 遠い夕映え背に受けて....」歌手の名前と題名を思い出せなくて何日も思い出す作業を頭の中でやっていた。

ある時「ジョージ」という名を思い出してネットで調べて柳ジョージのコペンハーゲン・パークだと分かってすっきり。ネットって便利だなあと次々に柳ジョージの唄を聞きながらジョージのニュースを読んでいて驚いた。

約一年前に63歳の若さで亡くなっている。可哀想になあと胸を熱くしながら、あの人のCDは何処へ消えたんだろうと随分聞かない理由に気がついた。CD じゃなかったかも知れないなあと帰宅したらMDも探してみよと思ったあとに売っているCDを探すとLPも売っている。


レコードプレーヤーは二十年以上前に友人に上げて無いけどあのアナログの音を思い出すとLPが聞きたくなった。昔は高価だった高級仕様が今は安く買える。

そういえばタカカの宿でLPを廻していた。安っぽいプレーヤーだったけど懐かしさがこみ上げた。針が盤に落ちるときの感じって気持ちがシーーンとするんだよ。


DENONの上等中古が12,000円で手に入る。盤も買わんといかんけどそれこそ「柳ジョージ10枚千円」と有り余っている。

今年は物を買わんぞって年始の決意はもろくも消え去るのか。おいっ!
楽旅楽夢に移動しました。

へ戻る