楽言楽夢へ戻る

永代ものではないけれど


このディレクターチェアは四十年使っている椅子。キャンパスを二回目の染め直し木製フレームも二度目の塗り直しを施した。数年前にねじ釘での補強もしている。

部屋でも使うし屋外の遊びに持って行くのですがヨットのデッキでも使います。


先日、婆ちゃんが押し入れから厚手の生地が出てきたというので娘に頼んで縫ってもらいました。娘は椅子を見て「これ、私が小学のときに山科で使ってた椅子?」と四十年物にびっくり。

生地が二台分に足らなくて一台だけですが紺とのコンビの色具合も紺二台もありで楽しくなった。かとけんはこの椅子を六十年以上使うと思うが椅子より先に持主が壊れるか。

へ戻る