楽言楽夢へ戻る

待つ

土曜日に鈴鹿へ行った折り昼食に関町の鰻屋さんで鰻丼を食べた。二時間待って食べた。日曜の夕食は瀬田川畔で寿司を食べた。二時間待った。どちらも人気店で予約はできず待つしかない。

これほど長時間待って食べたのは何年ぶりだろう。確かに美味かったけどもう一度待って食べるかと聞かれたら即座に返事する。「嫌」と。二時間待つほど値打 ちがないということか、私が短気になったのか。どっちでもよいけど待たずに美味いものを食いに行くことにする。

草津に美味い店がある。堅田に美味い鶏を食わせる店がある。どちらも予約で二ヶ月待ちだとか。二ヶ月待つのと店で二時間待つのはちょっと違う。つまらない話でごめんなさい。待つこと自体がどう料理してもつまらないんだなあ。

へ戻る