楽言楽夢へ戻る

年代物



二十五年前に自作した卓上時計です。

あの頃はクオーツの時計が出始めた頃で贈り物で幾つもの時計をもらったがどれ一つ気に入るような物がなかった。ムーブメントだけ活かしてケースも文字盤も 分解廃棄。カレンダーの色合いが奇麗な部分を切り取って変色しないようにプラスチックを貼付けて12等分の時刻線も丁寧に切り出して貼った文字盤。

この時計は自分のお気に入りだからいちばんよく見るところに置いている。二十五年間も私と共に時を刻んだ時計。電池が切れたんでエネループに交換してこれからも使い続けます。

五十年物の自作時計ってプレミアついて五十万円になるはず。
そんなわけないか。

へ戻る