楽言楽夢へ戻る

ストーブ

帰宅後は二階の大部屋でひとり過ごしているが暖房しない夜の部屋は寒い。寝室は冬中暖房なし。すなわちこの寒波を暖房なしで過ごしたが昨日の夜から炎ストーブに火を点けて一階へ間借りに降りた。

身の回り最小限の道具を連れ添えて食卓の一画を春まで間借り。やっぱり炎は暖かい。ストーブの上はやかんや鍋がわんさわんさと押しくらまんじゅう。何を炊こうかあれこれ思いめぐりてまた暖かい。

へ戻る