楽言楽夢へ戻る

年賀状

年賀状をやめることにしました。昨年も考えたことですが、今年も同じ事を考えている自分がいます。これがなくなると音信が途絶える方が沢山できます。

思えばどうして年賀状を出したのかの記憶がありません。その時々に常識として出し始めたのだと思いますが間違いではありませんでした。でも、続ける理由も薄弱なのです。途切れるから続けるというのは余りにも惰性的だと思うのです。

旅も人生も常に「別れ」なのですね。出会うときは何も思わないけれど別れたあとで何かを思う。それが常なのですよ。だから別れを明確にしておこうと思ったのです。

年賀状を下さっていた方、ありがとうございました。これからは私宛に出さないでください。

へ戻る